GJ > 競馬ニュース > 【日本ダービー】堀宣行厩舎が「間に合わせた」2本の剣
NEW

【日本ダービー】昨年の覇者・堀宣行厩舎が「間に合わせた」2本の剣。ダノンエアズロックとゴンバデカーブースで描く“逆襲”のシナリオ

東京競馬場 撮影:Ruriko.I
日本ダービーが行われる東京競馬場 撮影:Ruriko.I

昨年のダービートレーナー堀宣行調教師の逆襲?

 一生に一度の晴れ舞台と謳われる日本ダービー(G1、芝2400m)に、19頭が出走登録を予定している。

 ここ10年でダービー3勝を誇る友道康夫厩舎からは無敗の皐月賞馬ジャスティンミラノ、コントレイルで無敗三冠を成し遂げた矢作芳人厩舎からは期待の大物シンエンペラーが登録を予定しているなど、各厩舎の威信がぶつかり合う一戦となりそうだ。

 そんな中、近10年でダービー2勝を誇り、現在調教師リーディング1位と絶好調の堀宣行厩舎からは2頭が出走予定である。ゴンバデカーブースとダノンエアズロックだ。

 いよいよ日本ダービー開催を迎える2024年クラシック戦線だが、最初に主役に躍り出たのが堀厩舎だった。

 昨年10月に開催されたサウジアラビアロイヤルC(G3)には、例年通り評判馬が集結した。2015年の創設からダノンプレミアム、グランアレグリア、サリオス、ドルチェモアなどが勝ち馬に名を連ねるなど、勝利がそのままG1制覇へ直結する出世レースを制したのが堀厩舎のゴンバデカーブース。それも先日のNHKマイルC(G1)で3番人気に推された強豪ボンドガールに2馬身差をつける完勝だった。

 さらに同月に行われるアイビーS(L)も近10年の勝ち馬にソウルスターリング、クロノジェネシス、ドウデュースらが名を連ねる出世レースとして有名だ。昨年は後に牝馬として史上初のホープフルS(G1)制覇を成し遂げるレガレイラの登場が話題になったが、そんな未来の女傑を寄せ付けなかったのが、堀厩舎のダノンエアズロックだ。2番手から上がり3ハロン32.7秒という異次元の末脚を繰り出したのは、一昨年のセレクトセールにて4.5億円で落札された評判馬である。

 超が付く出世レースを制したゴンバデカーブースと、ダノンエアズロック。翌年のクラシックは2本の剣を持つ堀厩舎が席巻する――。そう言っても過言ではないほど、その輝きは強烈だった。

 しかし、アクシデントが起こってしまった。

 デビュー2連勝でサウジアラビアRCを勝ったゴンバデカーブースは、そのまま2歳王者決定戦のホープフルSに矛先を向けたが、本番直前で感冒を発症して出走取消。その後、喉頭蓋エントラップメントという競走能力に関わる病気を発症、手術を余儀なくされた。

 また、デビュー2連勝でアイビーSを制したダノンエアズロックは、翌年の弥生賞ディープインパクト記念(G2)から始動したものの、まさかの7着。陣営も首をかしげる敗戦だったが、レース後に軽度の骨折が判明……。ゴンバデカーブースに続き、ダノンエアズロックもクラシック第1戦の皐月賞(G1)の出走馬に名を連ねることができなかった。

 そんな2頭の風向きが変わったのは今月だ。

堀宣行厩舎が「間に合わせた」2本の剣

ジャスティンミラノ 撮影:Ruriko.I
不動の主役として日本ダービーを迎えるジャスティンミラノ 撮影:Ruriko.I

 軽度の骨折を乗り越え、ダービー出走に最後の望みをかけたダノンエアズロックが4日のプリンシパルS(L)に出走。レース前に堀調教師が「息の方はまだ七、八分程度」と話すなど、前走の弥生賞からわずか2か月と難しい調整を強いられたはずだったが、終わってみれば1馬身1/4差の快勝。ゴール前は流す余裕の勝利で、鞍上のJ.モレイラ騎手も「2400mに延びるのは、さらにいいかも」と早くも本番を見据えている。

 その翌日、ダノンエアズロックの復活に呼応するような力走を見せたのが、NHKマイルC(G1)に出走したゴンバデカーブースだ。昨年のサウジアラビアRC以来、約7か月ぶりのレースがG1という厳しい中、4着に好走。ジャンタルマンタルには完敗だったが、2着アスコリピチェーノとは0.1秒差だった。

 今年の日本ダービーは、無敗の皐月賞馬ジャスティンミラノが不動の主役を務める。その力は誰もが認めるところだが、アクシデントを乗り越えて戦線復帰を果たしたダノンエアズロックとゴンバデカーブースが、上り調子で本番を迎えられることは間違いない。

「まだ格付けは済んでいない」。昨年、タスティエーラで日本ダービーを制した堀厩舎の逆襲がここから幕を開けるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日本ダービー】昨年の覇者・堀宣行厩舎が「間に合わせた」2本の剣。ダノンエアズロックとゴンバデカーブースで描く“逆襲”のシナリオのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”