GJ > 競馬ニュース > 【日本ダービー】打倒ジャスティンミラノに「最大の惑星」が名乗り
NEW

【日本ダービー】「力があるね」「大したもん」田原成貴氏&安藤勝己氏も高評価!打倒ジャスティンミラノに「最大の惑星」が名乗り

 NHKマイルCを優勝したジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I
NHKマイルCを優勝したジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I

 先週末の東京競馬場では、3歳マイル王を決めるNHKマイルC(G1)が開催。ライバルに2馬身半以上の差をつけて快勝したのは2歳王者のジャンタルマンタルだった。

 2着は勝ち馬と人気を分けたアスコリピチェーノ。ケガから復帰したばかりのC.ルメール騎手が手綱を取ったが、勝負どころとなった直線でスムーズさを欠き、消化不良の一戦となった。

打倒ジャスティンミラノに「最大の惑星」が名乗り

 そんな中、アスコリピチェーノから「クビ+クビ」の4着に健闘したのが、J.モレイラ騎手が騎乗した4番人気ゴンバデカーブース(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 同馬は昨年6月の2歳新馬で逃げ切り勝ちを決めると、同10月のサウジアラビアロイヤルC(G3)は4角最後方から直線一気の末脚で完勝。ボンドガールやシュトラウスを子供扱いしたことで、一時は世代最強候補という声も聞かれたほどだ。

 ところがデビュー3連勝を懸けたホープフルS(G1)を感冒のため出走を取り消すと、喉(喉頭蓋エントラップメント)の手術や重度のザ石に見舞われるなど順調さを欠き、クラシック初戦の皐月賞(G1)には間に合わず。

 それでも状態面を見極めながら出否を判断するという状況の中、NHKマイルCに登録をしてきた。しかし、2週前追い切りから3週連続で併せた相手に遅れて入線するなど、本調子とはいえない状態だった。

 レース当日は“マジックマン”ことモレイラ人気もあってか、4番人気に支持されると、道中は外々のちょうど中団9番手を追走。勝負どころの4角手前では鞍上の手が激しく動き、手応えも怪しく映ったのだが……。

「直線を向いてからしぶとく伸びましたね。昨秋のサウジアラビアRCで見せた切れ味こそありませんでしたが、7か月ぶりの実戦で、追い切りの動きもイマイチだったことを踏まえれば十分な内容だったと思います。

鞍上もレース後に『これからさらに成長していってくれると思います』とコメントを残していましたし、次走は大きな上積みに期待できそうです」(競馬誌ライター)

 3戦目で初黒星を喫したとはいえ、ポテンシャルの高さを改めて示したゴンバデカーブース。元JRA騎手の田原成貴氏と安藤勝己氏の2人も同馬を高く評価しているようだ。

ジャスティンミラノに強敵登場か 撮影:Ruriko.I
ジャスティンミラノに強敵登場か 撮影:Ruriko.I

 田原氏はレース後、自身が所属する『東京スポーツ』のYouTube『東スポレースチャンネル』に出演。ゴンバデカーブースについて、「軽視してたんだけど、力はあるね」とコメント。パドックでもやや太目に見えたというが、「それであれだから」と休み明けで余裕のある馬体にもかかわらず速い時計勝負に対応してみせた実力を認めざるを得なかったようだ。

 そして安藤氏もレース後、自身のXに「ローテ思えば大したもん」と高く評価。「次はダービー?良くなってきそうやね」ともポストし、中2週で日本ダービー(G1)に出走してくるようなら面白い存在になるという見方を示した。

 皐月賞前まで主役不在の混沌とした様相を見せていた今年の3歳牡馬路線。ジャスティンミラノが一冠目を奪取し、順当にいけばやや抜けた1番人気に推されることになるだろう。そんなジャスティンミラノにとっては未対戦の強敵が出現する形となった。

 ゴンバデカーブースがダービーに向かうとすれば、中2週のローテーションに加えて一気に800mの距離延長という難題も待ち構える。そして賞金的にも出走が確実とはいえないボーダーライン上。ただ、ゲートインが叶うようなら、打倒ジャスティンミラノの筆頭候補となるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日本ダービー】「力があるね」「大したもん」田原成貴氏&安藤勝己氏も高評価!打倒ジャスティンミラノに「最大の惑星」が名乗りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題