GJ > 競馬ニュース > 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
NEW

武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も

【この記事のキーワード】, ,
武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説もの画像1
内田博幸騎手

 18日に行われた中山9Rの浦安特別(2勝クラス・ダート1200m)は、4番人気のエリモグリッター(セン5歳、美浦・中野栄治厩舎)が勝利。キャリア21戦のうち8戦に騎乗して(3-4-0-1)と抜群の相性を誇る内田博幸騎手とのコンビで見事3勝目を挙げた。

 その内田騎手は、7月9日以来となる久しぶりの白星。これといって怪我などで離脱していたわけではなかったが、長らく続いた連敗をようやく132でストップすることに成功した。3日間開催だった先週は合計12鞍に騎乗した内田騎手だが、エリモグリッター以外のレースでは3着以内すらなく、相棒に救われたのは彼の方かもしれない。

 大型連敗からようやく解放された内田騎手だが、ビッグレースでの活躍をめっきり見なくなった陰で、長期の不振に苦しんでいた。

 2017年に年間騎手リーディング7位となったのを最後に成績は下降。直近の重賞勝利は2020年にバビットで制したセントライト記念(G2)で、ちょうど2年が経過したことになる。

 また、今年の勝率3.8%は2008年にJRAへ移籍してきて以来最低の数字であり、本年10勝以上を挙げている騎手64人中60位という惨憺たる成績だ。

 2009年には武豊騎手を抑えてリーディング1位に輝き、エイシンフラッシュでのダービー制覇やゴールドシップとのグランプリ連覇など数々の栄光を掴んできた元トップジョッキーに何があったのだろうか。

 今年で52歳を迎え、キャリア晩年に差し掛かっているように、当然ながら年齢の影響も大きいだろう。だが、内田騎手より年長の武豊騎手(53歳・勝率12.6%)や横山典弘騎手(54歳・勝率9.4%)の活躍もあるだけに、年齢だけの問題では片付けられないだろう。

過去にはエージェントとの確執も噂に…

 内田騎手の成績低迷の一要因とされているのが、エージェントの変更だ。エージェントとは調教師から騎手への騎乗依頼を仲介する者のことで、自身の騎乗馬決定に大きく関わるため、騎手にとっては重要な存在である。

「かつて内田騎手のエージェントを務めていたのが中村剛士氏です。彼は元地方競馬騎手という経歴で、内田騎手がJRAで騎乗する以前からの付き合いでした。中村氏は戸崎圭太騎手のエージェントでもあり、内田&戸崎の大井競馬出身コンビを形成した2010年代には両騎手をリーディング上位に導いた“敏腕”エージェントでもあります。

しかし、2019年の後半に内田騎手は中村氏との契約を解消して和田美保氏と新たに契約。19年は50勝を挙げたものの、翌年は勝ち星を20も減らしており、エージェント変更の影響が大きかったと見られています」(競馬誌ライター)

 2年前に『netkeiba.com』に掲載されたインタビューで、「自分より年上の騎手も頑張っているので、まだまだ続けたい」とジョッキーとしての今後の展望を語っていた内田騎手だが、ネットの掲示板やSNSなどには、一部のファンから限界説を囁く声も出始めた。

 かつて“剛腕”と評価された名手は、もう一花咲かせることができるだろうか。

武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  7. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  10. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】