GJ > 競馬ニュース > 「イチモツの不安」的中したドウデュース、ドバイでもアイビスサマーダッシュの再現…フォーエバーヤング以外が全滅でも盛り上がったドバイ狂騒曲
NEW

「イチモツの不安」的中したドウデュース、ドバイでもアイビスサマーダッシュの再現…フォーエバーヤング以外が全滅でも盛り上がったドバイ狂騒曲

「イチモツの不安」的中したドウデュース、ドバイでもアイビスサマーダッシュの再現…フォーエバーヤング以外が全滅でも盛り上がったドバイ狂騒曲の画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 日曜阪神のメイン、大阪杯(G1)を2番人気ベラジオオペラが優勝した先週末。その前日の土曜夜には、ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーが開催された。

 ドバイターフ(G1)に昨年の有馬記念(G1)で復活を遂げた武豊騎手とドウデュースのコンビ、ドバイシーマクラシック(G1)に三冠牝馬リバティアイランド、大トリのドバイワールドC(G1)には昨年との連覇がかかるウシュバテソーロが出走。国内トップクラスの精鋭が複数出走する上に馬券も発売されるレースということもあり、日本馬と相性のいいドバイを舞台に勝ち星の皮算用をしていたファンも少なくなかったのではないか。

ドウデュース、リバティアイランド、ウシュバテソーロが揃って敗戦

 だが、いざレースが終わってみると、まるで悪夢のような結末だった。

 UAEダービー(G2)こそ坂井瑠星騎手に導かれたフォーエバーヤングが、5連勝で勝利の凱歌をあげたものの、勝ち負けを期待されたドウデュースは5着、リバティアイランドは3着、ウシュバテソーロも2着と全滅。勿論、ナミュール、ダノンベルーガ、シャフリヤールなどは馬券に絡み、日本馬の意地を見せてくれたのだが、馬券の発売がなかった3レースを含む7レースでわずか1勝しか挙げられなかったことは少々意外にも映った。

「結果は残念でしたが何かと見応えあるレースが多かったです。ゴール前でクビの上げ下げだったナミュールの2着は非常に惜しかったですし、シャフリヤールも積極的なポジション取りで見せ場を作りました。

ウシュバテソーロにしてもサウジC(G1)で負けたセニョールバスカドールへのリベンジに成功していますし、力は十分に出し切った結果だと思います。ただ勝ったローレルリバーがあまりにも強過ぎましたね。ただドウデュースは不完全燃焼で残念な内容でした」(競馬記者)

「イチモツの不安」的中したドウデュース、ドバイでもアイビスサマーダッシュの再現…フォーエバーヤング以外が全滅でも盛り上がったドバイ狂騒曲の画像2
昨年のリベンジに失敗した武豊とドウデュースの名コンビ

 そのドウデュースは昨年のドバイターフは直前の脚部不安で回避。1年越しのリベンジをかけて忘れ物を取りに戻ったレースだったが、道中で行き場をなくしたまま不完全燃焼の5着で入線。装鞍所で馬っ気を出したところに水を掛けられるシーンもあった。こちらについては“平常運転”らしいのだが、一抹の不安ならぬ“イチモツの不安”といったところか。

「残念ですね。不完全燃焼です。厳しいレースになりましたね。スタートも遅かったし、動きづらいポジションに入ってしまいました。状態が良かっただけに残念ですし、悔しいです。また頑張ります」

 レースをそう振り返った武豊騎手のコメント通り、スタートで出遅れて内目からリカバーを試みるも馬群がバラけないまま壁、壁、壁。最後の直線で懸命に進路を探そうと苦心したが、ほとんどまともに追えることなく終戦。ここを難なく通過するようなら、陣営から再び凱旋門賞(仏G1)に挑戦というワードも飛び出したかもしれないが、内枠を引いた時点で勝利の女神から見放されていたのかもしれない。

 ただ、それ以外でも色々な意味で盛り上がったことは確かだ。

 芝3200mのドバイゴールドC(G2)を制したタワーオブロンドンが、2019年のスプリンターズS(G1)優勝馬である日本馬のタワーオブロンドンと同じ馬名だったことや、アルクオーツスプリント(G1)なのに、アイビスサマーダッシュ(G3)が行われているのかと錯覚しそうになったジャスパークローネの大外逃避行など、まるで狂騒曲のような今年のドバイワールドカップデーだった。

 さて、今週からはいよいよ春のクラシックシーズンも到来。気温の上昇とともに競馬ファンのボルテージもますます上がっていくはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「イチモツの不安」的中したドウデュース、ドバイでもアイビスサマーダッシュの再現…フォーエバーヤング以外が全滅でも盛り上がったドバイ狂騒曲のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?