GJ > 競馬ニュース > 「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…
NEW

JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?

JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?の画像1
撮影:Ruriko.I

 ついに世代最強候補の戦列復帰が実現することになりそうだ。

 昨年のホープフルS(G1)は、牡馬を蹴散らした女傑レガレイラが優勝し、レース史上初めて牝馬の勝利という快挙を達成した。

 だが、直前に感冒で取り消したゴンバデカーブース(牡3、美浦・堀宣行厩舎)が、出走していたら、そう簡単に勝たせてはもらえなかったのではないか。

 もちろん、競馬においてタラレバの話をしても詮無き事ではあるが、そう思えるほどデビュー2戦で本馬が披露したパフォーマンスが圧巻だったからである。

 D.レーン騎手を背に昨年6月東京の2歳新馬を逃げ切り勝ちした際は、厩舎の期待通りにデビュー勝ち。鞍上のジャッジも「このまま成長してくれれば、いい馬になりそう」といったよくあるコメントだった。余談ではあるが同レースでは、皐月賞(G1)で2着に入ったコスモキュランダが最下位に敗れていた。

ゴンバデカーブースが見せたG1級パフォーマンス

 ファンの度肝を抜いたのは、2戦目のサウジアラビアロイヤルC(G3)だ。9頭立てで行われた芝1600mのレースで、まずまずのスタートを決めたゴンバデカーブースだったが、初コンビの松山弘平騎手は徐々にポジションを下げていき最後方まで下げてしまった。

 このレースには牝馬で当時世代トップクラスの評価を受けていたボンドガール、次走で東京スポーツ杯2歳S(G2)を優勝するシュトラウスなど、手強いメンバーが揃っていただけに、最後方からの競馬が消極的な騎乗に映ったのも無理はない。

 しかし、最後の直線に入ってゴンバデカーブースは本領を発揮する。

 コーナーワークで外の2頭をパスすると、松山騎手が促しながらゴーサインを出す。前にいたシュトラウスとボンドガールをアッという間にパスすると、手応えに余裕を残したまま先頭でゴール。終わってみれば2着争いを制したボンドガールに2馬身の差をつける圧巻のパフォーマンスを披露したのだ。

 この勝利には松山騎手も「最後方は予想していなかった」と振り返りつつ、「末脚が凄かった」「レースも上手でこれからが楽しみ」と、パートナーの素質に舌を巻いた。順調にいけば、G1戦線で活躍する姿をイメージしたファンも少なくなかっただろう。

JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?の画像2
松山弘平騎手も素質を認めたゴンバデカーブース

「サウジアラビアRCの内容は、『とにかくヤバイ』のひとことでしたね。昨秋の東京開催の芝1600~1800mは超スローからの前残りが頻発していたんです。レガレイラが不覚を取ったアイビーS(L)にしても、1000m通過が63秒1の超スローで脚を余す敗戦。勝ち馬は揃って好位抜け出しばかりでしたから、ただ1頭最後方から突き抜けたゴンバデカーブースがいかに凄かったか分かります。

感冒で取り消したホープフルS後に喉頭蓋エントラップメントが判明したため、やむなく休養しましたが手術も無事成功。予想より早いタイミングで復帰できそうなことは非常に良かった。皐月賞には間に合いませんでしたけど、ジャスティンミラノが頭一つ抜け出した勢力図を塗り替えるだけの実力を持っていると思います」(競馬記者)

令和のマツクニローテ再現となるか

 先日分かった復帰の時期も、陣営から5月4日のプリンシパルS(L)か5日のNHKマイルC(G1)と発表されたばかり。前者が候補に挙がるということは、おそらくはここをステップに日本ダービー(G1)を視野に入れているはずである。

 また、NHKマイルCに進んだ場合は、かつてこのレースをステップにダービー馬となったキングカメハメハやディープスカイのような「マツクニローテ」が令和でも見られる可能性がありそうだ。

 皐月賞で2着に好走しながらも、コスモキュランダ陣営が好騎乗を見せたJ.モレイラ騎手のコンビ継続にお茶を濁した点も気になる。こちらについては、身元引受調教師である堀厩舎の管理馬だけに水面下で“モレイラ争奪戦”が繰り広げられているかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”