GJ > 競馬ニュース > 6億円ホース「近親」武豊鞍上でデビュー!
NEW

6億円ホース「近親」が武豊鞍上で来月デビュー!「兄貴が乗りに帰ってくる」メインは無敗の「超大物」と参戦? 七夕の小倉競馬場が激アツ

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 いよいよスタートした2歳新馬戦。1日の京都・芝1600mで世代一番星に輝いたのはダノンフェアレディだった。

 同馬は昨年のセレクトセールにおいて8800万円(以下税込)で取引された。億超えの取引が珍しくなくなった昨今では、お買い得の部類に入るかもしれない。

 ちなみに同セールにおいて過去最高価格で取引された馬は、ディナシーで6億3000万円。ただ、同馬は一度も走ることなく繁殖入りとなった。実際にデビューした馬の中で最高価格となるのは現オープンのアドマイヤビルゴで、そのお値段は6億2640万円となっている。

6億円ホースの近親ペンテリコンが来月デビュー

 そんなちょっとした記録を持つアドマイヤビルゴの近親となるペンテリコン(牝2歳、栗東・武幸四郎厩舎)が来月7日、小倉競馬場でデビュー予定だ。

 アドマイヤビルゴはディープインパクト産駒だったが、ペンテリコンは同種牡馬の息子シルバーステートの産駒となる。母父は現役時代14戦14勝、G1・10勝の怪物フランケル。ドウデュースのオーナーとしてもおなじみのキーファーズが一昨年のセレクトセールにおいて9240万円で購入した期待の1頭だ。

ペンテリコンに騎乗が見込まれる武豊騎手
ペンテリコンに騎乗が見込まれる武豊騎手

 オーナーの公式サイト『キーファーズサロン』には「小倉2週目に兄貴(武豊騎手)がプロキオンS(G3)に乗りに帰ってくるらしい。ですのでその日の新馬戦にペンテリコンを予定します」と武幸師のコメントが載っていることから、同レースが開催される来月7日、武豊騎手とともに芝1200mの牝馬限定戦でデビューする見込みとなっている。

プロキオンSにはヤマニンウルスが出走予定

「近親のアドマイヤビルゴ、さらにサトノソロモンも新馬勝ちを収めており、姉のエバーハピネスもデビュー戦で5番人気2着に好走しています。初戦から走れる一族なのでペンテリコンもいきなり好勝負が期待できそうです。

また、『キーファーズサロン』には武豊騎手がプロキオンSに乗りにくる馬の名前までは明記されていませんが、このレースには同騎手が主戦を務めるヤマニンウルスが出走を予定しています」(競馬記者)

 武豊騎手とのコンビで1月の雅S(3勝クラス)を制し、デビューから無傷の4連勝となったヤマニンウルスは、引き続きレジェンドの手綱で先月の平安S(G3)を予定していた。ただ、出走が見送られると目標をプロキオンSに切り替えての調整が進められている。

 ペンテリコンの初陣に武豊騎手の参戦、そしてメインのプロキオンSにはダートの超大物ヤマニンウルスが出走予定……。七夕の小倉は大変な盛り上がりとなりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

6億円ホース「近親」が武豊鞍上で来月デビュー!「兄貴が乗りに帰ってくる」メインは無敗の「超大物」と参戦? 七夕の小倉競馬場が激アツのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着