GJ > 競馬ニュース > C.ルメール×武豊「仲良過ぎ」の有馬記念!? ドウデュース勝利はサイン的に当然!? クリスマス有馬の法則
NEW

C.ルメール×武豊「仲良過ぎ」の有馬記念!? ドウデュース勝利はサイン的に当然!? クリスマス有馬の法則

【この記事のキーワード】, ,

C.ルメール×武豊「仲良過ぎ」の有馬記念!? ドウデュース勝利はサイン的に当然!? クリスマス有馬の法則の画像1

まさかの有馬記念反省会?

 競馬ファンの皆様、様々なGORAKUを心から愛する「GJ」です。武豊騎手とドウデュースの劇的な勝利に終わった有馬記念(G1)はいかがだったでしょうか。

 実は先日、有馬記念直前ということで毎週お馴染みの【週末GJ人気記事ぶった斬り!】特別編の「有馬記念サイン馬券ぶった斬り!」をお送りいたしました。自称サイン馬券研究家の藤田ハチ子が、酒は飲まないがタバコがやめられない孤高の鬼デスク「K」を相手にあの手この手でサイン馬券をレクチャーしたのですが、見事に大ハズレ……。

 幸か不幸か……前回大きな反響を頂戴したこともあって、今回はその反省編をお送りしたいと思います!


ハチ子:いや~、ドウデュース強かった。武豊騎手、やっぱアンタは最高や!!

デスク「K」:おい、全然違うじゃないか。「ARE」のタスティエーラも、「推しの子」のソールオリエンスもどこ行ったんだ?

ハチ子:……。

デスク「K」:やっぱりサイン馬券なんて、当てになら……。

ハチ子:違うんです! 悪いのは「正解」を見抜けなかった私なのです!

デスク「K」:一応聞いてやるけど、どういうこと?

ハチ子:だって阪神タイガースが「38年」ぶりの日本一で「枠連3-8」じゃないですか。それだけじゃなく、3着が黒、4着が黄色、5着が白と掲示板(5着以内)の残りも、きっちりタイガースカラーの枠色。ちゃんとサインは機能してたんですよ。

デスク「K」:まあ、確かにきれいに並んでるなあ。

ハチ子:サイン馬券って日頃から研究してると、つい複雑な方に走っちゃうんですよねえ。だって、誰も気が付かないようなサインを見つけたら気持ちいいじゃないですか! それで38年ぶりだから枠連3-8なんて「単純すぎる、邪道だ」って思っちゃうわけですよ。まさに弘法にも筆の誤り……。

デスク「K」:誰が、弘法だ……。せいぜい猿も木から落ちるだろうが。

武豊騎手とC.ルメール騎手はラブラブ!?

ハチ子:いやあ、それにしても武豊騎手とC.ルメール騎手はラブラブですよねえ。

デスク「K」:今回もワン・ツーだったしな。ゴールして、すぐにルメール騎手が武豊騎手に「オメデトー!」って言ってたらしいね。ルメール騎手が武豊騎手とドウデュースの最大のライバルだったイクイノックスの主戦っていうのもドラマがある。

ハチ子:違いますよ! だって去年、クリスマス開催の有馬記念でルメール騎手が3勝目を飾ったら、今度はクリスマス・イヴ開催の有馬記念で武豊騎手が3勝目ですよ。ラブラブ過ぎじゃないですか! そりゃ、一緒にタップダンスも踊りますよ。

デスク「K」:いきなり『ウマ娘』のCMの話をぶっ込んできたな……。なるほど、ルメール騎手がハーツクライ、サトノダイヤモンド、イクイノックス。武豊騎手がディープインパクト、キタサンブラック、そしてドウデュースで3連覇ってわけか。

ハチ子:しかもハーツクライとドウデュース、サトノダイヤモンドとディープインパクト、そしてイクイノックスとキタサンブラックが父子の関係。もう仲が良すぎて、お姉さん鼻血が出そうです。BL最こ……!

デスク「K」:やめろ。さていつもバカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では年末年始も記事を多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール×武豊「仲良過ぎ」の有馬記念!? ドウデュース勝利はサイン的に当然!? クリスマス有馬の法則のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬