GJ > 競馬ニュース > T.オシェア「存在感なし」のまま馬質急降下…。
NEW

T.オシェア「存在感なし」のまま馬質急降下…。レガレイラ、シックスペンスらの代打浮上もG1騎乗予定なし。UAEのレジェンドが大きく躓いた「あの一鞍」とは

T.オシェア「存在感なし」のまま馬質急降下…。レガレイラ、シックスペンスらの代打浮上もG1騎乗予定なし。UAEのレジェンドが大きく躓いた「あの一鞍」とはの画像1
画像はイメージです 撮影:Ruriko.I

UAEのレジェンドが鳴り物入りで日本初参戦も…

 オークス、日本ダービー、そして安田記念と、春のG1開催もいよいよ佳境に入ってきた印象だ。

 だが、各カテゴリーの頂上決戦にC.ルメール騎手や川田将雅騎手、J.モレイラ騎手や武豊騎手など多くのトップジョッキーの名が連なる中、あの名手の名が挙がってこない。

 短期免許で参戦中のT.オシェア騎手だ。

 先月27日から初の日本競馬参戦を果たしたオシェア騎手は、近3季連続を含む過去12度にわたるリーディングを獲得したUAEのレジェンドだ。今年のドバイワールドC(G1)やドバイゴールデンシャヒーン(G1)でも日本馬を破って優勝。来日が決まった際には、身元引受調教師の国枝栄師も「上手いと聞いているから楽しみ」と期待を寄せ、「良い馬を用意してるよ」と“助っ人外国人”の参戦を楽しみにしていた。

 そんなオシェア騎手は日本初の騎乗となったレースで、いきなり2着。「ペースもドバイと似ている雰囲気で、乗りやすい印象」と感触を掴むと、同日の8Rで日本初勝利を達成。「国枝先生をはじめ、数多くの調教師からのサポートをもらっている。このまま数多く勝ちたいと思っています」と感謝を述べると、最後は「アリガトウ」と日本語で締め括るなど、まさに順風満帆のスタートを切ったように見えた。

 しかし、そこから3週が過ぎたが、ファンは肝心のG1レースでオシェア騎手の雄姿が見られていない。さらに冒頭でも触れたとおり今週のオークス、来週の日本ダービー、再来週の安田記念でもUAEのレジェンドジョッキー参戦の報は聞かれないままだ。

「ここまで(12日現在)で4勝を挙げるなど、決して悪い成績ではないのですが、今一歩インパクトに欠ける印象です。特に来日当初は人気馬に乗る機会も多かったのですが、先週は13鞍に騎乗して1番人気は勝利した3歳未勝利だけ。2、3番人気の騎乗もなく、二桁人気が目立つなど、明らかに馬質が落ちている印象です」(競馬記者)

 記者曰く、こうなってしまったのは「外的な要因」が大きいという。

ルメール騎手 撮影:Ruriko.I
負傷から驚異的な速さで復帰を果たしたルメール騎手 撮影:Ruriko.I

「実はオシェア騎手の来日が決まった時は、ルメール騎手がドバイで負傷して戦線離脱中でした。そういった背景もあって、その代役を期待する声も少なからずあったのですが、ルメール騎手が早々に復帰……。

先々週はNHKマイルCを含む3鞍の騎乗だけでしたが、先週からは“通常運転”に戻っており、オシェア騎手の馬質が急降下したことと無関係とは言えないでしょう。『もしものために呼んだけど、やっぱり……』なんてことにならなければ良いのですが」(同)

 実際に、昨年のホープフルS(G1)で史上初の牝馬による勝利を挙げたレガレイラは、ルメール騎手が不在だった皐月賞(G1)で北村宏司騎手が手綱を取ったものの6着。ファンの間では、続く日本ダービーの鞍上にオシェア騎手の名も挙がっていた。

 しかし、ルメール騎手が復帰したことであっさりと元鞘に。また、ルメール騎手の手綱でスプリングS(G2)を勝ったシックスペンスは身元引受調教師となる国枝厩舎の管理馬だが、こちらも川田騎手との新コンビが発表された。

UAEのレジェンドが大きく躓いた「あの一鞍」とは…

「オシェア騎手にとって、痛かったのは初の重賞騎乗となった青葉賞(G2)で結果が出なかったことですね。ルメール騎手の代役として騎乗したヘデントールは1番人気に支持されましたが、スタートでやや後手を踏むと後方から8着に追い上げるのがやっとでした。

レース後にオシェア騎手も『リズム重視で運ぼうと思ってあの位置からになりましたが、スピード有利の馬場でしたからね』と作戦の意図を語っていましたが、結果的には前が止まらない日本の高速馬場の洗礼を受けた格好。残念ながら『今日は位置取りの差』という本人の言葉通りだったと思います」(同)

 また、オシェア騎手は青葉賞の翌日に、今度はオークスの出走権が懸かったスイートピーS(L)に騎乗。国枝厩舎で、こちらも「前走ルメール」だったベストミーエヴァーは4番人気に推されたが、結果は3着だった。

 有力馬に騎乗した青葉賞、スイートピーSで優先出走権を獲得できていれば、少なくともオークスや日本ダービーは騎乗できていた可能性がある。

「G1で、ベストなパフォーマンスはできました」

 先週のヴィクトリアマイル(G1)で4番人気2着と復調ぶりをアピールしたルメール騎手。騎乗したフィアスプライドは国枝厩舎の管理馬であり、オシェア騎手も東京で騎乗していたが出番はなかった。

 果たして、オシェア騎手の日本初参戦はこのまま大きなインパクトを残せずに終わってしまうのだろうか。短期免許の期間は6月の宝塚記念(G1)まで。UAEのレジェンドジョッキーの意地に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

T.オシェア「存在感なし」のまま馬質急降下…。レガレイラ、シックスペンスらの代打浮上もG1騎乗予定なし。UAEのレジェンドが大きく躓いた「あの一鞍」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も