GJ > 競馬ニュース > 「上手く乗れなかったが…」今村聖奈の騎乗停止で「大躍進」は藤田菜七子でなく、あの若手!? 今年3勝の2年目新人が「1日3勝」の固め打ちに至った背景
NEW

「馬の力で勝った」今村聖奈の30日騎乗停止で「大躍進」は藤田菜七子でなく、あの若手!? 今年3勝の2年目新人が「1日3勝」の固め打ちに至った背景

【この記事のキーワード】, ,
「馬の力で勝った」今村聖奈の30日騎乗停止で「大躍進」は藤田菜七子でなく、あの若手!? 今年3勝の2年目新人が「1日3勝」の固め打ちに至った背景の画像1
藤田菜七子騎手

 まさに“左うちわ”の30日間となるか。

 13日、新潟競馬場で行われた6R・3歳未勝利は、4番人気のサンスレッドが逃げ切って勝利。鞍上の藤田菜七子騎手は、約1か月ぶりの勝利となる今年4勝目を挙げた。

「本当にゲートが上手な馬で、ポンと出られるのがいいところです」

 そんな鞍上の言葉通り、好スタートを決めたサンスレッドは敢然とハナを主張。すんなりとレースの主導権を握ることに成功すると、そのまま脚色は衰えず、最後は2着馬に3馬身差をつける完勝だった。

 今月、スマートフォンの不適切使用により、6名の若手騎手が30日間の騎乗停止になるという前代未聞の事態に揺れた競馬界。女性騎手らの騎手控室等での出来事ということもあって、今村聖奈騎手や永島まなみ騎手といった人気ジョッキーが軒並み処分対象となる中、女性騎手で唯一、処分対象にならなかった藤田騎手を称賛する声が相次いだ。

 そんな経緯がある中での藤田騎手の勝利とあって、レース後の歓声も一際大きかったようだ。SNSなどでも「やっぱり逃げたら上手い」「ナイス騎乗!」「ちゃんとやってる人が報われて嬉しい」「ここで菜七子が勝つのは意義深い」など、やはり“あの一件”を意識したコメントも多く見られた。

 また、中には「今のうちに勝ち星量産してほしい」「今回の一件は菜七子復活のきっかけになるはず」と“鬼の居ぬ間に洗濯”ではないが、他の女性騎手の不在が藤田騎手の復調に繋がるのではという声もあった。

 ただ、確かに4勝目をもたらしたサンスレッドは過去に永島騎手が騎乗した馬だが、今年1月から4戦続けて藤田騎手が騎乗していることからも、今回の永島騎手の騎乗停止とは関係なさそうだ。ちなみに藤田騎手の今週の騎乗馬の中で、騎乗停止中の6名が前走騎乗していた馬はいない。

「馬の力で勝った」今村聖奈の30日騎乗停止で「大躍進」は藤田菜七子でなく、あの若手!? 今年3勝の2年目新人が「1日3勝」の固め打ちに至った背景の画像2
西塚洸二騎手 撮影:Ruriko.I

 その一方、今回の一件で大きな追い風が吹いているのが、2年目の西塚洸二騎手のようだ。

「自分は上手く乗れませんでしたが、最後は馬の力。よく差し切ってくれたと思います」

 藤田騎手が待望の4勝目を挙げた6Rの1つ前の新潟5R。本人のコメント通り、決して満足いく騎乗ではなかったものの、2番人気ホールネスで今年6勝目を飾ったのが西塚騎手である。

 先週まで今年3勝の藤田騎手だったが、同じく3勝と苦戦が続いていた西塚騎手。しかし、この日は1Rで幸先良く4勝目を飾ると、3Rで5勝目。そして5Rで6勝目と一気に藤田騎手を突き放している。

「今年2月一杯で福永祐一騎手が引退した際、誰が『小原軍団』に入団するのか注目されていましたが、見事その枠に入ったのが西塚騎手でした。

トップジョッキーだった福永騎手の“代わり”ということで少し意外でしたが、そこに同じく『小原軍団』の今村騎手の騎乗停止が重なった影響もあって、西塚騎手の騎乗馬が一気にグレードアップ。今村騎手はここのところ新潟に参戦していましたから、おそらく本来であれば彼女が騎乗予定だった馬も何頭か回ってきているかもしれませんね」(競馬記者)

「小原軍団」といえば、敏腕エージェントの小原靖博氏が騎乗仲介人を務めるジョッキーたちのことだ。福永騎手こそ引退したが、今でも岩田康誠騎手や岩田望来騎手、そして今村騎手といったトップジョッキーたちが所属しており、エージェントを代表する存在といえるだろう。

 記者曰く、西塚騎手はそんなエリート集団に加入しただけでなく、現在は関西の大御所・藤原英昭厩舎から「強烈なバックアップを受けている」という。

 ちなみに西塚騎手が初めて藤原厩舎の馬にレースで騎乗したのは4月9日の阪神4Rだったが、それまで1、2番人気はゼロ。72鞍に騎乗して54鞍が10番人気以下という非常に苦しい状況だった。

 しかし、藤原厩舎+小原軍団のバックアップで状況が一変。この日の3勝は1番人気こそなかったが、2番人気が2頭、3番人気が1頭とチャンス十分の馬だった。

 いよいよ、今村騎手ら6名の若手騎手不在の期間が始まった今週末の競馬。待望の4勝目を飾り、ようやく復調のきっかけを掴んだ藤田騎手に期待と注目が集まる中、思わぬ転機が訪れた2年目ジョッキーの「バラ色の1か月」が幕を開けた。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「馬の力で勝った」今村聖奈の30日騎乗停止で「大躍進」は藤田菜七子でなく、あの若手!? 今年3勝の2年目新人が「1日3勝」の固め打ちに至った背景のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬