GJ > 競馬ニュース > 【オークス】昨年の波乱に続く意外な穴馬とは?
NEW

【オークス】ステレンボッシュ二冠濃厚の空気を覆す激走穴馬情報!昨年15番人気3着ドゥーラに続く意外な穴馬とは?

【この記事のキーワード】, ,
波乱となった昨年のオークス。今年も万馬券の空気が漂い始めた
波乱となった昨年のオークス。今年も万馬券の空気が漂い始めた

■桜花賞に続く牝馬三冠ロードは波乱の雰囲気

 いよいよ今週末は牝馬三冠ロードの第二戦となるオークス(G1)だ。桜花賞(G1)を制したステレンボッシュが昨年のリバティアイランドに続き、史上8頭目の牝馬三冠を目指す大一番。

 だが今年はライバルの桜花賞2着アスコリピチェーノ、ホープフルS(G1)を制したレガレイラが不在、トライアルのフローラS(G2)などからも強力なインパクトを残した馬は見当たらず、二冠濃厚の空気が漂っている。

 果たしてそれは正しいのか。ステレンボッシュの不安要素や、格下馬の下剋上があるのか、誰もが表に出ない“関係者の本音”を知りたいに違いない。

確かに桜花賞のステレンボッシュは完勝だったが、オークスでの評価は?
確かに桜花賞のステレンボッシュは完勝だったが、オークスでの評価は?

 そんな競馬ファンに強力な援軍が登場だ。競馬情報のプロフェッショナル集団「マスターズ」が、自信の勝負情報を無料で公開するのである。

 マスターズの大きな武器は、現代競馬を動かす【馬主・厩舎・騎手】の三大要素を徹底的に把握していること。馬を所有しレースに対して思惑がある【馬主】、競走馬を管理し仕上がり具合を把握する【調教師】、実際にレースでどのように乗るのかを判断する【騎手】。この三者からの情報を完全に把握できれば、どんなレースも丸裸といえる。

 残念ながら既存の競馬マスコミでは、この情報を完全に把握することはできない。大物馬主、元調教師、元JRA騎手などの競馬関係者が集結するマスターズだからこそ、ファンが必要とする【馬主・厩舎・騎手】の情報を完全に把握できるのだ。

 その実力が発揮されたレースを見てみよう。今週末のオークスを検証するのだから、当然昨年のオークスだ。

 ご存じのように勝ったのは断然人気のリバティアイランド。2着も2番人気ハーパーで、上位2頭は順当な決着。しかし3着に激走したのは15番人気のドゥーラ。同馬はチューリップ賞(G2)15着、桜花賞14着と大敗が続いており、完全にマスコミもファンもノーマーク状態。

 しかしマスターズは同馬がこの舞台(東京2400m)でこそ力を発揮できることを、各方面からの情報で確認。そして調教から前2走とは比較にならないほどの仕上がりにあることも把握。一方で他の人気馬に不安情報があることも把握しており、自信を持って同馬を推奨したという。

昨年のオークスで目が覚めるような万馬券を的中!
昨年のオークスで目が覚めるような万馬券を的中!

 その結果が3万4140円という万馬券の的中だったのだ。また今年のオークスに向けても、トライアルレースであるスイートピーS(L)で1万5430円の万馬券を的中させるなど、しっかりと勢いを見せている。

 そして肝心のオークスだが、今年はステレンボッシュ、チェルヴィニア、クイーンズウォーク、スウィープフィート、ライトバック、アドマイヤベル、コガネノソラ、タガノエルピーダ、ミアネーロ、ラヴァンダ、サフィラといった馬が出走を予定しているが、例年と比較して全体的なレベルは決して高くない。桜花賞組と別路線組の能力比較も容易ではなく、さらに各馬とも2000mを超える距離経験がないため、東京の2400mという過酷な条件が合うか否か、その判断も難解だ。

 だがマスターズによれば今年のオークスは昨年の3万馬券に匹敵、あるいは上回るほどの手応えを感じているとのこと。その根拠となるのが、馬主や厩舎関係者、騎手をターゲットとした徹底的な情報収集によって浮上した絶対的な軸馬、昨年推奨した15番人気3着ドゥーラに続く激走が期待できる穴馬だという。

 そして嬉しいことにマスターズは、オークスの【3連単勝負馬券】をファンに向けて無料で公開すると発表した。昨年に続く万馬券的中は目前、本気でその万馬券を的中させたいのであれば、必ずこの無料勝負馬券をチェックしておこう。

 またマスターズは、来週末に行われる日本ダービー(G1)を、現在3年連続で万馬券を的中。今年も万馬券の的中が狙えると語っており、オークスだけでなく日本ダービーもマスターズがどんな情報を提供するのか目が離せない。

CLICK→特別無料公開!【オークスの「厳選3連単勝負馬券!」】マスターズ

※本稿はPR記事です。

【オークス】ステレンボッシュ二冠濃厚の空気を覆す激走穴馬情報!昨年15番人気3着ドゥーラに続く意外な穴馬とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”