GJ > 競馬ニュース > 【オークス(G1)展望】
NEW

【オークス(G1)展望】桜花賞馬ステレンボッシュの二冠阻止は「不完全燃焼」武豊か、「計画通り」川田将雅か。混戦の牝馬クラシック第2章が開幕!

ステレンボッシュ 撮影:Ruriko.I
ステレンボッシュ 撮影:Ruriko.I

桜花賞馬ステレンボッシュ中心も、虎視眈々のライバルたち

 19日、東京競馬場では優駿牝馬、通称オークス(G1)が芝2400mを舞台に開催される。2022年のスターズオンアース、23年のリバティアイランドに続き、3年連続の“二冠牝馬”誕生なるかに注目が集まる。

 今年の3歳牝馬は、アスコリピチェーノが常にその中心にいた。昨年の阪神ジュベナイルF(G1)を無傷の3連勝で制覇。ぶっつけ本番で臨んだ桜花賞(G1)でも1番人気に支持された。

 ところが、4連勝を懸けた牝馬クラシック初戦で2着に惜敗。その後はオークスではなく、適距離のNHKマイルC(G1)へと矛先を向けた(結果は2着)。

 そのアスコリピチェーノに桜花賞で初黒星をつけたのがステレンボッシュ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 昨夏の札幌で初陣Vを飾ったエピファネイア産駒は、2戦目のサフラン賞(2歳1勝クラス)でハナ差負けを喫したが、出世レースの赤松賞(2歳1勝クラス)を快勝。2歳女王決定戦へと駒を進めた。

 阪神JFでは赤松賞から中2週のローテーションに加えて、初の関西圏への長距離輸送も伴い、条件は決して易しくなかったが、アスコリピチェーノのクビ差2着に好走。そして前哨戦をスキップして桜花賞に臨んだ。

 同レースでは初コンビのJ.モレイラ騎手を背に2番人気に支持された。スタートでやや遅れ、道中は中団後方からの競馬。馬群で窮屈になる場面もあったが、直線を向いてからはスムーズに進路が開き、早めスパートからライバル勢の追い上げを凌ぎ切った。

 モレイラ騎手は「ちょっとハナに立つのが早すぎたぐらい」と仕掛けのタイミングを振り返りつつ、「最後まで頑張ることができました」と馬の踏ん張りを称賛。最大のライバルが不在となった今回は1強ムードも予想されている。

 ただし、そのモレイラ騎手は同週にブラジルへ帰国するため騎乗不可。新たに戸崎圭太騎手とコンビを結成し、二冠制覇に挑む。

 

桜花賞で不利があった武豊騎手と、オークス狙いの川田将雅騎手

スウィープフィート 撮影:Ruriko.I
スウィープフィート 撮影:Ruriko.I

 ステレンボッシュにとって最大のライバルとなりそうなのが、スウィープフィート(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎)だろう。

 昨年8月のデビューからコンスタントに使われ、すでにキャリアは7戦。デビューから永島まなみ騎手が手綱を取っていたが、5戦1勝と2勝目をなかなか挙げられずにいた。

 ところが、3月のチューリップ賞(G2)で名手・武豊騎手に乗り替わると、一発回答で重賞初制覇。続く桜花賞は6番人気に留まったが、0秒2差の4着と好走している。

 その前走は最後方待機で末脚を温存。直線勝負に懸けたが、馬群をさばきながらややスムーズさを欠いたのも事実。武騎手も「このメンバーでずっと外を回しては苦しいので、内を通ってどこかが空くかと思ったんだけど」と、エンジン全開には至らなかったことを認めている。

 ただ「このメンバーでも十分にやれたし、オークスは楽しみじゃないかな」ともコメント。祖母スイープトウショウからスタミナと爆発力を受け継いでいれば。今回の大舞台で逆転も十分に可能だろう。

クイーンズウォーク 撮影:Ruriko.I
クイーンズウォーク 撮影:Ruriko.I

 3番人気に推された桜花賞で8着に敗れたクイーンズウォーク(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)は、当初からオークスに狙いを定めていたとみられる。

 マイル以下で活躍したグレナディアガーズの半妹ということで、血統的には短距離のイメージだが、デビューから2戦は1800mを走っていた。新馬戦2着後に勝ち上がり、2月のクイーンC(G3)に出走。3戦連続で1番人気に支持されると、4角11番手から直線一気の末脚で差し切りVを収めた。

 しかし、続く桜花賞は中団から直線で伸びを欠いて8着。ただデビューから手綱を取る川田将雅騎手が「これをいい経験にして、次に向かっていくための準備ですね」とコメントしたように、早々と目標をオークスに切り替えていた。

 また陣営も桜花賞前から「(桜花賞よりも)オークス向き」と春の大目標についてコメントしており、今回はメイチの勝負駆けに期待できそうだ。


 同じく桜花賞組からあと2頭の名前を挙げておきたい。

ライトバック 撮影:Ruriko.I
ライトバック 撮影:Ruriko.I

 ライトバック(牝3歳、栗東・茶木太樹厩舎)は、2月のエルフィンS(L)でスウィープフィートに勝利した素質馬で、桜花賞でも4角最後方の18番手から豪脚を繰り出して3着に入った。

 血統的には父が距離万能型のキズナ、母系も姉2頭が中距離で実績を残しており、2400mへの距離延長はプラス材料となりそう。課題の折り合いさえつけば、前走以上の結果を残してもおかしくない。

チェルヴィニア 撮影:Ruriko.I
チェルヴィニア 撮影:Ruriko.I

 チェルヴィニア(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)は、アルテミスS(G3)以来の実戦となった桜花賞で大外枠もこたえたか13着に惨敗。地元の関東圏に戻って本領を発揮したい。

 母のチェッキーノはシンハライトが制した16年オークスでクビ差の惜敗を喫した。8年越しのリベンジを懸けて樫の女王を狙う。

タガノエルピーダ 撮影:Ruriko.I
タガノエルピーダ 撮影:Ruriko.I

 別路線組の中では、昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)で牡馬を相手に3着に食い込んだタガノエルピーダ(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)に熱視線が注がれている。

 今年初戦のチューリップ賞は4着に敗れたが、桜花賞当日の忘れな草賞(L)を完勝して鬱憤を晴らした。新コンビを予定するM.デムーロ騎手は別路線組の馬でオークス2勝(ラヴズオンリーユーとユーバーレーベン)の実績持ち。二度あることは三度あるか。


 この他には前走のフローラS(G2)を快勝し、いまだ牝馬には先着を許していないアドマイヤベル(牝3歳、美浦・加藤征弘厩舎)、粗削りながら前走のフラワーC(G3)で重賞初制覇を飾ったミアネーロ(牝3歳、美浦・林徹厩舎)、未勝利、1勝クラス、スイートピーS(L)と3連勝中のコガネノソラ(牝3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)など桜花賞組と未対戦の馬も軽視は禁物だろう。

 果たして樫の舞台で“主演女優賞”に輝くのは、アパパネ、アーモンドアイを育てた国枝厩舎のステレンボッシュか、それとも他の桜花賞組か、はたまた別路線組か……。牝馬クラシックの第2ラウンドは、19日15時40分に発走時間を迎える。

【オークス(G1)展望】桜花賞馬ステレンボッシュの二冠阻止は「不完全燃焼」武豊か、「計画通り」川田将雅か。混戦の牝馬クラシック第2章が開幕!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も