GJ > 競馬ニュース > 【フローラS】「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
NEW

【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り

【この記事のキーワード】, ,

【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲りの画像1

 来週から怒涛の6週連続G1を控える春競馬だが、G1開催のない今週末はちょっとした中休みとなる。

 G1に比べると注目度は下がるものの、日曜京都は安田記念(G1)の重要ステップとなるマイラーズC(G2)、日曜東京はオークス(G1)のトライアル・フローラS(G2)がそれぞれ開催。前者はセリフォス、ソウルラッシュの出走で平穏決着ムードが濃厚だが、馬券的な妙味で魅力があるのは、どの馬が勝っても驚けない後者だ。

 18日現在、『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズによると、下馬評はアドマイヤベル、バロネッサ、クリスマスパレード、カニキュルの4頭に人気が集中しているようだが、あえて狙ってみたいのは10番人気想定のマルコタージュ(牝3、美浦・小島茂之厩舎)である。

秋華賞で1000万馬券を演出した母を持つ注目馬

 馬名と小島茂之調教師で察しが付くかもしれないが、本馬の母は現役時代に2008年の秋華賞(G1)で大波乱を演出したプロヴィナージュ。当初、出走決定順で19番目だったのだが、上位1頭が故障で回避したことにより繰り上がりで出走が可能となった。

 しかし、プロヴィナージュの好走がダートに偏っており、調教師も出走を明言していなかったこともあって、次位にいたポルトフィーノの出走を期待する声が多かった。

 というのもポルトフィーノは、父クロフネに母エアグルーヴ、半姉がエリザベス女王杯(G1)を連覇したアドマイヤグルーヴという超良血馬。鞍上に武豊騎手を予定し、早くから出走を表明していた相手だったからだ。

 それだけに、芝の好走歴もなくダート馬と考えられていたプロヴィナージュ陣営が、最終的に出走を決断した結果、もし出走していれば上位人気の支持をほぼ約束されたであろうポルトフィーノの除外は、小島茂調教師に対する批判の声として降りかかった。

「陣営は定められたルールに則って出走した訳ですが、除外された相手が武豊騎手の超良血馬だったことも大きく影響しました。過去にも2001年の天皇賞・秋(G1)にアグネスデジタルが出走した関係でクロフネが出られなくなった際にも、似たような批判がありましたが、見事優勝することで雑音を封じた事例もあります。

ただ個人的な印象ではありますが、こういうときってなぜか空気を読めと言われた側が好走するケースも印象に残っています。当時の秋華賞にしても優勝したのは僚馬のブラックエンブレムでプロヴィナージュも3着に食い込んで大波乱を演出。結果的に2頭出しの馬が1着3着に入った小島茂調教師の英断といえるでしょう」(競馬記者)

 秋華賞の出走が叶わなかったポルトフィーノは、同日の準メインを制したのちにエリザベス女王杯(G1)へ出走したものの、スタート直後につまずいて武豊騎手が落馬するアクシデントも発生。カラ馬のまま先頭でゴールし、“幻のエリザベス女王杯馬”となった。

【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲りの画像2
東京を得意とする菅原明良騎手

 母プロヴィナージュにそんなエピソードのあるマルコタージュだが、人気がないといっても侮れない実力も秘めている。10番人気で8着に敗れた前走のフラワーC(G3)は、スタートで出遅れた上に勝負どころで外を回らされる不利な展開。先行力と粘り腰が武器の本馬にとって実力を発揮できないまま凡走した。

 今回はデビュー戦で快勝した東京コースに戻るのも好都合。杉原誠人騎手から東京で抜群の成績を残す東京巧者の菅原明良騎手へと乗り替わるのも魅力だ。16番人気で3着に入り、3連単の払戻で1000万馬券を演出した母に続きたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”