GJ > 競馬ニュース > 「ハナ+アタマ+ハナ+アタマ」エアグルーヴ、ドゥラメンテ、そしてリバティアイランド。28頭立て“命がけ”のオークスをダイナカールが制した意味【競馬クロニクル 第9回】
NEW

「ハナ+アタマ+ハナ+アタマ」エアグルーヴ、ドゥラメンテ、そしてリバティアイランド。28頭立て“命がけ”のオークスをダイナカールが制した意味【競馬クロニクル 第9回】

【この記事のキーワード】, ,

「ハナ+アタマ+ハナ+アタマ」エアグルーヴ、ドゥラメンテ、そしてリバティアイランド。28頭立て命がけのオークスをダイナカールが制した意味【競馬クロニクル 第9回】の画像1

 2010年にアパパネとサンテミリオンの1着同着もあったオークス(G1、東京・芝2400m)には、いまも伝説的な激闘として語られ続けるレースがある。

 グレード制が導入される1年前の1983年、ダイナカールが優勝したオークスである。

 フルゲートが28頭という、いまでは信じ難い多頭数で行われていた当時。道中で不利に見舞われるのは当たり前という世界で、各馬、各騎手は文字どおり“命がけ”でレースに臨んでいた。

 単勝1番人気はトライアルのサンケイスポーツ賞4歳牝馬特別を勝ったダスゲニー単枠指定となり、続いて桜花賞で3着に食い込んだダイナカールが2番人気に推された。

 レースは各馬が争っていいポジションを奪い合い激しい鍔迫り合いが繰り広げられるなか、10番人気のメジロハイネが直線で先頭に立つが、その直後に付けていたダイナカールがそれを射程に捉える。さらに外から7番人気のジョーキジルクム、20番人気のタイアオバ、11番人気のレインボーピットが脚を伸ばした。

 そして、逃げ粘るメジロハイネも“二の脚”を使って盛り返したため、5頭が横に広がって、ほぼ同時にゴール。スタンドはファンの熱狂した歓声や拍手に包まれた。

 長い長い写真判定の末、ダイナカールがタイアオバをハナ差抑えて優勝。3着がメジロハイネ、4着がジョーキジルクム、5着がレインボーピットとなり、この5頭はすべて同タイムでのゴールで、着差は「ハナ+アタマ+ハナ+アタマ」という僅差だった。

 ダイナカールは、日本の競走馬生産に偉大な足跡を残したノーザンテーストを父に持ち、母の父にもガーサントという、両頭とも社台ファームが輸入した種牡馬の血を宿しており、こんにちの社台グループの繁栄の基礎を作った1頭となった。そしてまた、オーナーとしての社台レースホースとしては初のクラシックホースとなったのだった。

 ここで類稀なる勝負強さをもってクラシックを制した馬がダイナカールだったことが、のちの日本の競馬シーンにとって、とても重要な意味を持つことになる。

 ダイナカールは1985年に現役を引退して繁殖入りし、1999年に急死するまで、ぜんぶで9頭のこどもを産むが、そのなかの4番仔がみなさんご存じの名牝、エアグルーヴ(父トニービン)である。

 エアグルーヴは文字どおりの孝行娘だった。3歳の春にはオークスを快勝して、史上2組目、実に42年ぶりとなる母娘制覇を達成してファンを喜ばせた。
 
 そして古馬となってからは、「この馬は牝馬の枠にとどまるような馬ではない」という伊藤雄二調教師の認識から、積極的に牡牝混合戦にぶつけていく。夏の札幌記念で皐月賞馬ジェニュインらを破って快勝。そして陣営の予定どおり、古馬G1最高峰である天皇賞・秋へと駒を進めた。
 
 ここで、前年に3歳で本レースを制したバブルガムフェローに続く2番人気に推されたエアグルーヴは、ジェニュインを置き去りにしてバブルガムフェローとの息詰まるような叩き合いに持ち込むと、最後にグイとひと伸び。ライバルをクビ差抑えて優勝を飾ったのだった(ちなみにこのレースの6着はサイレンススズカだった)。

 これは、天皇賞・秋が2000mに短縮された1984年以降で初の牝馬による優勝という偉業であった。

 続くジャパンCが2着、有馬記念が3着と好走を続けたことから、1997年度JRA賞で年度代表馬に選出される。牝馬の選出は1971年度のトウメイ以来、26年ぶりとなる栄誉だった。

 翌1998年も現役を続けたエアグルーヴは、大阪杯や札幌記念に優勝し、ジャパンCは前年に続いて2着となるなど、ハイレベルな戦いを続けた。そして暮れの有馬記念(5着)を最後に引退。生まれ故郷である北海道・早来町のノーザンファームで繁殖入りした。

「ハナ+アタマ+ハナ+アタマ」エアグルーヴ、ドゥラメンテ、そしてリバティアイランド。28頭立て命がけのオークスをダイナカールが制した意味【競馬クロニクル 第9回】の画像2
撮影:Ruriko.I

 エアグルーヴの初仔である「エアグルーヴの2000」(父サンデーサイレンス)、のちのアドマイヤグルーヴは2000年のセレクトセールにて2億3000万円(税別)で近藤利一氏に落札されて話題となり、その期待に応えるように2003年と2004年にG1のエリザベス女王杯を連覇。母が繁殖牝馬としても「名馬」であることを証明することになった。

 アドマイヤグルーヴは2006年に繁殖入りしたが、2012年に急死したためわずか5頭しかこどもを残せなかった。しかし、そのなかで最後の産駒となったのが父にキングカメハメハを持つドゥラメンテだった。

 ドゥラメンテが2015年の皐月賞、日本ダービーを制したことはまだ記憶に新しいだろう。古馬になってからもドバイシーマクラシックと宝塚記念で2着するなどの活躍を見せたが、脚部の故障で引退。2017年から社台スタリオンステーションで種牡馬として供用されたものの、わずか5年後の2021年の夏に急性大腸炎のために急死してしまう。

 しかし一方で、遺した産駒たちは活発に成績を上げていった。
 
 タイトルホルダーは菊花賞と天皇賞・春に勝ち、スターズオンアーズは牝馬クラシック二冠を達成。続くリバティアイランドは昨年の阪神ジュベナイルFに勝ち、ことしの桜花賞を桁違いの末脚で制した。

 ダイナカールからはじまった血脈は連綿と生き続け、今なおトップホースをターフに送り出している。
 
 今週末に迫ったオークスでのリバティアイランドの走りを、ダイナカールの幻影を思い浮かべながらじっくりと堪能したい。

三好達彦

三好達彦

1962年生まれ。ライター&編集者。旅行誌、婦人誌の編集部を経たのち、競馬好きが高じてJRA発行の競馬総合月刊誌『優駿』の編集スタッフに加わり、約20年間携わった。偏愛した馬はオグリキャップ、ホクトヘリオス、テイエムオペラオー。サッカー観戦も趣味で、FC東京のファンでもある。

「ハナ+アタマ+ハナ+アタマ」エアグルーヴ、ドゥラメンテ、そしてリバティアイランド。28頭立て“命がけ”のオークスをダイナカールが制した意味【競馬クロニクル 第9回】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは