GJ > 競馬ニュース > 「弱小世代」と言われた皐月賞馬がレコードで歴史的大反撃の狼煙! ダイワメジャー、ハーツクライ世代にもあった嘘のようなスランプ【この日、何の日】4月3日編
NEW

「弱小世代」と言われた皐月賞馬がレコードで大反撃の狼煙! ダイワメジャー、ハーツクライ世代にもあった嘘のようなスランプ【この日、何の日】4月3日編

「弱小世代」と言われた皐月賞馬がレコードで大反撃の狼煙! ダイワメジャー、ハーツクライ世代にもあった嘘のようなスランプ【この日、何の日】4月3日編の画像1
撮影:Ruriko.I

ダイワメジャー、キンカメ、ハーツクライが弱小世代?

 皐月賞(G1)がダイワメジャー、日本ダービー(G1)がキングカメハメハ、菊花賞(G1)がデルタブルース。さらにダービー2着馬にはハーツクライ……。

 2004年にクラシックの覇権を懸けて争い、種牡馬として今なお日本競馬に多大な影響をもたらしている2001年世代を「弱小世代」と呼ぶ競馬ファンは、まずいないだろう。

 その一方で、秋に神戸新聞杯(G2)を勝ったダービー馬が故障で早々に引退すると、皐月賞馬がオールカマー(G2)で9着に敗れ、天皇賞・秋(G1)では最下位の17着に大敗。ダービー2着馬も菊花賞で1番人気を裏切ると、ジャパンC(G1)で10着、有馬記念(G1)でも9着と全く振るわず。代わって世代の頂点に立ったはずの菊花賞馬がジャパンCこそ3着するものの、有馬記念では5着と掲示板がやっと……。

 これらは「輝かしい」はずの2001年世代の3歳秋の主な成績である。

 詳細は下記の通りだ。

キングカメハメハ 神戸新聞杯1着→引退
ダイワメジャー オールカマー9着→天皇賞・秋17着
ハーツクライ 菊花賞7着→ジャパンC10着→有馬記念9着
デルタブルース 菊花賞1着→ジャパンC3着→有馬記念5着

 まるで、絵に描いたような「弱小世代」のそれではないだろうか。唯一、地方の雄として皐月賞で2着したコスモバルクがジャパンCでも2着と奮闘していたが、クラシックを彩ったJRA勢はさっぱり……。

 上には、この年に秋古馬三冠を達成するゼンノロブロイを筆頭とした強い4歳世代がおり、明け4歳を迎える2001年世代はとても大きな期待は掛けられそうにない状況だった。

 そんな低評価の風向きが変わったのが、翌2005年の4月3日に行われたダービー卿チャレンジT(G3)だった。

ノド鳴りを乗り越えた皐月賞馬の復活劇

 当時、皐月賞馬ダイワメジャーの不振の理由は明白だった。兄のスリリングサンデーも発症した喘鳴症、いわゆる「ノド鳴り」である。骨折や屈腱炎などの脚元の故障ではないものの、呼吸が満足にできなくなることは競走馬にとって致命的。喉頭形成術など治療する方法はあったものの、この頃はまだ費用やリスクに見合った結果が出ていなかった。ダイワメジャーも回復の可能性は低いと判断され、陣営としても「やれるだけのことはやってみよう」という面持ちだったそうだ。

 そんな中で迎えたダービー卿CTは、結果によってはダイワメジャーの引退レースになっていたかもしれない。

 しかし、デビュー以来のマイル戦となったダイワメジャーは楽に番手につけると、最後の直線であっさりと抜け出して見せた。終わってみれば2着チアズメッセージに2馬身差をつけたコースレコードである。不振に喘いだ皐月賞馬が完全復活を遂げた瞬間だった。

 その後のダイワメジャーの活躍は、多くの競馬ファンの記憶に残っていることだろう。皐月賞に加えて、天皇賞・秋、安田記念、マイルCS連覇とG1・5勝を達成。本馬は、当時はまだ不治の病に近かった「ノド鳴り」を乗り越えた成功例としても、歴史にその名を残すこととなった。

 また、皐月賞馬のダイワメジャーだけでなく、菊花賞馬のデルタブルースが豪州競馬の祭典メルボルンC(G1)を制し、日本史上初の快挙を達成。ダービー2着馬のハーツクライに至っては、その年の有馬記念で無敗の三冠馬ディープインパクトを撃破。翌年もドバイシーマクラシック(G1)を楽勝するなど、ダービー馬キングカメハメハが引退した穴を埋めて余りある活躍を見せた。

 あのダイワメジャーの復活勝利から19年。今年の4歳牡馬も、先日の大阪杯(G1)で遅咲きの大器ベラジオオペラが一矢報いたものの皐月賞馬ソールオリエンス、ダービー馬タスティエーラがそれぞれ7着、11着に沈むなど、一部のファンから「弱小世代」と言われている。

 ここから反撃の狼煙を上げるのは、今月末の天皇賞・春(G1)に挑む菊花賞馬ドゥレッツァか、皐月賞馬ソールオリエンスか、それともあの時のダイワメジャーと同じようにノド鳴りの症状を抱えるダービー馬タスティエーラか――。

 いずれにせよ彼らの競走生活は、まだ折り返し地点に差し掛かったばかり。「弱小世代」と呼ばれる2020年世代が、その評価を覆す日を楽しみにしたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「弱小世代」と言われた皐月賞馬がレコードで大反撃の狼煙! ダイワメジャー、ハーツクライ世代にもあった嘘のようなスランプ【この日、何の日】4月3日編のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【皐月賞(G1)予想】距離不安のあるジャンタルマンタルは消し! 76年ぶりの牝馬Vを期待してレガレイラを本線に
  2. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  3. 皐月賞(G1)「J.モレイラ全開」でコスモキュランダ厳戒態勢!? 重賞「勝率100%」で3連勝…温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している理由
  4. アーモンドアイの近親が「豪脚一閃」でデビュー戦快勝! この血統でも「単勝万馬券」の超人気薄、「レース前に気づけていれば」の声も
  5. 【皐月賞】ジャンタルマンタルは距離不安!? レガレイラはゲート難? 若さが目立つシンエンペラー「3強」に不安要素が露呈…ライバルたちも上位進出チャンスあり【現場マル秘情報】
  6. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  7. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?
  8. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  9. 【皐月賞】とにかく「切れる馬」を狙え!レガレイラではなくディープインパクトの再来が面白い…アノ馬の2着付けで勝負
  10. 【皐月賞】桃井はるこの本命馬は牝馬レガレイラではない!? 穴党クイーンのイチオシは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】