GJ > 競馬ニュース > 「伝説の新馬戦」でネオユニヴァースとスペシャルウィークの産駒が激突
NEW

「伝説の新馬戦」でネオユニヴァースとスペシャルウィークの産駒が激突!3着馬は現役最強牝馬、遅れてきたダンスインザダーク産駒は菊で大輪【競馬クロニクル 第59回】

【この記事のキーワード】, ,
【競馬クロニクル】
【競馬クロニクル】

 日本ダービー(G1)が終わってひと区切りついて……という心持を味わっていた時代も今や昔。2012年からはダービーの翌週から2歳戦がスタートするようになり、厩舎関係者もまったく息つく暇がない、「ダービーからダービーへ」というシームレスな競馬の連環が出来上がっている。

 クラシックを狙うような良血馬、高いポテンシャルを示す素質馬のデビュー時期はどんどん早くなり、6月の東京・京都開催や、夏のローカル開催のうちにまず1勝を挙げたら、牧場へ戻して再度成長を促すという育成パターンも当たり前になってきた。

のちのG1馬3頭が一堂に会した伝説の新馬戦

 さて、あらためて年々注目度が高くなる新馬戦だが、その中においても、特に『伝説の新馬戦』と呼ばれるレースがあることは、ベテランのファンならば耳にしたことがあるだろう。それは2008年10月26日、京都の芝1800m(雨・良)を舞台に行われたものだ。

 上位人気の馬を順に挙げていく。

1番人気 ブエナビスタ(2.3倍)
2番人気 リーチザクラウン(2.7倍)
3番人気 アンライバルド(7.6倍)

 ブエナビスタ(牝、栗東・松田博資厩舎)は、父がG1レース4勝のスペシャルウィーク、母が阪神3歳牝馬S(G1、現・阪神ジュベナイルF)を制したビワハイジで、半兄にアドマイヤジャパン(父サンデーサイレンス)、アドマイヤオーラ(父アグネスタキオン)という重賞勝ち馬を持つ良血馬である。リーチザクラウン(牡、栗東・橋口弘次郎厩舎)も同じスペシャルウィーク産駒で、オーナーは父の所有者でもあった臼田浩義氏ということでも注目を浴びた。アンライバルド(牡、栗東・友道康夫厩舎)は、父が春季クラシック二冠のネオユニヴァースで、母はバレークイーン。つまり、1996年の日本ダービーをデビュー3戦目にして制して“和製ラムタラ”と呼ばれたフサイチコンコルド(父Caerleon)の半弟という良血だった。

 11頭立てのレースはアンライバルドが先行し、リーチザクラウンが7番手、ブエナビスタは後方の9番手を進む。2歳の中距離戦で想像を超えるようなスローペースになるのはよくあることだが、このレースもご多聞に漏れず1000mの通過ラップが64秒5と極端に遅い流れになり、中団以降に位置を取った馬にはかなりの不利となった。結果、前目を進んだアンライバルドが早めに抜け出し先頭に躍り出て勝負を決め、リーチザクラウンとブエナビスタも終いは伸びたものの、それぞれ2、3着に敗れたのだった。

 アンライバルドはその後、京都2歳S(当時OP)の3着を経て、若駒S(当時OP)、スプリングS(G2)を制すると、3連勝で皐月賞(G1)を戴冠。友道調教師にとって初のクラシック制覇となった。

 ブエナビスタのその後の活躍は“牝馬の時代”の先駆として、特別に華やかなものとなった。母に続いて阪神JFを制すると、翌年には桜花賞(G1)、オークス(G1)と牝馬クラシック二冠を達成。それだけではなく、2010年にはヴィクトリアマイル(G1)と天皇賞・秋(G1)で優勝し、2011年には前年に1位入線・2着降着となったジャパンC(G1)でリベンジを果たし、生涯成績でG1レース6勝を挙げる偉大な名牝となった。

 リーチザクラウンは、きさらぎ賞(G3)を制し、日本ダービーで2着に食い込んだが、その後の勝ち鞍は2010年のマイラーズC(G2)のみで、G1タイトルには手が届かなかった。

遅れてきた大物は菊花賞で大輪の花を咲かせた

 3着までの説明は以上となるが、この新馬戦の面白みは、オッズ49.7倍の8番人気で出走して4着と、地味な結果に終わった馬までのちに大出世するところにもある。その馬は、父に菊花賞馬ダンスインザダークを持つスリーロールス(牡、栗東・武宏平厩舎)である。

 スリーロールスが初勝利を挙げたのは3戦目のこと。その後も苦戦を強いられて4連敗を喫し、3歳5月にようやく500万下(現・1勝クラス)を勝ち、さらに5着をはさんで、9月の1000万下(現・2勝クラス)の野分特別で3勝目を挙げた。そして、収得賞金順で7分の6の抽選をくぐり抜けて菊花賞で初のG1出走を果たした遅咲きのステイヤーは、ターフビジョンに驚いて大きく斜行し、フォゲッタブル、リーチザクラウンに先を譲るピンチもあったが、ラスト100mで勝負根性を見せてフォゲッタブルと馬体を並べてゴール。写真判定の末、ハナ差で勝利を手繰り寄せていた。オッズ19.2倍、単勝8番人気での勝利だった。

 同じ新馬戦でデビューし、そのうち3頭がクラシックホースとなったのは、これが史上初のこと。加えて日本ダービーで2着に入ったリーチザクラウンまで名を連ねていたのだから、より貴重さは増そうというもの。『伝説の新馬戦』と呼ばれるのも納得のレアケース(レース?)である。

※所属厩舎は当時のもの。

三好達彦

三好達彦

1962年生まれ。ライター&編集者。旅行誌、婦人誌の編集部を経たのち、競馬好きが高じてJRA発行の競馬総合月刊誌『優駿』の編集スタッフに加わり、約20年間携わった。偏愛した馬はオグリキャップ、ホクトヘリオス、テイエムオペラオー。サッカー観戦も趣味で、FC東京のファンでもある。

「伝説の新馬戦」でネオユニヴァースとスペシャルウィークの産駒が激突!3着馬は現役最強牝馬、遅れてきたダンスインザダーク産駒は菊で大輪【競馬クロニクル 第59回】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り