GJ > 競馬ニュース > 「単勝1.4倍」も秋華賞(G1)母娘制覇に黄色信号…ロードカナロアなど名馬輩出の「名門」にとっても手痛い敗戦か
NEW

「単勝1.4倍」も秋華賞(G1)母娘制覇に黄色信号…ロードカナロアなど名馬輩出の「名門」にとっても手痛い敗戦か

【この記事のキーワード】, ,
「単勝1.4倍」も秋華賞(G1)母娘制覇に黄色信号…ロードカナロアなど名馬輩出の「名門」にとっても手痛い敗戦かの画像1
撮影:Ruriko.I

 26日の小倉10Rに行われた西海賞(2勝クラス・牝馬限定)は、好位を進んだ2番人気ピピオラが優勝。ゴール前で5頭がもつれる混戦をアタマ差で制し、未勝利戦から一気の3連勝を達成した。

 騎乗した藤岡康太騎手はレース後、「最後は苦しくなりながらも差し切ってくれた」「力があるところを見せてくれました」と、接戦を僅差でものにしたパートナーを褒め称えた。

 ピピオラを管理する武幸四郎調教師も「よく頑張ってくれた」と、勝負根性を評価。次走は未定のようだが、今回と同じ芝2000mで開催される10月の秋華賞(G1)に駒を進めてくれば面白い存在になるかもしれない。

 勝ち馬が秋競馬へ展望を開いた一方で、1番人気に推されていたミッキーゴージャス(牝3歳、栗東・安田隆行厩舎)と斎藤新騎手のコンビは惜しくも5着に敗れた。

秋華賞(G1)母娘制覇に黄色信号…

 同馬の母は、2015年の牝馬二冠を制したミッキークイーン。父も宝塚記念(G1)優勝馬のミッキーロケットであることから、本馬を所有する野田みづきオーナーゆかりの、まさに「ゴージャス」といえる配合馬である。

 その血統背景からも注目を集めた今春は、デビュー2連勝でオークス(G1)まで駒を進めたものの、キャリアの浅さも露呈して14着に大敗。ただ、手綱を取っていた戸崎圭太騎手はレース後「これからさらに良くなってくる」と、今後の成長を期待させるコメントを残していた。

 約4ヶ月ぶりとなった今回は、オークスからプラス8キロと馬体に成長の跡が見られた。また小倉・芝2000mはデビュー戦で5馬身差の圧勝を決めた舞台でもあることから、単勝1.4倍の圧倒的支持を集めることになったのも当然だろう。

 ミッキーゴージャスは8枠9番からスタートすると、道中はちょうど中団馬群の外目を気分良さそうに追走する。しかし、3~4コーナー中間から鞍上の手が激しく動き始めると、最後の直線は外から差を詰めたのだが、最後は追い比べで後れを取り5着に敗れた。

「前半は悪くなさそうでしたが、3コーナーを過ぎると一気に手応えが怪しくなってしまいました。ミッキーゴージャスはデビュー2戦を重、稍重の馬場状態で連勝。良馬場だった今回は斎藤騎手がレース後、『今日は上がりが速く3、4コーナーで忙しくなりました』とコメントしていました。それでも差を詰めてきたのですが、接戦となった最後は少々運もなかったでしょうか。

なお圧倒的人気を背負っていたミッキーゴージャスが馬券圏外に敗れた関係もあって、勝ち馬のピピオラは単勝と複勝の配当がともに410円になるという珍しい現象も起きています」(競馬誌ライター)

 ミッキーゴージャスはまだ2勝クラスの身だけに、ここで結果を出して賞金を加算しておきたかったところだろう。しかしまさかの取りこぼしとなり、ミッキークイーンと母娘制覇の期待がかかるラスト一冠・秋華賞への出走も暗雲が漂うこととなった。

 なおミッキーゴージャスを管理する安田隆調教師も、来年2月一杯で定年を迎える。ロードカナロアやトランセンドなど数々の名馬を送り出してきた師もG1に挑戦できる機会が少なくなってきているだけに、今回は名門にとっても手痛い敗戦となってしまったかもしれない。

 ただ斎藤騎手はレース後、ミッキーゴージャスについて「まだキャリアは浅く、これから体とともに成長してくれたらよいと思います」と前向きなコメントを残した。秋華賞までまだ時間があるだけに、トライアル等に出走してくるようであれば巻き返しに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「単勝1.4倍」も秋華賞(G1)母娘制覇に黄色信号…ロードカナロアなど名馬輩出の「名門」にとっても手痛い敗戦かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安