GJ > 競馬ニュース > T.マーカンド「好騎乗」で大金星が幻に…藤沢和雄元調教師の弟子が踏んだり蹴ったり
NEW

T.マーカンド「好騎乗」で大金星が幻に…藤沢和雄元調教師の弟子が踏んだり蹴ったり

【この記事のキーワード】, ,

T.マーカンド「好騎乗」で大金星が幻に…藤沢和雄元調教師の弟子が踏んだり蹴ったりの画像1

 18日に中山競馬場で行われた5Rの2歳新馬は、5番人気のトゥルースが接戦を制して優勝。最後は首の上げ下げで着順が入れ替わっても不思議ない、まさに激戦だった。

 馬の実力も然ることながら、激戦を制すには騎手の手綱捌きによるところも大きい。スタート、道中の進路取り、追い出しのタイミングなど全てが嚙み合わない限り、勝利することはそう簡単なことではないからだ。

 実際、レース後には鞍上を務めたT.マーカンド騎手が「まだ子供っぽくて何をしていいか分からない感じだった」と振り返ったように、この日がデビュー戦だったトゥルースに課題があったのも確か。それでも見事なエスコートで勝利に導いたのだから、如何に鞍上のアプローチが上手かったかがわかる。

T.マーカンド「好騎乗」で大金星が幻に…藤沢和雄元調教師の弟子が踏んだり蹴ったりの画像2
杉原誠人騎手

 そんな名手の好騎乗とは対照的に、一時は勝利目前まで迫りながら惜しくも大金星を逃したのが、10番人気エッセレンチ(牝2、美浦・蛯名正義厩舎)に騎乗して2着に敗れた杉原誠人騎手だ。

「一旦は出ていたんですが、最後に差し返されてしまいました……」

 まさに痛恨とも取れる敗戦に、レース後には鞍上も悔しさを滲ませた。それもそのはず、道中は勝ったトゥルースを前に見ながら、杉原騎手とエッセレンチは3番手を追走。最後の直線では懸命に追うトゥルースを横目に見ながら、まだ手応えにも十分な余裕があったのだ。

 しかし、直線半ばで先頭に立ったところからが誤算だった。その後、一度は交わしたはずのトゥルースが驚異の粘り腰を発揮。ゴール手前でアタマだけ差し返され、デビュー勝ちはあと一歩のところで幻と消えた。

「最後の直線での手応えはエッセレンチの方が良さそうだっただけに、杉原騎手にとっては悔しい2着だったかもしれませんね。追える騎手として定評のあるマーカンド騎手ですが、さすがにあそこから差し返されるとは杉原騎手も思ってなかったのではないでしょうか。

ただ、抜け出した途端に終いの脚が甘くなることは、どの馬でもよくある話です。エッセレンチもまだデビューを迎えたばかりの2歳ですから、馬が競馬を把握できてなかった可能性もあります。それでも競馬センスには光るものがありましたし、次に期待しましょう」(競馬誌ライター)

 今年2月に引退した名伯楽・藤沢和雄元調教師の弟子として、デビュー当初から同厩舎に所属していた杉原騎手。師の引退により3月からフリーとなったが、今夏のアイビスサマーダッシュ(G3)ではキャリア12年目にして重賞初勝利を飾るなど、独立後も随所で存在感を見せていた。

 だが、先週に限っては何かと歯車が狂うことも多かった印象だ。

 前日のターコイズS(G3)では15番人気のフェルミスフィアに騎乗するも「最後の直線コースで外側に斜行した」としてJRAから過怠金1万円の制裁を受けたばかり。連日に渡るやり切れぬ展開に、悔しさが残る土日となってしまった。

 それでも、レース後には「2着に負けましたが、内容としては良かった」と前を向いた杉原騎手は、次のレースでも9番人気で2着に奮闘する好騎乗を見せた。先週は悔しい結果が続いてしまったが、継続騎乗が叶うようなら次こそはチャンスがあるはずだ。

T.マーカンド「好騎乗」で大金星が幻に…藤沢和雄元調教師の弟子が踏んだり蹴ったりのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か