GJ > 競馬ニュース > 【ヴィクトリアマイル】マスクトディーヴァは安定の消し!
NEW

【ヴィクトリアマイル】阪神牝馬S勝利のマスクトディーヴァは安定の消し!ナミュールで武豊騎手の4500勝メモリアルに現実味

武豊騎手が騎乗するナミュール 撮影:Ruriko.I
武豊騎手が騎乗するナミュール 撮影:Ruriko.I

 先週末に行われたNHKマイルC(G1)が3歳マイル王決定戦であるならば、今週末に行われるヴィクトリアマイル(G1)は古馬のマイル女王決定戦だ。過去にウオッカやアーモンドアイ、グランアレグリアらが勝利したが、3連単2070万円という衝撃の高額万馬券が飛び出したことでも知られるレースである。

 今年は昨年のマイルCS(G1)を勝利したナミュールや、前哨戦の阪神牝馬S(G2)優勝のマスクトディーヴァ、秋華賞馬スタニングローズといったメンバーが出走するが、最強牝馬リバティアイランドは不在、フルゲート割れの15頭にとどまっている。

 それでもこのレースは例年以上に盛り上がりを見せているのではなかろうか。その1つが、レジェンドジョッキー武豊騎手がナミュールに騎乗するからだ。

 武豊騎手は地方交流重賞の名古屋グランプリ(G2)をノットゥルノ、エンプレス杯(G2)をオーサムリザルトで勝利し絶好調。そしてJRA通算4500勝まであと2勝の節目を迎えているからだ。

 現時点で4498勝、つまりあと2勝で4500勝になるのだが、その4500勝をヴィクトリアマイルで達成するのではないかと、ファンもマスコミも盛り上がっている。とはいえ今週はヴィクトリアマイルまで11頭に騎乗予定で、勝利が期待できる馬もちらほら。ヴィクトリアマイルを前に4500勝を達成してしまうかもしれないが、もし残り1勝というカウントダウンの状況になったとすれば、レースはさぞかし盛り上がることだろう。

 ナミュールは昨年のマイルCSを制し、暮れの香港マイル(G1)3着、ドバイターフ(G1)2着と安定した成績を残している。昨年のヴィクトリアマイルは2番人気7着という結果だったが、今年は勢いも完成度も雲泥の差といえよう。

モレイラ騎手のマスクトディーヴァが強敵 撮影:Ruriko.I
モレイラ騎手のマスクトディーヴァが強敵 撮影:Ruriko.I

 そのライバルとなるのが、現役最強牝馬リバティアイランド世代の牝馬ナンバー2と目されるマスクトディーヴァだ。昨年6月に2勝目を挙げて以降、ローズS(G2)勝利、秋華賞(G1)はリバティアイランドの2着、前走も阪神牝馬Sを勝利と好調。リバティアイランド以外の牝馬には負けていない。そして秋華賞でリバティアイランドを上回る上がりタイムを計測したように、その豪快な末脚は現役屈指、ナミュールにも見劣らない。今回も鞍上がJ.モレイラ騎手となれば、当然のことながら人気になるのは必至だ。

 3番手以降は川田将雅騎手のウンブライル、中山牝馬S(G3)勝利のコンクシェル、秋華賞馬スタニングローズ、横山典弘騎手のモリアーナあたりが人気となりそうだが、今年は上位2頭と差があるように思える。となれば、今年のヴィクトリアマイルはナミュールとマスクトディーヴァ、この2頭の取捨選択が馬券的中の大きなポイントとなろう。

 まずナミュールを見てみると、3歳時は不安定な成績であったが、4歳秋から本格化。富士S(G2)を1分31秒4の好時計で勝利している。ヴィクトリアマイルと安田記念(G1)は着外であったが、東京マイルは2勝しておりコースに不安はあるまい。そして出走馬唯一のマイルG1優勝馬であり、昨年のマイルCSを急遽乗り替わりとなった藤岡康太騎手で勝利したように、武豊騎手への乗り替わりも不安はない。そもそも全5勝はすべて初騎乗でのもの。むしろプラスといえよう。懸念されていたドバイ遠征の疲れも感じられず、まさに勝利の条件がすべて揃った。ソングラインに続く新マイル女王襲名のレースとなりそうだ。

 だがライバルと目されているマスクトディーヴァに関しては不安の方が大きい。初の関東遠征となった2月の東京新聞杯(G3)は、単勝1.9倍の1番人気に支持されながらも、出遅れが影響して6着に敗退。関東遠征とコース相性への不安は払拭されていない。スタートに難がある馬で、G1ではそれが命取りになるのは言うまでもない。

 前走の阪神牝馬Sは1分33秒0と勝ち時計も平凡。これは良馬場で行われた過去4回でもっとも遅い。そして11頭立ての少頭数だったこともあり、レベルを疑問視されている。

 極めつけは、近年まったく相性の悪い阪神牝馬S優勝馬という実績だ。過去にエイジアンウインズが阪神牝馬Sとヴィクトリアマイルを連勝しているが、現在の時期の芝1600mで行われるようになった2016年以降、阪神牝馬Sの優勝馬はヴィクトリアマイルで【0.1.0.7】と未勝利どころか連対馬も1頭しかいない。

■阪神牝馬S優勝馬のヴィクトリアマイル成績(2016年以降)

2023年 サウンドビバーチェ →5着
2022年 メイショウミモザ  →18着
2021年 デゼル       →8着
2020年 サウンドキアラ   →2着
2019年 ミッキーチャーム  →8着
2018年 ミスパンテール   →5着
2017年 ミッキークイーン  →7着
2016年 スマートレイアー  →4着

 時期的なものか、コースの違いか、相手関係的なものか、その理由は定かではないが、阪神牝馬S優勝馬はヴィクトリアマイルで過剰に評価してはならない。これは安田記念の前哨戦であるマイラーズC(G2)にもいえることであり、この関西のマイル重賞から東京マイルのローテーションは懸念される要素である。

 ナミュールはドバイ遠征からの復帰初戦となるが、これまで前走が海外遠征馬はヴィクトリアマイルを3勝しており、連対率も50%と好成績。実際にウオッカ、ブエナビスタ、ソングラインが勝利している。ノウハウに長けたノーザンファームがバックアップするナミュールに不安はないだろう。

 総合的に見ても今年は二強対決ではなくナミュールの一強のほうが正しいのではないか。不安要素が山積みのマスクトディーヴァは“消し”とし、ナミュールからの馬券勝負が好配当を手にする最適解だろう。そして武豊騎手がJRA通算4500勝を同時に達成することができれば、まさに歴史に残るレースとなるに違いない。

 レジェンドジョッキー武豊がどんな手綱さばきを見せてくれるのか、今からレースが楽しみだ。

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

【ヴィクトリアマイル】阪神牝馬S勝利のマスクトディーヴァは安定の消し!ナミュールで武豊騎手の4500勝メモリアルに現実味のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは