GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「ルメール封殺」に絶賛の声
NEW

川田将雅「ルメール封殺」に絶賛の声! NHKマイルCを含む11戦8勝「川田祭り」で帰ってきたライバルに強烈な復帰祝い

ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I
3歳マイル王に輝いたジャンタルマンタルと川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

NHKマイルC史上初の2歳王者対決も明暗

 5日、東京競馬場で開催されたNHKマイルC(G1)は2番人気のジャンタルマンタル(牡3歳、栗東・高野友和厩舎)が勝利。得意のマイル戦で、昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)に続く2つ目のビッグタイトルを手にした。

 2歳王者ジャンタルマンタルと2歳女王アスコリピチェーノの激突に沸いた、今年のNHKマイルC。史上初の牡・牝の2歳王者激突は、最後の直線で大きく明暗が分かれた。

 鞍上のC.ルメール騎手が「すごくいい競馬だった。いいポジションで運べた」と振り返った通り、完璧な道中を経て最後の直線を迎えた際、好位を進むアスコリピチェーノの手応えは十分に残っていた。

 あとは前の馬を交わして突き抜けるだけだったが、そんなライバルから外に持ち出すという一番確実な選択肢を奪ったのが、ジャンタルマンタルの川田騎手だ。外から馬体を併せてしっかりと蓋をすると、アスコリピチェーノは進路を失った。

「勝負所を迎えた時点で『もう負けることはない』と思いながら乗っていました」(川田騎手)

 その後、馬群でもがくライバルを尻目にジャンタルマンタルがスパートを開始。川田騎手のアクションが大きくなりムチが飛ぶと、一気に先頭に躍り出てあっという間にセーフティリードを築き上げる。

 終わってみれば2馬身半差。2歳王者対決はジャンタルマンタルの完勝に終わった。

「アスコリピチェーノが7枠14番、ジャンタルマンタルが8枠16番と近い枠からのスタートということもあって、お互いがお互いを意識しやすい競馬。最後の直線でタイトにマークして、(アスコリピチェーノの)ルメール騎手に外へ持ち出す選択肢を与えたなかったのは、勝負に徹する川田騎手らしい強い気持ちを感じた騎乗でした。

一方のルメール騎手は、やや後味の悪い競馬になってしまいましたね……。幸い降着こそなかったものの、強引な進路取りでボンドガールやキャプテンシーの進路を塞ぐ格好になりましたし、レース後にJRAから過怠金3万円の処分が下っています」(競馬記者)

11戦8勝の大爆発でリーディング独走

アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

 この川田騎手の好騎乗には、元JRA騎手の安藤勝己氏も「好ダッシュから非の打ち所がない運び。追い出しを待ったことでルメールを焦らせた」(公式Xより)と絶賛。またSNSや掲示板でも「さすが川田騎手!」「最後の直線が鳥肌たった」など、現リーディングジョッキーのファインプレーに対する賞賛の声で溢れた。

「2年ぶりのリーディング奪還を目指す川田騎手にとって、ルメール騎手は最大のライバル。この日のNHKマイルCが先月のドバイ遠征で負傷したルメール騎手の復帰戦でしたが、文字通り目の前に立ちはだかりました。

 また、今週の川田騎手は11戦騎乗して8勝という大爆発。一気に勝ち星を66勝まで伸ばしてリーディングを独走。(3位の)ルメール騎手に20勝差をつけています」(同)

「また新たに、大きな自信を持つことができました」

 レース後、ジャンタルマンタルとの会心の勝利をそう噛みしめた川田騎手。一方、過怠処分を受けたルメール騎手については、元JRA騎手の藤田伸二氏が「誰か騎乗停止になるだろうな」(公式X)とポストするなど、一部のファンから「騎乗停止ではないのか」「処分が甘すぎる」という声が上がるなど物議を呼ぶ結果となった。

 1番人気と2番人気で大きく明暗の分かれた両者。これから同じマイル路線を歩むであろう2歳王者ジャンタルマンタルと2歳女王アスコリピチェーノの再対決だけでなく、川田騎手とルメール騎手のリーディング争いも、今後ますます白熱していきそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅「ルメール封殺」に絶賛の声! NHKマイルCを含む11戦8勝「川田祭り」で帰ってきたライバルに強烈な復帰祝いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”