GJ > 競馬ニュース > 【仔馬の季節】イギリスの牧場見学
NEW

【仔馬の季節】イギリスの牧場見学〜ネクラ女医の競馬日記No.25〜

【この記事のキーワード】, ,
ネクラ女医の競馬日記
ネクラ女医の競馬日記

 現役厩務員による漫画「サラブレッドと暮らしています。」(著・田村正一)に、好きなフレーズがあります。競走馬にとっての幸せとは、「生きている間にどんな人が自分のそばにいてくれたかってことなんじゃないかな?」。今回見学させていただいたレディスウッドスタッド(Ladyswood stud)に暮らす馬たちは、愛情深いオーナー、温かいスタッフに囲まれ、間違いなく幸福な時間を過ごしているのではないかと感じました。

 では、ふるさとを離れたのち、競走馬のそばにいる人間は誰でしょうか。調教師や厩務員、ジョッキー、獣医、装蹄師・・・様々な人間が彼らを取り巻くことでしょう。

 私たち競馬ファンも、その内に含まれると思うのは、おこがましいでしょうか。パドックで見守ったり、レースを応援したり。競馬を楽しむことは、それ自体が馬との関わりを持つということではないでしょうか。今はあどけない仔馬も、たったの数年で生か死かの勝負に身を投じることになる。競馬ファンとして、そんな彼らの命のあり方から目を逸らさないでいたいと思うこの頃です。

ネクラ女医の競馬日記No.25
ネクラ女医の競馬日記No.25

 今回の牧場見学ツアーを企画くださった「Tomochan London」さんは、これまでもニューマーケットでの調教見学など、競馬にまつわるツアーを主催されています。また、この秋は凱旋門賞の観戦ツアーを募集なさっています。ヨーロッパにお越しの際は、ぜひチェックしてみてくださいね。

※本記事について、牧場様とツアー会社様の許可をいただいています。

さかた

さかた

英国在住の競馬好きアラサー女医。学生時代はWINS場内スタッフのアルバイトをしながら、ウオダス世代の火花散るレースに脳を焼かれた。好きな競馬場メシは「梅屋」のモツ煮込み。鉄火場であおるビールは人生の道標。

【仔馬の季節】イギリスの牧場見学〜ネクラ女医の競馬日記No.25〜のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着