GJ > 競馬ニュース > ネクラ女医の競馬日記No.1〜東京競馬場の話〜
NEW

ネクラ女医の競馬日記No.1〜東京競馬場の話〜

【この記事のキーワード】, ,

ネクラ女医の競馬日記No.1〜東京競馬場の話〜の画像1

 

 私が初めて競馬を現地観戦したのは、2009年の「ヴィクトリアマイル(G1)」。ダービー牝馬ウオッカが後続に7馬身差を付け圧勝したあのレースは、今も鮮烈に脳裏に焼きついています。

 そのため何かと東京競馬場を訪れては、ゴール板を悠々と駆け抜けたあの日の彼女を姿を思い出します。

 東京競馬場内には、キッズエリアに女性専用カフェ、乗馬センター、ビギナー向け馬券教室、時折バラ園で行われるビールやワインの振舞いなど、豊かなアメニティが揃ってます。それはもはや競馬場というよりも、人々に広く門戸を開くテーマパークといった趣です。家族連れ、カップル、大学生グループなど、客層も実に賑やかで、ワンカップを握ってグチャグチャになっているようなおじさんは、近頃はもうあまり見かけなくなった気がします。

ネクラ女医の競馬日記No.1〜東京競馬場の話〜の画像2

 しかし、私のような孤独な観客も変わらず受け入れる懐の深さが府中競馬場の良いところです。フードコートは一人客も使いやすい立ち食いエリアが十分にあるし、歴代ダービー馬のモニュメント、紀元前から馬事文化を遡る競馬博物館など、どちらかといえば一人で物思いに耽りながらじっくり眺めたいスポットも沢山あります。

 「ぼっち」でマイペースに東京競馬場を楽しんでいらっしゃる方も、実は多いのではないでしょうか。

 そんなソロ派の方々におすすめなのが、「平松」の自動販売機でぬる燗(100円)を買って、静かな日本庭園を眺めることです。特に今の時期は、紅葉が綺麗です。レースの予想に疲れたら、ぜひやってみてください。

さかた

さかた

英国在住の競馬好きアラサー女医。学生時代はWINS場内スタッフのアルバイトをしながら、ウオダス世代の火花散るレースに脳を焼かれた。好きな競馬場メシは「梅屋」のモツ煮込み。鉄火場であおるビールは人生の道標。

ネクラ女医の競馬日記No.1〜東京競馬場の話〜のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  4. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分