GJ > 競馬ニュース > 【NHKマイルC】2強に不安話で急浮上の穴馬!
NEW

【NHKマイルC】17番人気ピンクカメオの激走!伝説の973万馬券はこうして飛び出した。今年はジャンタルマンタルとアスコリピチェーノに不安話で急浮上の穴馬!

【この記事のキーワード】,
【NHKマイルC】17番人気ピンクカメオの激走!伝説の973万馬券はこうして飛び出した。今年はジャンタルマンタルとアスコリピチェーノに不安話で急浮上の穴馬!の画像1
あのセリフォスも4着に負けたNHKマイルC。今年も波乱の雰囲気が漂ってきた。

■波乱必至!3歳マイル王は超難解

 日本中央競馬会(JRA)で行われるG1レースの中でも、特に難解なレースが今週末に行われるNHKマイルC(G1)ではなかろうか。現在1番人気は7連敗中、そして過去28回の中で100万馬券が4本、10万馬券も数多く飛び出しているのだ。しかもここ2年は1番人気だけでなく2番人気でさえも馬券に絡んでおらず、2022年には18番人気、つまり最低人気のカワキタレブリーが3着。2007年にも18番人気ムラマサノヨートーが3着に好走。まだそこまで長くない歴史の中で最低18番人気の超人気薄馬が2度も馬券圏内に好走するようなレースが、このNHKマイルCなのである。

 特に今でも語り草となっているのが、973万馬券が飛び出した2007年だろう。17番人気ピンクカメオが勝利し、2着は1番人気のローレルゲレイロ、3着には先の18番人気ムラマサノヨートーが激走。ちなみに4着も15番人気シベリアンバードとなるほどの波乱で3連単は973万9870円、さらに3連複も122万馬券となり、この1レースだけで6本もの万馬券が飛び出したのだ。

 勝利したピンクカメオは、ディープインパクトでおなじみ金子真人オーナーの所有馬。前走の桜花賞(G1)は14着に大敗していたが、このNHKマイルCでまさかの大激走を見せたのだから驚かされる。負かした相手も決して弱くはなく、朝日杯フューチュリティS(G1)3着のオースミダイドウ、続く日本ダービー(G1)で2着に激走するアサクサキングスといった実績馬を抑えての勝利だから、価値は大きい。

 そんな波乱続出のNHKマイルCだが、今年は近年稀に見る好メンバーが揃った。主な出走予定馬は以下の通り。

■2024年NHKマイルC主な出走予定馬

アスコリピチェーノ(阪神JF・1着)
アルセナール(クイーンC・2着)
アレンジャー(アーリントンC・2着)
イフェイオン(フェアリーS・1着)
ウォーターリヒト(きさらぎ賞・2着)
ゴンバデカーブース(サウジアラビアRC・1着)
ジャンタルマンタル(朝日杯FS・1着)
シュトラウス(東京スポーツ杯2歳S・1着)
ダノンマッキンリー(ファルコンS・1着)
ディスペランツァ(アーリントンC・1着)
ノーブルロジャー(シンザン記念・1着)
ボンドガール(ニュージーランドT・2着)

 何と言っても目玉は牡馬の2歳マイル王ジャンタルマンタル、そして2歳マイル女王アスコリピチェーノのG1馬2頭。まだ底を見せていないゴンバデカーブースなど、重賞ウィナーは9頭も集結。これほどのメンバーが揃うNHKマイルCは滅多に見ることがないだろう。

 だが歴史が示すようにNHKマイルCは波乱の連続。ジャンタルマンタルもアスコリピチェーノも前走のG1激走が影響し、100%の仕上がりとはいかないのではないか。そしてローテーション的にも楽ではないのは明白で、意外な伏兵が足をすくってもおかしくはない。

 ではその伏兵となるのはどんな馬か。昨年のNHKマイルCで9番人気1着シャンパンカラー、そして8番人気2着ウンブライルの激走を見抜き、馬単3万450円と3連複2万7690円のダブル万馬券を的中させた「暴露王」に話を聞いてみた。

「昨年のNHKマイルCは、すべての情報がパズルを完成させるかのように綺麗に当てはまった、2023年に的中させた331本の万馬券の中でも屈指といえる会心のレースでした。

 朝日杯FSを勝ったドルチェモア、2着ダノンタッチダウンなどの人気馬には決定的な不安情報がありましたし、1番人気は重賞未勝利のカルロヴェローチェ。今でもなぜこの馬が1番人気だったのか不思議でなりません。それくらい、マスコミもファンも混乱していたレースだったと思います。

【NHKマイルC】17番人気ピンクカメオの激走!伝説の973万馬券はこうして飛び出した。今年はジャンタルマンタルとアスコリピチェーノに不安話で急浮上の穴馬!の画像2
まさに会心の一撃!こんな馬券を狙って的中できるのが暴露王の凄さ

 逆に暴露王は提携する【凄腕記者】から、重賞未勝利のシャンパンカラーとウンブライルの激走情報を把握。2頭とも人気薄でしたが、この2頭には人気馬にない状態の良さ、コース適性、道悪適性、展開の有利、そして勝利に向けた陣営の作戦がありました。

 それらの情報はスポーツ紙や競馬専門紙、テレビなどで公にはなっていませんでしたが、まさに情報力の勝利だったといえるでしょう。

 今年のNHKマイルCは出走馬のレベルが昨年と雲泥の差ですが、レースの構図はほぼ同じ状況で、つまり危険な人気馬と激走が期待できる穴馬がいるということ。当然のことながら我々は凄腕記者たちからの情報により、昨年に続く万馬券の立役者となる穴馬候補もすでに把握しています」(暴露王スタッフ)

 その昨年のNHKマイルCは9番人気と8番人気のワンツーフィニッシュ。8番人気以下同士による決着は、過去10年でも昨年だけという大波乱。そんな決着を見抜いた暴露王には、ただ驚嘆させられるばかりだ。

 そして注目は暴露王が今年入手している穴馬の情報。聞くところによれば、昨年のシャンパンカラーとウンブライル同様に、今年もかなりの人気薄が想定されている様子。つまり昨年に続いて2頭の穴馬が激走すれば、またもや衝撃の万馬券的中という結末が待っているのである。

【NHKマイルC】17番人気ピンクカメオの激走!伝説の973万馬券はこうして飛び出した。今年はジャンタルマンタルとアスコリピチェーノに不安話で急浮上の穴馬!の画像3
今年も24万馬券を的中させるなど102本の万馬券を的中(4月23日現在)

 当然のことながら、すべてのファンがその穴馬について知りたいと考えているだろう。その点も暴露王はしっかりとサポートしてくれるとのこと。なんと暴露王と凄腕記者が実際にNHKマイルCで勝負する2頭の穴馬を、完全無料で公開してくれるというのだ。

「ジャンタルマンタルとアスコリピチェーノに人気が集まるということは、仮にその2頭がともに凡走し、我々が勝負する穴馬が馬券圏内に好走すれば100万馬券も十分にあり得るということです。

 これだけの条件が揃ったレースはなかなかありません。今回は先日万馬券100本に到達した記念の特別企画として、NHKマイルCの【穴馬2頭】を無料で公開しますが、昨年に続く万馬券的中といきたいですね。ぜひこの情報を参考にしていただければと思います」(暴露王スタッフ)

 ちょうど1年前、暴露王が昨年のNHKマイルCでシャンパンカラーを本命に指定した時、会員からは「あり得ない」といった声もあったという。しかしレース後にその声は「歓喜」に変わり、多くの会員があの万馬券を的中させたのだ。おそらく今年もそんなドラマが待っているだろう。そして誰もが主人公としてその瞬間に立ち会うことができるのだから、このチャンスは絶対に逃すべきではない。

 NHKマイルCが終わっても、来週からはヴィクトリアマイル(G1)、オークス(G1)、日本ダービー、安田記念(G1)、宝塚記念(G1)と春競馬は最高潮に達していく。そのビッグレースでも万馬券を狙うなら、暴露王の情報を徹底的に活用していこう。

CLICK→特別無料公開!【NHKマイルC「勝負の極穴馬2頭と穴馬直前リポート】】暴露王

※本稿はPR記事です。

【NHKマイルC】17番人気ピンクカメオの激走!伝説の973万馬券はこうして飛び出した。今年はジャンタルマンタルとアスコリピチェーノに不安話で急浮上の穴馬!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想