GJ > 競馬ニュース > イクイノックスさえ敗れた日本ダービー「鉄の掟」!? 過去10年10勝2着8回…ソールオリエンスら皐月賞上位組「全滅」に大波乱の予感
NEW

イクイノックスさえ敗れた日本ダービー「鉄の掟」!? 過去10年10勝2着8回…ソールオリエンスら皐月賞上位組「全滅」に大波乱の予感

イクイノックスさえ敗れた日本ダービー「鉄の掟」!? 過去10年10勝2着8回…ソールオリエンスら皐月賞上位組「全滅」に大波乱の予感の画像1
ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I

 今週末、28日に行われる日本ダービー(G1)。

 出走メンバーの中では、皐月賞(G1)を異次元の末脚で勝利したソールオリエンス(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)や、青葉賞(G2)を制したスキルヴィング(牡3、美浦・木村哲也厩舎)、武豊騎手がテン乗りで騎乗するファントムシーフ(牡3、栗東・西村真幸厩舎)などが人気を集めている。

 だが、もしかしたら彼らは思わぬ苦戦を強いられるかもしれない。

 ダービーには古くから「ダービー馬はダービー馬から」という格言が存在し、近年の日本ダービーは、まさにその格言によって支配されているからだ。

○過去10年のダービー勝ち馬と父のダービー成績

13年キズナ 父ディープインパクト(ダービー1着)
14年ワンアンドオンリー 父ハーツクライ(ダービー2着)
15年ドゥラメンテ 父キングカメハメハ(ダービー1着)
16年マカヒキ 父ディープインパクト(ダービー1着)
17年レイデオロ 父キングカメハメハ(ダービー1着)
18年ワグネリアン 父ディープインパクト(ダービー1着)
19年ロジャーバローズ 父ディープインパクト(ダービー1着)
20年コントレイル 父ディープインパクト(ダービー1着)
21年シャフリヤール 父ディープインパクト(ダービー1着)
22年ドウデュース 父ハーツクライ(ダービー2着)

 上記の通り、過去10年の日本ダービーは、ダービー連対経験のある馬を父に持った産駒しか勝利を挙げていない。また、これは2着馬まで広げても同様の傾向となっている。

父がダービー連対馬(10-8-4-77)
父がダービー連対馬でない(0-2-6-71)

 ちなみに、この格言を覆して2着に食い込んだのは、2014年の1番人気イスラボニータと、昨年のイクイノックスのみ。その年の皐月賞馬と、年度代表馬でようやく2着という状況だ。

 また、この「ダービー馬はダービー馬から」に当てはめると、今年はソールオリエンスら皐月賞でダービーの優先出走権を獲得した上位5頭が全滅。2番人気が濃厚なスキルヴィングも、父キタサンブラックは2015年のダービーで馬群に沈んでいる。

イクイノックスさえ敗れた日本ダービー「鉄の掟」!? 過去10年10勝2着8回…ソールオリエンスら皐月賞上位組「全滅」に大波乱の予感の画像2
ドゥラエレーデ 撮影:Ruriko.I

 その上で逆に、父がダービー連対経験のある有力馬はドゥラエレーデ(父ドゥラメンテ、ダービー1着)や、サトノグランツ(父サトノダイヤモンド、ダービー2着)、それにハーツコンチェルト(父ハーツクライ、ダービー2着)といったところだ。

 もし、これらの馬が格言通りにワンツーを飾るなら、今年は波乱のダービーになりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

イクイノックスさえ敗れた日本ダービー「鉄の掟」!? 過去10年10勝2着8回…ソールオリエンスら皐月賞上位組「全滅」に大波乱の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?