GJ > 競馬ニュース > 【日本ダービー】名手C.ルメールが挑む“呪い”の打破、藤沢和雄師の悲願を背負ったコンビが昨年のリベンジに燃える
NEW

【日本ダービー】名手C.ルメールが挑む“呪い”の打破、藤沢和雄師の悲願を背負ったコンビが昨年のリベンジに燃える

【日本ダービー】名手C.ルメールが挑む呪いの打破、藤沢和雄師の悲願を背負ったコンビが昨年のリベンジに燃えるの画像1

 今年もついにこの季節がやってきた。2020年に生まれた現3歳世代の頂上決戦、日本ダービー(G1)が28日に東京競馬場で行われる。

 第90回という節目の大一番に、今年もフルゲートの18頭がエントリー。25日には枠順も確定し、各メディアやSNS上などを見ても徐々にその熱が高まってきている。

 今年の注目ポイントと言えば、デビューから3戦負けなしで皐月賞(G1)を制したソールオリエンスの二冠への挑戦だ。引き当てた3枠5番の枠順は、2020年に無敗で三冠を達成したコントレイルと同じ。そんな吉兆も味方に、まずは無敗の二冠馬となることができるだろうか。

 一方で、その他の17頭は二冠の阻止に全力を尽くす。三冠初戦の皐月賞は確かに度肝を抜くパフォーマンスだったが、今回のダービーには勝負付の済んでいない“未対決”の有望株もエントリーしている。なかでも打倒・ソールオリエンスの筆頭候補として注目を浴びているのが、スキルヴィング(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 ここまでキャリア4戦3勝、前走はダービーと同じ東京競馬場の芝2400mを舞台に行われた青葉賞(G2)を快勝して大一番への出走権を得た。

 そこから1カ月と空けずに迎える2400mのG1レースとあって、一度は牧場での放牧も挟みつつ、陣営も慎重に状態を見極めながらの歩みにはなったが、木村師は「変わらずに元気が良い。頼もしく見ています」と状態面に太鼓判を押す。

名手C.ルメール騎手が挑む“呪い”の打破

【日本ダービー】名手C.ルメールが挑む呪いの打破、藤沢和雄師の悲願を背負ったコンビが昨年のリベンジに燃えるの画像2
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 木村厩舎とC.ルメール騎手のタッグと言えば、昨年のダービーで2着に入り、そこから天皇賞・秋(G1)と有馬記念(G1)を連勝して年度代表馬に輝いたイクイノックスの名前がすぐに思い出されるところだろう。

 木村師は中間の会見でも「去年の日本ダービーは生涯背負っていくものだと思っている」と語り、「日本ダービーという名前が未来に向かってまた自分を奮い立たせてくれるものではありました」とコメント。管理馬を年度代表馬へと導き、海外でのG1制覇を成し遂げても、“ダービー2着”の悔しさは忘れられないという。

 それだけに、今年のリベンジにかける想いは間違いなく強い。しかもあのイクイノックスと同じルメール騎手とのタッグで、送り出す愛馬も昨年と同じキタサンブラック産駒の有望株とくれば、まさに願ってもないチャンスと言える。

 多くの名馬の背を知るルメール騎手も、スキルヴィングについては「G1ホースだと思う」と将来的な期待を口にしており、G1初挑戦でいきなりのダービー制覇というのも夢ではない好素材だろう。しかし、そんなスキルヴィングと陣営に立ちはだかるのが、「青葉賞の呪い」だ。

 1995年からダービートライアルに指定され、2001年からG2に格上げされた同レース。上でも触れたように日本ダービーと同じ舞台で行われる“前哨戦”でありながら、実は未だに青葉賞の出走馬からダービー馬は誕生していない。

 古くは1991年のレオダーバンや1994年のエアダブリンが青葉賞1着の後に挑んだダービーで2着に敗れ、G2昇格後の2002年も3歳時に天皇賞・秋と有馬記念を制するシンボリクリスエスが後続に0秒4差をつける快勝劇を演じたが、続くダービーではタニノギムレットの2着に敗れている。

 この他にも、2003年にはシンボリクリスエスと同じ藤沢和雄厩舎のゼンノロブロイが2年連続で「青葉賞1着からのダービー2着」となり、さらには2006年のアドマイヤメインや2011年のウインバリアシオン、2012年のフェノーメノも過去の例と同様、青葉賞を制しながらダービーでは2着止まり。好勝負を演じることはできても1着が遠いことから、いつしか「青葉賞の呪い」として語り継がれるようになった。

 そんな“呪い”の打破に熱心に挑んだことで知られているのが、JRA通算1570勝という実績を誇る名伯楽・藤沢和雄氏である。JRAのG1は通算34勝を挙げ、ダービーもレイデオロで勝利を挙げているものの、青葉賞馬でのダービーは上述したシンボリクリスエスとゼンノロブロイの2着が最高で頂点には届かなかった。

「藤沢先生が育んだ血統でダービーに臨ませていただきますという感謝の気持ちは、(藤沢元調教師に)伝えずにはいられませんでした」とは、スキルヴィングを手掛ける木村師の言葉。そう、今年のダービーで呪いの打破に挑む同馬の母はロスヴァイセで、その父が“呪い”に阻まれたシンボリクリスエスなのだ。

 木村師にとっては尊敬する偉大な大先輩であり、ルメール騎手にとってもグランアレグリアをはじめ、日本ダービーもレイデオロで制するなどタッグを組んでG1計10勝を挙げた恩師と言える存在。そんな藤沢氏の悲願を叶えるためにも、今回スキルヴィングと挑むダービーは負けられない戦いとなる。

 ちなみに、これまで7度の日本ダービー騎乗歴があるルメール騎手だが、「前走・青葉賞」の馬に騎乗するのは今回が初めて。一発回答で“呪い”を打ち破ることはできるのか、昨年のリベンジと恩師の悲願も背負って、スキルヴィングとルメール騎手が大一番に挑む。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日本ダービー】名手C.ルメールが挑む“呪い”の打破、藤沢和雄師の悲願を背負ったコンビが昨年のリベンジに燃えるのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想