GJ > 競馬ニュース > 「難しいことは承知」名伯楽の大いなる挑戦が生み出した新基準。引退後まで見据えた「信念」がロードカナロア、ドゥラメンテの父を生む
NEW

「難しいことは承知」名伯楽の大いなる挑戦が生み出した新基準。引退後まで見据えた「信念」がロードカナロア、ドゥラメンテの父を生む【競馬クロニクル 第7回】

【この記事のキーワード】, ,

「難しいことは承知」名伯楽の大いなる挑戦が生み出した新基準。引退後まで見据えた「信念」がロードカナロア、ドゥラメンテの父を生む【競馬クロニクル 第7回】の画像1

 今週末に行われるNHKマイルC(G1、東京・芝1600m)は、今年で第28回を迎える。JRA・G1のなかでは歴史が浅いレースの一つだ。

 これが現在のかたちに落ち着くまでには、少し複雑な経緯がある。

 まず本レースの原型となるレース、G2のニュージーランドトロフィー4歳S(現「ニュージーランドトロフィー」、東京・芝1600m)は1983に創設され、日本ダービーの翌週に行われていた。それには当時、クラシック競走に出走できないルールとなっていた外国産馬にとっての春季の目標、またマイル戦を得意にする馬のターゲットになると同時に、収得賞金などの関係で日本ダービーへの出走がかなわなかった馬に対する救済レースのような役割も果たしていた。

 1980~90年代前半のニュージーランドT4歳Sの勝ち馬には錚々たる名前が揃っている。

 のちに天皇賞馬となるニッポーテイオー(86年)。クラシック競走への追加登録の制度がなかったために出走してきた“芦毛の怪物”オグリキャップ(88年)。そして、シンコウラブリイ(92年)、ヒシアマゾン(94年)という外国産馬たちが、このレースを制したのちG1ホースへの階段を駆け上がっていった(ただし1996~1999年は芝1400mで施行)。

 このレースに大きな変更が出たのは95年のこと。3歳のマイル路線を整備するため、名称を「ニュージーランドT」として、4月の中山開催へと移設。同時に、長いあいだダービートライアルとして行われてきたNHK杯(G2、東京・芝2000m)の距離や開催時期を変更し、春季3歳マイル王決定戦として日本ダービーの前、5月の2週目に芝1600mのG1とし、名称もNHKマイルCと改称した。

 すると同時に、この新設G1は一気に外国産馬の天下となる。

 タイキフォーチュン、シーキングザパール、エルコンドルパサー、シンボリインディ、イーグルカフェと、第1回から第5回までのすべてを外国産馬が制してしまい、日本の生産者に少なからぬショックを与えたのだった。

 こうして名を上げたNHKマイルCに対して、さらに一石を投じた人物がいる。9頭ものG1ホースを育て、自厩舎から角居勝彦(引退)、友道康夫、高野友和、村山明などの名トレーナーを送り出してきた元調教師の松田国英である。

 師には一つの思いがあった。

「走る牡馬を預かったら、いかに種牡馬としての価値を高めて送り出せるかにこだわる」という深謀である。

 世界的にスピード重視の波はいっそう大きくなり、従来のように中長距離のみ好成績を残した牡馬は、種牡馬としてあまり歓迎されなくなった。逆に、マイルから2000mぐらいまでの距離で強かった馬は種牡馬として歓迎され、成績も概して優れていた。

「難しいことは承知」名伯楽の大いなる挑戦が生み出した新基準。引退後まで見据えた「信念」がロードカナロア、ドゥラメンテの父を生む【競馬クロニクル 第7回】の画像2

 この傾向を踏まえ、松田は3歳牡馬の春季のG1シリーズに大胆な策を取り入れる。俗に“変則二冠”と呼ばれた、NHKマイルC→日本ダービーというローテーションである。

 松田はこう説明した。

「ご存じでしょうが、英国のクラシックは2000ギニーがマイル戦、ダービーが2400mですから、無茶なことではないんです。そして、マイルを勝つスピードと、2400を勝つスタミナを併せ持つことが証明できれば、種牡馬としての価値は一気に上がります。

私は馬を管理するにあたって、常に競走生活を終えたあと、特に牡馬は種馬になってからのことも重視しています。そのため、難しいことなのは承知で、走る馬にはこの2つのタイトルを取らせたいと思っているんです」

 松田の“変則二冠”制覇への挑戦は2001年のクロフネから始まった。

 クロフネは3月の毎日杯快勝を経てNHKマイルCに臨んで、これに勝利。しかし、続く日本ダービーではジャングルポケットの5着に敗れて失敗に終わる。

 翌2002年に擁したのは、のちにウオッカの父となるタニノギムレット。調子がいいときには積極的にレースを使う主義でもあった松田は、彼をシンザン記念(優勝)→アーリントンC(優勝)→スプリングS(優勝)と歩ませ、さらには皐月賞の3着を経てNHKマイルCへと進ませる。タニノギムレットは追い込み届かず3着に終わったが、続く日本ダービーを快勝してファンや関係者を大いに驚かせた。

 そして“真打”は2004年、この難関に挑戦したキングカメハメハである。

 2歳時に新馬戦、500万下(現1勝クラス)のエリカ賞を連勝した彼は、3歳は1月の京成杯(G3)から始動。これを3着とすると、すみれS(OP)、毎日杯を連勝。いよいよ“変則二冠”に臨んでいく。

 単勝1番人気に推されて臨んだ“一冠目”のNHKマイルC。ここでは中団の後ろ目から爆発的な末脚を繰り出し、ほぼ同じ位置から追い出したコスモサンビームを5馬身も突き放して圧勝。第一関門を難なく突破した。

 そして向かった日本ダービー。地方所属馬として初のクラシック制覇がかかるホッカイドウ競馬のコスモバルクに大きな注目が注がれるなかでも単勝1番人気に推されたキングカメハメハ。ハイペースを中団で追走し、馬場状態が悪いインコースを避けて外へコースを取ると、先行したコスモバルクをあっさりと交わして直線の半ばで先頭に立ち、最後方から追い込んだハーツクライに1馬身半の差を付けて快勝。松田の夢への挑戦を完遂させたのだった。

 その後、神戸新聞杯に優勝したあとに屈腱炎を発症して引退した。そして種牡馬入りしてからは、2010年に229頭に種付けするという驚異的な記録を樹立。松田の信念を体現するように種牡馬として大成功を収めたのはご存じのとおりだ。

 2019年に惜しまれながら世を去ったもののロードカナロア、ドゥラメンテ、ルーラーシップなどの後継種牡馬を通じて、その血脈はさらなる広がりを見せている。

 ちなみに、この“変則二冠”を達成したのは、キングカメハメハと2008年のディープスカイの2頭のみ。選りすぐりの駿馬しか達成できない偉業である。

 歴史は浅いながらも、煌びやかなスーパーホースたちの名に彩られたNHKマイルC。今年の出走馬から、のちに語り継がれるような馬が生まれることを期待している。

三好達彦

三好達彦

1962年生まれ。ライター&編集者。旅行誌、婦人誌の編集部を経たのち、競馬好きが高じてJRA発行の競馬総合月刊誌『優駿』の編集スタッフに加わり、約20年間携わった。偏愛した馬はオグリキャップ、ホクトヘリオス、テイエムオペラオー。サッカー観戦も趣味で、FC東京のファンでもある。

「難しいことは承知」名伯楽の大いなる挑戦が生み出した新基準。引退後まで見据えた「信念」がロードカナロア、ドゥラメンテの父を生む【競馬クロニクル 第7回】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは