GJ > 競馬ニュース > 【朝日杯FS(G1)予想】ダノンタッチダウンは押さえまで、評価の低い素質馬を狙って勝ちを拾う
NEW

【朝日杯FS(G1)予想】川田将雅ダノンタッチダウンは「押さえ」まで!

【朝日杯FS(G1)予想】川田将雅ダノンタッチダウンは「押さえ」まで!の画像1

 今回は2歳チャンプ決定戦・朝日杯フューチュリティS(G1)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
デイリー杯2歳S 6頭
サウジアラビアRC 5頭
京王杯2歳S 4頭
ベゴニア賞(1勝クラス) 3頭
東スポ杯2歳S、未勝利戦 各2頭
いちょうS 1頭
リステッド 2頭
条件特別(1勝クラス) 4頭
新馬戦 1頭
マイル戦ということもあって、既存の2歳重賞からの転戦馬が多い。東スポ杯2歳S(当時G3)からの臨戦が少ないのは2週後のホープフルS(G1)に向かう馬が多いからだ。新馬戦から勝った馬が1頭だけいるが、これは例外中の例外だ。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 3-3-2-2
2番人気 2-2-1-5
3番人気 1-1-2-6
4~6番人気 2-1-2-25
7~9番人気 2-2-0-26
10番人気以下 0-1-3-68
となっている。1番人気は軸に考えられる。近5年でも毎年来ているので好走傾向は続いている。次いで2番人気も近5年で4頭とこちらも信頼できそう。中穴以下の数字が物語るように、堅くは決まりにくいレース。拾える要素があれば、押さえるのはアリだろう。


 これを踏まえて「◎」は人気サイドだが2番ドルチェモアとする。

 前走はサウジアラビアロイヤルC(G3)。内枠の馬が大逃げを打ち、離れた2番手を追走。直線でも粘る逃げ馬を徐々に詰めていき、ゴール前で交わして勝利した。

 8月の札幌1500mでデビューし、このときは逃げて3馬身差をつけて完勝。前走が2戦目で少頭数ながら外枠を引いたこともあり、無理なく番手を進んだ上に上がり最速の33.4秒と、前にいながらこの脚を使える能力は並みではない。

 今回は前2戦で騎乗した横山和生騎手から坂井瑠星騎手に手替わりとなるが、陣営はこれに関して「中間でコンタクトを取ってもらっているので、手の内に入れた印象」としている。中間の動きや追われてからの反応も良く「現時点で不安はない」と強気だ。

 母が桜花賞馬のアユサンという良血であり、良血馬らしくここまで来た感がある。人気するのは当然ながら、本線で押さえておきたい。


「○」は人気していない方のフランケル産駒、11番ティニアを挙げる。

 前走は1勝クラスの条件戦。少頭数競馬で中団を進み、直線に入って中団にいた馬が押し寄せる中、勝ち馬と並んで伸びてきたが、最後のもう一伸びを欠いて2着となった。

 9月の中京1400m戦でデビューし、このときも少頭数で中団を進み、前走と同じような競馬をして勝利している。前走は昇級戦であったが、新馬戦に比べて上がりタイムで0.5秒速く、走破タイムにして1秒3速い時計をマークした。結果として前走は負けてしまったが、勝ち馬の方が上手く噛み合った印象で、この馬が力負けした感じはない。

 陣営からは「フランケル産駒だけに気性面などで注意を払って調整を進めてきたが、今のところは問題はない」との話。鞍上の福永祐一騎手からは「もう1ハロン延びても大丈夫」と言われているようで、この2戦で得たものが活きればとコメントしている。

 ポテンシャルが高いことはこの2戦で証明されたと思われ、1400m戦しか走っていないが、ここで終わりという感じはない。陣営の密かな期待に応えるのではないかと考え、対抗とする。

「▲」は重賞を勝っていながらさほど人気していない7番オオバンブルマイを推す。

 前走は京王杯2歳S(G2)。中団より前目につけて追走。直線で内にいたところを外に出して一伸びし、前を交わして勝利した。

 先日引退が発表された快速馬ビアンフェのほか、重賞勝ちはないが海外G1で3着の実績があるエントシャイデンが叔父にいるスピード系の血統。ただ、父親がダートに強いディスクリートキャットと地味なことと、馬名がいわゆる珍馬名ということもあって低く見られている感がある。

 だが、新馬戦と重賞を連勝しており、フロックではなかなかできない芸当だろう。ここは素直に実力を評価してみたい。陣営も好センスの持ち主として「スピードがあり、折り合いに不安もないのでチャンスがあるのでは」と期待をかけているよう。1400m戦しか経験していないが、押さえておきたい。


「△」は人気の軸と見られる12番ダノンタッチダウンと、穴馬16番コーパスクリスティの2頭を挙げる。

 ダノンタッチダウンの前走はデイリー杯2歳S(G2)で、出遅れて後方からの追走。直線で大外から追い込んだものの、逃げ馬を捉えきれず2着に終わった。

 一昨年、ホープフルS(G1)を勝ち、今年はマイルCS(G1)や香港C(G1)で2着したダノンザキッドの半弟。それもあって人気している面は否めないが、デビュー戦と前走で見せた上がり33秒台の切れる脚は本物だ。

 陣営は兄のダノンザキッドも管理していることもあって、この血統の悪い面も熟知しており、それが出ないように調整しているよう。ただ、前走出負けした分だけ届かなかったのは事実で、気の悪い面が出てくると足をすくわれる可能性もある。あっさり飛んでしまう可能性も否定はできないが、強さは素直に認めて、押さえまでにはしておきたい。

 差しの競馬ができるという点でコーパスクリスティも推している。こちらは1400m戦を2走して2走とも走破タイムが平凡なことと、切れ味抜群とまでは言えない不安要素がある。

 だが、今回は鞍上が来日初週で4勝を挙げ、先週の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)でも人気薄のアロマデローサを4着まで持ってきた名手D.イーガン騎手に乗り替わるのが魅力。馬は相応に実力があるのは間違いなく、一発が期待できそうなので押さえておく。

 人気どころでは3番オールパルフェと14番レイベリングを切り。

 オールパルフェは前走デイリー杯2歳Sを勝っており、このレースの好走例が多いローテーションを踏んでいるのは好印象だが、3戦して3戦とも逃げて結果を残している点が引っかかる。

 先行押し切りは好走例があるのだが、逃げ切りで勝った例がなく好走例も16年3着のボンセルヴィーソまで遡らなければならない。差し・追い込みが有利なレース傾向で、脚質的に不利があると見て黙って切りたい。

 レイベリングも能力値は高そうだが、新馬戦からいきなり朝日杯FS勝利というのが15年のリオンディーズ以外に例がなく、2着、3着の好走例もない。さすがにここは経験不足と見て切っておく。

 ということで今回は2番、7番、11番、12番、16番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。人気が割れそうな中で人気サイドを押さえたので、配当は期待しにくいがティニアやコーパスクリスティが激走するとあるいは、という期待もかかる。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【朝日杯FS(G1)予想】川田将雅ダノンタッチダウンは「押さえ」まで!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光