GJ > 競馬ニュース > 武豊、今年最初の「2歳新馬戦」はドウデュース厩舎の期待馬とタッグ! G1・4勝をあげた父の代表産駒と同配合
NEW

武豊、今年最初の「2歳新馬戦」はドウデュース厩舎の期待馬とタッグ! G1・4勝をあげた父の代表産駒と同配合

【この記事のキーワード】, ,
武豊、今年最初の「2歳新馬戦」はドウデュース厩舎の期待馬とタッグ! G1・4勝をあげた父の代表産駒と同配合の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 発走の時が刻一刻と近づいている日本ダービー(G1)。昨年の優勝ジョッキーであり同レース7度目の制覇を目指す武豊騎手は今年、皐月賞(G1)3着馬ファントムシーフとのコンビで挑む。

 今回がテン乗りになることもあり、中間は3週連続で同馬の調教に騎乗。その成果もあってだろう、レジェンドは公式サイトの日記に「コンタクトを取るたびに分かり合えてきた」とつづっている。注目の枠順は7枠14番に決まった。やや外寄りだが、ここからどうレースを組み立てるのか注目したい。

 なお今週末のダービーが終わると、翌週からは来年のダービーに向けて早くも2歳馬たちによる新馬戦がスタートする。

 来月3日、阪神競馬場の芝1600mを舞台に行われる今年最初の2歳新馬戦で、武豊騎手が騎乗を予定しているのがデルマアートマン(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 同馬は昨年のセレクトセール1歳セッションにおいて「デルマ」でおなじみの浅沼廣幸オーナーが3630万円(税込)で購入。父オルフェーヴル、母は2017年のサンタマルガリータS(米G1)で3着に入ったオータムフラワーという期待の血統馬だ。

 今月4日に栗東トレセンでゲート試験に合格。管理する友道師は『東京スポーツ』の取材に「この時期の2歳にしては体幹がしっかりしているね」「オルフェーヴル産駒で入厩当初はうるさい面があったけど、優等生でそのあたりも解消している」など、高評価のコメントを残している。

「もともとデルマアートマンは荻野琢真騎手とのコンビでデビューを予定していると、一部メディアでは報じられていました。

調教などを見ているうちに陣営が同馬により期待を抱いたことで、同厩舎で昨年の日本ダービーを制したドウデュースと同じく武豊騎手の手綱で初陣に挑むことにしたのかもしれませんね」(競馬誌ライター)

G1・4勝をあげた父の代表産駒と同配合

 ちなみに父オルフェーヴル×母父Flower Alleyという組み合わせは、同種牡馬の代表産駒でありG1・4勝をあげたラッキーライラックと同配合である。

 また近年、阪神・芝マイルで開催された世代最初の新馬戦を勝った馬は、レッドリヴェールとケイアイノーテックが後にG1を制覇。リアアメリアも重賞を複数勝っており、ダディーズビビッドも先日の京王杯スプリングC(G2)で3着に入っている。デルマアートマンもここを突破すれば今後の活躍が大いに期待できそうだ。

「同新馬戦が出世レースであることは関係者の間でも知られているだけに、今年も前評判の高い馬たちが出走を予定しています。

特に新種牡馬ブリックスアンドモルタル産駒でC.ルメール騎手が騎乗を予定しているテラメリタ、川田将雅騎手とのコンビで臨むルーラーシップ産駒のカズヴィトシャあたりがデルマアートマンの強力なライバル候補となってきそうですね」(同)

 ダービーからダービーへ。約1年後に開催される大舞台へ向けて、武豊騎手とデルマアートマンは世代一番星に輝くことができるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊、今年最初の「2歳新馬戦」はドウデュース厩舎の期待馬とタッグ! G1・4勝をあげた父の代表産駒と同配合のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想