GJ > 競馬ニュース > 【オークス】チェルヴィニア「30年間勝利なし」の絶望も...
NEW

【オークス】チェルヴィニア「30年間勝利なし」の絶望もC.ルメールなら!? 「死に枠」を覆した有馬記念の伝説

チェルヴィニア 撮影:Ruriko.I
チェルヴィニア 撮影:Ruriko.I

オークスの「6枠」は過去30年勝利なし

 16日、オークス(G1)の枠順抽選が行われた。

 前走の桜花賞(G1)で4番人気に推されながら13着と大敗を喫したチェルヴィニア(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)は6枠12番に決定。鞍上に前走以外の全レースで手綱を握ったC.ルメール騎手を再び迎え、樫の女王をめざす。

 そんなチェルヴィニアが引き当てた6枠12番という枠、一見すると先行を得意とする本馬にとって内すぎず外すぎない上、ダッシュのつきやすい後入れ偶数番であるため抜群の良枠を引いたように見える。

 だが、ことオークスに関しては「引いてはいけない」枠かもしれない。

 過去30年、6枠から勝った馬はなんとゼロ。2着に広げてみても、たった2例しかない。最も多い2、7枠が7勝していることからも、その不振が際立っている。いわゆる「死に枠」なのだ。

 これだけでも苦しいのだが、彼女に追い打ちをかけるようなデータが存在する。それは「グレード制が導入された84年以降、前走二桁着順で勝利した馬はメイショウマンボだけ」というものだ。桜花賞で13着だったチェルヴィニアには厳しいデータだ。

 ただ、そんなチェルヴィニアには心強いバックアップがある。主戦のルメール騎手と木村調教師だ。

C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 ルメール騎手×木村調教師といえば、何と言っても昨年の年度代表馬イクイノックスの存在が光る。実際にこのコンビの勝率は30%を超えるなど、非常に相性の良い組み合わせだ。加えてルメール騎手のオークス3勝は、武豊騎手と並ぶ現役最多勝。彼女が背中を託す相手は、オークスでの勝ち方を最もよく知る騎手の一人と言っても過言ではない。

 また、木村調教師が共同会見で「東京コースはポジティブな要素しかない」と自信を見せていた通り、チェルヴィニアは左回りの直線が長い東京、新潟では連対率100%と完全無欠の戦績を誇っている。

 また、父がイギリスの2400m戦で破壊的な勝ち方をしたハービンジャー、母は2016年のオークスで2着に好走したチェッキーノと、前走から800mの距離延長は歓迎。右回り1600mだった桜花賞から大きく条件が好転する。

「死に枠」を覆した昨年有馬記念の伝説

スターズオンアース 撮影:Ruriko.I
スターズオンアース 撮影:Ruriko.I

 昨年末の有馬記念(G1)、ルメール騎手に背中を預けたスターズオンアースが過去1頭も馬券に絡んだことがない死に枠「8枠16番」から2着激走したことは記憶に新しい。奇しくも、その時と同じ騎手で死に枠を引いたチェルヴィニア。迎える結末は通例だろうか、例外だろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【オークス】チェルヴィニア「30年間勝利なし」の絶望もC.ルメールなら!? 「死に枠」を覆した有馬記念の伝説のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着