GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「単勝1倍台」自己ワースト記録更新の不名誉
NEW

川田将雅「単勝1倍台」自己ワースト記録更新の不名誉

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅「単勝1倍台」自己ワースト記録更新の不名誉の画像1
川田将雅騎手

 リーディングトップを独走する裏で、負の連鎖が止まらない……。

 16日、小倉競馬場で行われた6Rの2歳新馬は、和田竜二騎手の2番人気タガノタントが優勝。新種牡馬ヤマカツエースの嬉しい産駒初勝利となった。

 その一方で、単勝1.9倍の断然人気に支持された川田将雅騎手のタロントゥーズ(牡2、栗東・大久保龍志厩舎)は4着に敗れた。

 舞台は違えどデビュー戦で川田騎手が跨るダイワメジャー産駒と言えば、昨年の朝日杯FS(G1)で2着したセリフォスと同じ。ノースヒルズの前田晋二オーナーが昨年のセレクトセールにて5280万円で落札した期待馬でもあったが、残念ながら初陣を飾ることは出来なかった。

 8頭立ての芝1200mで行われたレース。7番枠から無難にスタートを決めたタロントゥーズは、道中で外目の3番手を追走する。

 ややタイトなペースのなか、4コーナーにかけて鞍上が押し上げようとするも手応えが良くない。そのまま最後の直線に入ると、前にいた勝ち馬タガノタントと2着トールキンの2頭に大きく突き放され万事休す。

 結局ゴールまで差を縮めることは出来ず、後ろから追い上げたペイシャフラワーにも交わされ3着内も外す格好となった。

「うーん、1週前の追い切りでも栗東坂路で好時計を出していましたから、ポテンシャルは高いと思っていただけに残念です。

勝ちタイム1分8秒8は小倉開催の2歳新馬では2番目に速い好タイムでしたが、タロントゥーズは4着とはいえ1分10秒1とやや時計を要しました。現時点ではスピード対応が課題となりそうで、条件を替えるなど次戦への工夫が必要かもしれません」(競馬誌ライター)

 また、この敗戦は鞍上にとってもどうしても避けたかったのではないだろうか。

 悲願のリーディング獲得へトップを独走する川田騎手だが、今回の敗戦で単勝1倍台の騎乗馬で「8連敗」を記録。6月にデビューした3億円ホース・ダノンザタイガーで2着に敗れて以来続く、負の連鎖を断ち切れないでいる。

 さらに、これは2014年と2017年に自身が記録した「7連敗」の自己ワースト記録を更新してしまう不名誉な敗戦でもあった。単勝1倍台を背負うような馬は勝利が計算できるだけに、ここまで連敗が続いたことは大きな誤算だったはずだ。

 余談ではあるが、現在JRAで記録されている単勝1倍台の連敗記録は「12連敗」が最高となっている。下記の通り、武豊騎手などのトップジョッキーも苦しんだ不名誉な記録だけに、川田騎手にとっては早期解決が急務といえるだろう。

■JRA現役騎手の「単勝1倍台」連敗記録

12連敗 田中勝春騎手
11連敗 武豊騎手、戸崎圭太騎手、木幡巧也騎手
10連敗 岩田康誠騎手

 とはいえ、大本命の多くは川田騎手が乗るからこそ断然人気を背負うことも少なくない。もし他の騎手が騎乗していたなら、単勝1倍台になることはなかった可能性もある。

 思わぬ誤算で連敗が続き、自己ワースト記録を更新してしまった川田騎手。悲願のリーディング獲得へ、まずはこの負の連鎖を断ち切りたいところだろう。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

川田将雅「単勝1倍台」自己ワースト記録更新の不名誉のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!