GJ > 競馬ニュース > 坂井瑠星×フォーエバーヤング、ケンタッキーダービー(G1)へ超ド級の警戒警報!? 米国2歳王者「お目覚め」の13馬身圧勝劇で主役の座へ
NEW

坂井瑠星×フォーエバーヤング、ケンタッキーダービー(G1)へ超ド級の警戒警報!? 米国2歳王者「お目覚め」の13馬身圧勝劇で主役の座へ

坂井瑠星×フォーエバーヤング、ケンタッキーダービー(G1)へ超ド級の警戒警報!? 米国2歳王者「お目覚め」の13馬身圧勝劇で主役の座への画像1
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

ドバイで日本馬唯一の勝利を飾ったフォーエバーヤング

 先週、ドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドカップデーは日本馬22頭が出走し、改めて世界の強さを見せつけられる結果となった。だが、唯一の勝利を飾ったのが、UAEダービー(G2)でデビューからの連勝を5に延ばしたフォーエバーヤング(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 11頭立て、ダート1800mのレースで大外枠からの発走となったフォーエバーヤングは、スタートから坂井瑠星騎手が出していったものの、1コーナーから外々を回されるなど決して恵まれた展開ではなかった。

 だが、これくらいの不利なら簡単に跳ね返してしまうのが、本馬が非凡たる所以だろう。最後の直線で逃げたAuto Bahnとマッチレースになったものの、最後は2馬身振り切ってのゴール。3着Pandagateとは6馬身以上離れていたが、着差以上の凄みを感じる走りだった。

「万全の準備でケンタッキーダービー(G1)へ。ウチのチームならやってくれる」

 レース後、矢作調教師がそう気持ちを新たにした通り、この勝利で米ケンタッキーダービー挑戦を確実なものにしたフォーエバーヤング。これまで6着が最高と苦戦が続いている米クラシックの最高峰だが、全日本2歳優駿(G1)→サウジダービー(G3)→UAEダービー(G2)を3連勝した本馬は、すでに世界が注目する存在。日本史上最強のチャレンジャーと言っても、決して過言ではないだろう。

 だが、無敗の快進撃を続けるフォーエバーヤングでさえ、おそらくケンタッキーダービーで1番人気に推されることはなさそうだ。何故なら、今年の米クラシック戦線には確固たる主役が存在するからである。

 フォーエバーヤングが改めて世界にその強さを示したUAEダービーから約9時間後、米国のガルフストリームパーク競馬場では、ケンタッキーダービーの前哨戦となるフロリダダービー(G1)が行われた。

 昨年もここで2着したメイジがケンタッキーダービー馬に輝くなど、最重要ステップの1つ。今年の主役は2歳王者のフィアースネス(牡3歳、米・T.プレッチャー厩舎)であり、その前評判に違わぬ……いや、想像以上の圧勝で世界中の競馬ファンの度肝を抜いた。

米国2歳王者「お目覚め」の13馬身圧勝劇で主役の座へ

 9頭立て、ダート1800mのレースで果敢にハナを切ったフィアースネスは、隊列を引き連れる堂々とした走り。3コーナーで逃げ馬に追いすがるライバルたちのアクションが次第に大きくなる一方、1頭だけ馬なりの時点で勝負ありといった様子だった。

 その後は、まさにフィアースネスの“公開調教”といった様子だった。最後の直線を迎えて、鞍上のJ.ヴェラスケス騎手が軽く促すと、後続をグングン引き離していく。結局、最後までムチを使うことなく流し気味にゴール板を通過したが、2着キャタリティクには13馬身半という大差がついていた。

 昨年のブリーダーズCジュベナイル(G1)を6馬身1/4差で圧勝したフィアースネスだったが、今年の始動戦となったホーリーブルS(G3)で、まさかの3着。今回は試金石の一戦だったが、120点の回答でケンタッキーダービーを迎えることになりそうだ。

「まだ負けていないですし、堂々とチャンピオンとして向かえると思います」

 UAEダービー勝利後、5月のケンタッキーダービーにそう思いを馳せた坂井騎手。昨年はコンティノアールとのコンビで挑む予定だったが、直前で無念の出走取消。レースを現地観戦するなど、今年こその思いは一際強いはずだ。

 果たして、フォーエバーヤングは新たな歴史を創ることができるか。今年のケンタッキーダービーは例年以上の注目を集めそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

坂井瑠星×フォーエバーヤング、ケンタッキーダービー(G1)へ超ド級の警戒警報!? 米国2歳王者「お目覚め」の13馬身圧勝劇で主役の座へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【皐月賞(G1)予想】距離不安のあるジャンタルマンタルは消し! 76年ぶりの牝馬Vを期待してレガレイラを本線に
  2. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  3. 【皐月賞】ジャンタルマンタルは距離不安!? レガレイラはゲート難? 若さが目立つシンエンペラー「3強」に不安要素が露呈…ライバルたちも上位進出チャンスあり【現場マル秘情報】
  4. 皐月賞(G1)「J.モレイラ全開」でコスモキュランダ厳戒態勢!? 重賞「勝率100%」で3連勝…温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している理由
  5. 【皐月賞】とにかく「切れる馬」を狙え!レガレイラではなくディープインパクトの再来が面白い…アノ馬の2着付けで勝負
  6. アーモンドアイの近親が「豪脚一閃」でデビュー戦快勝! この血統でも「単勝万馬券」の超人気薄、「レース前に気づけていれば」の声も
  7. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?
  8. 【皐月賞】桃井はるこの本命馬は牝馬レガレイラではない!? 穴党クイーンのイチオシは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】
  9. 【皐月賞】ちょっと手広く選んでみました!本命は中山未経験でも関係なく買いたいあの馬で!【UMAJOモモのオイシイ競馬】
  10. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート