GJ > 競馬ニュース > かつての若手のホープに「再ブレイク」の予感、エージェント効果で二桁人気の大穴を連発…「委員長」川田将雅も認めた腕利きとは
NEW

JRAかつての若手のホープに「再ブレイク」の予感、エージェント効果で二桁人気の大穴を連発…「委員長」川田将雅も認めた腕利きとは

【この記事のキーワード】, ,
JRAかつての若手のホープに「再ブレイク」の予感、エージェント効果で二桁人気の大穴を連発…「委員長」川田将雅も認めた腕利きとはの画像1
川田将雅騎手

 昨年143勝を挙げ、自身の悲願でもあるリーディングジョッキーを獲得した川田将雅騎手。「最多勝利」「最高勝率」「最多賞金獲得」を総ナメにし、史上4人目となる「騎手大賞」にも輝いた。

 2022年度のJRA賞授賞式では、「長い間、リーディングを目指して頑張っていく中で、戸崎(圭太)騎手や(クリストフ)ルメール騎手が獲得していった。JRAの生え抜きの騎手として、何とか取り返したいという思いでやってきたので本当にありがたい。心から感謝しています」と感慨深い気持ちを語っている。

 今年も川田騎手の勢いは衰えることなく、一時は横山武史騎手に奪われたトップの座も翌週に早々と奪還。先週末の開催を終えた段階でライバルとの差を広げ、首位固めに入りつつある状況だ。

 快進撃を続ける川田騎手の原動力となっているのが、良質な騎乗馬を集めているエージェントの井上政行氏だ。エージェント、即ち騎乗依頼仲介者とはレースに参加する騎手が馬主又は調教師から騎乗依頼を受けるにあたり、騎手本人に代わって受付を行う者のことである。1名の騎乗依頼仲介者が担当できる騎手の人数には、3名+若手騎手1名という制限が設けられているのだが、これまで井上氏の担当は川田騎手1人だった。

 ある意味“川田将雅専属エージェント”でもあった訳だが、最近になって担当騎手が2人になっていることをご存じだろうか。

JRAかつての若手のホープに「再ブレイク」の予感、エージェント効果で二桁人気の大穴を連発…「委員長」川田将雅も認めた腕利きとはの画像2
団野大成騎手 撮影:Ruriko.I

 その相手は「乗れる若手」と評価の高い団野大成騎手(22歳、栗東・斉藤崇史厩舎)。これまで挙げた重賞3勝も穴馬(7番人気2勝、5番人気1勝)でもぎ取った腕利きだ。

かつての若手のホープに「再ブレイク」の予感

 落馬による怪我で長らく休養を強いられたこともあり、復帰後の成績は伸び悩んでいたものの、1月末のシルクロードS(G3)で10番人気のファストフォースで2着に食い込んだように調子は上向きつつある。

「ずっとエージェントなしでやっていた団野騎手ですが、最近はレースに対する集中力が増したように感じます。

1人で騎乗馬の管理をしようとすると、例えば調教に乗っている時間や仕事を終えて休養している時間は電話やメールなどの連絡は疎かになりがちですし、調整ルームに入る週末は外部と電話などのやり取りができなくなります。

そうなると仮に騎乗依頼があってもすぐに返事ができないケースもある為、他に流れてしまうことも……。そういったレース以外の事に集中力を削がれるとパフォーマンスが落ちるという話を聞いたことがあります。

ただでさえ団野騎手は自身の休養中に他の若手が台頭し、お手馬が他の騎手に移ってしまうなど、流れもよくありませんでした。エージェントを依頼したのも、そういった負の連鎖を断ち切る目的があったようです。

とはいえ、井上氏の主契約はあの川田騎手。井上氏から『川田騎手に団野騎手を受けていいか相談』し、『団野騎手からも川田騎手にお伺い』を立てたそうです。幸い川田騎手も若手の頃から団野騎手をそれなりに評価していたということで許可が下りたみたいですよ」(競馬記者)

 川田騎手は気になることがあると、大先輩の武豊騎手に対しても意見するといわれる騎手界の学級委員長的な存在。そんな競馬に真摯に向き合うストイックな人物のお眼鏡にかなったのだから、団野騎手はこれから大きく飛躍することになるのかもしれない。

 また先週末に騎乗した馬の顔触れを見ても、未勝利戦を勝ったメイショウコボケなどは河内洋厩舎の馬で井上氏の人脈と思われ、3頭の依頼があった鮫島一歩厩舎もまた同様である。日曜小倉では10番人気で2勝、11番人気で3着と存在感を示した。騎乗馬の質が上がれば、さらなる好成績も見込めるだろう。

 元々関係者からの評価も高く、若手のホープだった団野騎手。これから再浮上するとともに、春の重賞戦線でブレイクしてもおかしくはない予感がある。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAかつての若手のホープに「再ブレイク」の予感、エージェント効果で二桁人気の大穴を連発…「委員長」川田将雅も認めた腕利きとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃