GJ > 競馬ニュース > 「覚醒」近し!? 要注目の2年目種牡馬とは
NEW

「覚醒」近し!? 要注目の2年目種牡馬とは

【この記事のキーワード】, ,
「覚醒」近し!? 要注目の2年目種牡馬とはの画像1
鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I

 先月31日、札幌競馬場で行われた5Rの2歳新馬は、鮫島克駿騎手の4番人気ウェイビー(牝2、栗東・西村真幸厩舎)が優勝。2着に2馬身半差をつける快勝だった。

「良いポジションにおさまり、終いしっかり伸びてくれました」

 レース後に鞍上もそう語った通り、最後の末脚は光るものがあった。

 6頭立ての芝2000mのレース。母に重賞2勝のマキシマムドパリを持つ良血ライツオブキングスや、オープンを連勝中のウインカーネリアンを兄に持つウインアイオライトが人気を集めるなか、道中はそれら2頭を前に見る形で3番手を追走する。

 内で脚を溜めていたウェイビーは、4コーナーにかけて徐々に追い出されると、2頭の外を回りながら最後の直線へ。残り200m付近で内にいたウインアイオライトが躓き後退すると、最後は逃げ切りを図ったライツオブキングスと一騎打ちとなったが、並ぶ間もなくあっさりと差し切ってみせたのだ。

「牝馬にしては512キロと馬体も大きく、母方には欧米の重厚な血統背景。スローペースでしたし、前日から芝コースは前が残りやすい馬場傾向でもあったため、差し切るのは難しいかなと思って見ていましたが、杞憂に終わりました。

騎乗していた鮫島駿騎手も『学習能力が高い馬』と話していましたし、今後の活躍も期待できそうです」(競馬誌ライター)

要注目の2年目種牡馬

 また、ウェイビーは種牡馬として2年目を迎えたサトノアラジンの産駒。初年度産駒はメディアでそれほど取り上げられることも多くなかったが、現2歳世代の調子は好調そのものだ。

 昨シーズンは初年度産駒としてデビューした60頭のうち、新馬勝ちを飾ったのは僅か3頭のみ。重賞で活躍できるような大物候補はいまだ出ておらず、現時点での稼ぎ頭は先月の西部スポニチ賞(2勝クラス)を勝ったディパッセとなっている。

 ところが、今シーズンは2歳新馬が始まって2か月間で6頭がデビューし、ウェイビーを含む2頭がすでに新馬勝ち。早くも初年度を上回るような順調さが窺える。

 2頭の内のもう1頭は、先月24日に福島でデビューしたアウクソー。こちらは馬体重412キロと小柄ではあるが、2着に5馬身差をつける圧勝を飾った。どちらも来年の牝馬クラシックへ向け、楽しみな内容でデビュー勝ちを決めている。

 牡馬クラシックを沸かせたジオグリフやイクイノックスを輩出したドレフォンやキタサンブラック。また牝馬クラシックではウォーターナビレラを輩出したシルバーステートなどの存在もあって、昨年は新種牡馬としてあまり目立たなかったサトノアラジンだが、2年目の産駒たちは1年目を覆す勢い。いよいよ覚醒の時が近いのかもしれない。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

「覚醒」近し!? 要注目の2年目種牡馬とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス