GJ > 競馬ニュース > 池添謙一「世知辛い時代」の悲劇が繰り返す!? 富士Sを勝っても降板の危機
NEW

池添謙一「世知辛い時代」の悲劇が繰り返す!? 富士Sを勝っても降板の危機

【この記事のキーワード】, , ,
池添謙一「世知辛い時代」の悲劇が繰り返す!? 富士Sを勝っても降板の危機の画像1
セリフォス 撮影:Ruriko.I

 今週末の菊花賞(G1)に大きな注目が集まるのは当然ながら、前日土曜の東京で開催される富士S(G2)もまた見逃せないレースだ。

 本レースは、マイルCS(G1)の前哨戦としての役割を担っていたこともあり、2020年の番組改正に伴い、それまでのG3からG2へと昇格。1着馬には優先出走権が付与される重要な一戦に、3歳世代からNHKマイルC(G1)を優勝したダノンスコーピオンとセリフォスが出走する。

 世代トップクラスの2頭が、古馬を問題にしないようなら、イクイノックス、ジオグリフ、ダノンベルーガらが参戦を予定している天皇賞・秋(G1)でも、3歳勢が上位人気に支持されるだろう。

池添謙一「世知辛い時代」の悲劇が繰り返す!? 富士Sを勝っても降板の危機の画像2
藤岡佑介騎手

 その一方、ダノンスコーピオンに主戦である川田将雅騎手が騎乗するのに対し、セリフォスの鞍上が安田記念(G1)から引き続き、藤岡佑介騎手となっていることにも注目をしたい。

 川田騎手とのコンビでデビューから2連勝したセリフォスだが、3戦目のデイリー杯2歳S(G2)で藤岡佑騎手を迎えて見事に優勝。これは川田騎手が他の馬に乗る可能性が高いために、白羽の矢が立った経緯もあった。当初は次走に予定していた朝日杯フューチュリティS(G1)も続投濃厚と報じられており、藤岡佑騎手にとっても大きなチャンスが巡ってきたはずだった。

 しかし、最終的に陣営から発表されたのは、短期免許で来日していたC.デムーロ騎手との新コンビ。初騎乗初勝利と何も落ち度がなかったはずの藤岡佑騎手にとって、G1レースを前に無念の降板となってしまった。

 後輩騎手の“悲劇”を思ってか、池添謙一騎手も自身のTwitterにて「俺も条件戦やけど乗り替わり。世知辛い時代に再突入」「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」と日本人騎手の置かれた苦しい立場に共感するツイートを投稿。かつて自身もオルフェーヴルの凱旋門賞(仏G1)でC.スミヨン騎手へ乗り替わりとなった苦い経験もあるだけに、他人事とは思えなかったのかもしれない。

 そして今回もまた、藤岡佑騎手の状況が厳しいことに変わりはない。

富士Sを勝っても降板の危機…

「朝日杯FSでC.デムーロ騎手、NHKマイルCで福永祐一騎手が手綱を取り、安田記念でデイリー杯2歳S以来となるセリフォスとの再コンビが実現した藤岡佑騎手ですが、富士Sを勝ったとしても、まだ安心は出来なさそうです。

コロナ禍の入国制限も緩和され、秋には大量の外国人騎手の来日が発表されているんですよね。因縁のC.デムーロ騎手をはじめ、R.ムーア騎手らの大物が来週から騎乗を予定しています。幸いにも富士Sはその1週前の開催でした」(競馬記者)

 福永騎手でさえ、天皇賞・秋で騎乗するジオグリフの騎乗はC.スミヨン騎手がアクシデントで来日が遅れると発表された後に決まり、もう1頭のお手馬であるシャフリヤールは、海外遠征中の2戦で騎乗していたC.デムーロ騎手がコンビ続投となっている。

 藤岡佑騎手を実績で遥かに上回る池添騎手や福永騎手らトップジョッキーでも、このようなことは決して珍しくない。再びG1で降板の憂き目に遭うことを避ける意味でも、富士Sでの好騎乗に期待したいところだ。

黒井零

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

池添謙一「世知辛い時代」の悲劇が繰り返す!? 富士Sを勝っても降板の危機のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!