GJ > 競馬ニュース > 【オークス】石川裕紀人騎手が滑り込みでラストチャンスをゲット!?
NEW

【オークス】石川裕紀人が滑り込みでラストチャンスをゲット!?血統的に距離延長歓迎の穴候補に浮上…カワカミプリンセス、カレンブーケドールに続けるか

【この記事のキーワード】, ,
石川裕紀人騎手 撮影:Ruriko.I
石川裕紀人騎手 撮影:Ruriko.I

 28日に行われた日曜東京メインのスイートピーS(L)は石川裕紀人騎手が騎乗した6番人気コガネノソラ(牝3歳、美浦・菊沢隆徳調教師)が勝利。未勝利戦から3連勝でオークス(G1、5月19日)の優先出走権を手に入れた。

 13頭立てで行われた芝1800mのレース。激しい先行争いを繰り広げたニューステソーロとエマロアが1000m通過57.5秒の激流を作り出した。コガネノソラと石川騎手のコンビは中団後方で折り合いに専念して脚を溜める作戦を採る。最後の直線に入って先に抜け出したニシノティアモ目掛けて追い出されると豪脚を炸裂。メンバー最速となる上がり3ハロン34.1秒を繰り出し、ライバルとの追い比べをクビ差で制した。

 大役を果たした石川騎手はレース後、「実戦での騎乗は初めてだが、厩舎や前走での騎乗者から少しソラを使う面があると聞いていたので、追い出しをぎりぎり我慢した。内容としては満点の競馬ができたと思います」と会心の笑み。コガネノソラを管理する菊沢調教師も「抜け出すと気を抜くところがあるが、騎手も丁寧に乗ってくれた。まだ余裕があったし、距離も大丈夫だと思います」と本番に向けて好感触をつかんだようだ。

 同レースで優勝した昨年のウヴァロヴァイト、一昨年のウインエクレールはレース間隔が詰まることや距離適性を考慮してオークスを回避したが、菊沢調教師は戦前のインタビューでオークスを意識したコメントを出していたため、順調なら出走する見込み。お手馬クリスマスパレードに騎乗した1週前のフローラS(G2)を4着に敗れた石川騎手にとっても、このままコンビ続行なら滑り込みの参戦に期待が持てそうだ。

血統的に距離延長歓迎の穴候補に浮上…

 また血統面での後押しも心強い。コガネノソラは叔母にウインマリリンがおり、父ゴールドシップ×母父ロージズインメイの配合からは、2021年のオークスを優勝したユーバーレーベンもいる。

 トライアルとしては他のステップに分の悪いスイートピーS組だが、2006年のカワカミプリンセスのオークス優勝や19年のカレンブーケドールなど、本番で通用した例はある。距離延長も歓迎できそうなコガネノソラの激走にも注意をしておきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【オークス】石川裕紀人が滑り込みでラストチャンスをゲット!?血統的に距離延長歓迎の穴候補に浮上…カワカミプリンセス、カレンブーケドールに続けるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想