GJ > 競馬ニュース > ネクラ女医の競馬日記No.6 〜競馬ゲームはヤメ時が分からない話~
NEW

ネクラ女医の競馬日記No.6 〜競馬ゲームはヤメ時が分からない話~

【この記事のキーワード】, ,

の画像1


 学生時代にいちばん時間を注いだものは何ですか?

 私は間違いなく「ゲーム」です、それも『信長の野望』のようなシミュレーションゲーム。競馬ゲームも、ジョッキーゲーよりも『ウイニングポスト』ですとか『ダービースタリオン』のような、オーナーブリーダーごっこのできるゲームが好きでした。

 ただ、数十年単位で淡々と牧場経営を続けることができるから、何百時間でも遊んでしまうんですよね。

ネクラ女医の競馬日記No.6 〜競馬ゲームはヤメ時が分からない話~の画像1

 ところで、医学部はわりと落第が多かったので、毎年100人中1〜2割は留年していました。それぞれ原因になったものによって「部活留年」だとか「生化学留年」なんて、不名誉な名前がつくんですよね。

 モニターに向かって馬の配合を考えてばかりいた頃、私の脳裏には「ダビスタ留年」「ウイポ留年」などがちらついていました……肩まで娯楽に浸かる時間がなくなってしまった今、あの怠惰な生活も愛しい思い出です。

さかた

さかた

英国在住の競馬好きアラサー女医。学生時代はWINS場内スタッフのアルバイトをしながら、ウオダス世代の火花散るレースに脳を焼かれた。好きな競馬場メシは「梅屋」のモツ煮込み。鉄火場であおるビールは人生の道標。

ネクラ女医の競馬日記No.6 〜競馬ゲームはヤメ時が分からない話~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  4. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏