GJ > 競馬ニュース > 【日本ダービー】武豊「勝つんちゃうかな」、C.ルメール「ダービーホース」の矛盾対決に注目! コントレイル、デアリングタクトに続く三冠達成にも期待
NEW

【日本ダービー】武豊「勝つんちゃうかな」、C.ルメール「ダービーホース」の矛盾対決に注目! コントレイル、デアリングタクトに続く三冠達成にも期待

【日本ダービー】武豊「勝つんちゃうかな」、C.ルメール「ダービーホース」の矛盾対決に注目! コントレイル、デアリングタクトに続く三冠達成にも期待の画像1
ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I

 競馬の祭典ともいわれる日本ダービー(G1)は、すべてのホースマンが勝利を夢見る注目のレースだ。今年で第90回を迎える大舞台に世代の頂点を目指す有力馬たちが参戦。戦前の下馬評では、皐月賞(G1)を異次元の末脚で突き抜けたソールオリエンス(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)に人気が集まりそうである。

 ただ皐月賞で強い勝ち方を見せた馬といえども、日本ダービーであっさり負けてしまうケースが決して少なくないことも思い出しておきたい。

 過去10年の日本ダービーにおいて、前走が皐月賞だった馬の成績は【7.9.6.69/91】と悪くない一方で、皐月賞馬が連勝したのは2015年ドゥラメンテ、20年コントレイルの2頭のみ。しかも前者は春二冠だけでなく三冠も期待されたスケールの持ち主だった上に、後者は父ディープインパクト以来となる無敗の三冠達成をしたほどの大物だった。

 もしソールオリエンスもこれらに続いて二冠を手にするようなら、このまま三冠馬となることも夢ではないだろう。

 とはいえ、これを阻止せんと目論む不気味なライバルも虎視眈々と一発を狙っている。

 中でも怖い存在は現在の競馬界を代表する名手である武豊騎手とC.ルメール騎手の2人ではないか。

【日本ダービー】武豊「勝つんちゃうかな」、C.ルメール「ダービーホース」の矛盾対決に注目! コントレイル、デアリングタクトに続く三冠達成にも期待の画像2
ファントムシーフ 撮影:Ruriko.I

 日本ダービーで武豊騎手は皐月賞3着のファントムシーフ(牡3、栗東・西村真幸厩舎)、ルメール騎手は青葉賞(G2)を制したスキルヴィング(牡3、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗を予定。どちらもトップクラスの実力の持ち主だけに、ソールオリエンスにとって強敵となる。

 ルメール騎手は『サンケイスポーツ』に取材に対し、「去年からダービーホースだと思っていたし、自信はあります」と答えていたように上々の手応え。「ベストコンディションで競馬ができると思います」とやる気十分のようだ。

 しかし、やはり無視できないのは、【0.5.4.48/57】という青葉賞組の成績か.。1994年から重賞となったこのステップレースだが、29年の歴史で未勝利。直近10年も13年アポロソニック、14年マイネルフロスト、17年アドミラブルの3着があった程度。この5年は3着にすら入っていない。

 これに対し、歴代最多となるダービー6勝を誇る武豊騎手は、前走でルメール騎手が騎乗したファントムシーフとのコンビで挑む。ルメール騎手がクラシックで3着に入った馬より、青葉賞馬を優先したのも驚きだが、代わりに競馬界のレジェンドの確保に成功した陣営も力が入るはずだ。

 過去に騎乗経験のない馬へのテン乗りでダービー馬が誕生していないことは懸念材料となるものの、ダービーの勝ち方を最も知る男なら、そんなジンクスも一笑に付してしまうかもしれない。『UMATOKU』が報じた記事によると、追い切りを終えた武豊騎手が「勝つんちゃうかな」とつぶやいたらしいのだから現実味を帯びてくる。

「あくまでデータ的なものですが、両者の乗り替わりには特に注目しています。コンビ継続なら条件クリアだったルメール騎手が、優勝例のない青葉賞馬を選択し、ダービー最多勝の武豊騎手が、テン乗りで優勝例のないファントムシーフに騎乗する訳です。

傾向的に過去10年で2勝の皐月賞馬ソールオリエンスもデータ的に盤石とは言い難いため、データ派としても非常に楽しみなダービーとなりそうです。皐月賞2着のタスティエーラもテン乗りのD.レーンですからね」(競馬誌ライター)

 まるで「矛と盾」のような関係にあるルメール騎手と武豊騎手に対し、勝てば三冠級にお墨付きの出るソールオリエンスだが、横山武騎手にはエフフォーリアで経験不足を露呈した苦い記憶もある。

 注目の枠順は1枠2番にスキルヴィング、3枠5番にソールオリエンス、6枠12番にタスティエーラ、7枠14番にファントムシーフが入った。

 ソールオリエンスが勝てば、既にクラシック二冠を決めたリバティアイランドと共に、牡牝で二冠馬が誕生することになる今年。コントレイルとデアリングタクトの2頭が三冠馬となった20年に続く快挙はあるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日本ダービー】武豊「勝つんちゃうかな」、C.ルメール「ダービーホース」の矛盾対決に注目! コントレイル、デアリングタクトに続く三冠達成にも期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ