GJ > 競馬ニュース > 「ルメさんなら大丈夫」国枝師もチェルヴィニア弟の初陣に自信!
NEW

「ルメさんなら大丈夫」国枝師もチェルヴィニア弟の初陣に自信!懸念材料は「危うい気性」と「10戦全敗」の血統?

デビュー戦の鞍上を任されたルメール騎手 撮影:Ruriko.I
デビュー戦の鞍上を任されたルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 JRAでは先週末から2歳戦がスタート。キズナ産駒のダノンフェアレディや3.3億円ホースのスターウェーブなど5頭が勝ち上がった。

 一方で、5レース中4レースで1番人気に支持された馬が敗退。初めての実戦で、スタートで後手を踏んだり、道中の折り合いを欠く若駒の姿も目立った。

 今週末には北海道シリーズも開幕。函館を加えた東京、京都の3場で土日合わせて6鞍の新馬戦が組まれている。

チェルヴィニアの弟がルメール騎手でスタンバイ

 1週目に負けず劣らずの良血馬もスタンバイしているが、中でも注目したいのは9日の日曜東京5R・2歳新馬(芝1800m)にC.ルメール騎手の手綱で出走を予定しているアルレッキーノ(牡2歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。母は2016年オークス(G1)で2着に好走したチェッキーノ。つまり、先月19日のオークスで母の雪辱を果たしたチェルヴィニアの半弟である。

 昨年の開幕週にデビューした姉と同様に弟も仕上がりが早く、3月にはゲート試験に合格。ノーザンファーム天栄での放牧を挟み、5月下旬に美浦に帰厩後は初戦に向けて順調に乗り込まれてきた。

 1週前の追い切りは、美浦ウッドコースで6ハロン82秒0-ラスト11秒6の超抜時計をマーク。国枝師も「とにかくスピードがあって、走りも軽い」と絶賛。さらに5日の最終追い切りでは、6ハロン81秒7-ラスト11秒4と1週前を上回る時計を2週連続となる加速ラップでマーク。デビューVへの態勢は整っている。

 ただ、最有力視されるアルレッキーノにも2つの不安要素があるという。

「1つ目は気性面にまだ幼さが残っている点ですね。調教時計が速い時は気分良く走れているのですが、スピードが前面に出ている分、折り合い面がカギになりそう。スローペースになった時に課題が残ります。

もう1つは、父がブリックスアンドモルタルに替わったこと。同馬の産駒はゴンバデカーブースを筆頭に2歳戦でも結果を残していますが、どちらかというとレースを使われるごとに良くなる印象もあります。実際、産駒のキャリア1戦目の成績はいまひとつで、アルレッキーノと同じブリックスアンドモルタル×母父キングカメハメハという組み合わせは、キャリア初戦で10戦全敗という成績が残っています」(競馬誌ライター)

 気性面に関して、国枝師が「母も姉も乗っていたルメさんなら大丈夫でしょう」と鞍上に全権委任の構えだが、チェルヴィニアがデビュー戦で2着だったように、弟も一度使われてから良化する可能性は十分ある。

 逆にいえば、アルレッキーノが初戦を快勝するようなら、来春に向けての楽しみは増す。2026年2月末で定年引退を迎える指揮官にとって、来年が牡馬クラシック制覇のラストチャンスとなる。

 アーモンドアイの初仔アロンズロッドも今夏のデビューを控えているが、師にとって有力馬は何頭いてもいいはず。まずは先陣を切るアルレッキーノの走りに注目が集まる。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「ルメさんなら大丈夫」国枝師もチェルヴィニア弟の初陣に自信!懸念材料は「危うい気性」と「10戦全敗」の血統?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り