GJ > 競馬ニュース > ブラックブロッサム復活Vに「もっと上を目指せる馬」
NEW

「中99週」ブラックブロッサム復活Vに「もっと上を目指せる馬」!過去にそれ以上のロングシュート決めた馬も

【この記事のキーワード】,
イクイノックスは同世代 撮影:Ruriko.I
イクイノックスは同世代 撮影:Ruriko.I

 近年はノーザンファーム天栄やノーザンファームしがらきなど外厩施設の充実もあって、“休み明け”や“ぶっつけ本番”というワードも、以前ほどネガティブな意味合いで受け取られなくなりつつある。

 それでも1年以上の長期休養を挟んでいきなり勝利する馬は今もレア。骨折や屈腱炎など何かしらのアクシデントがあって、休まざるを得なかったケースも多いからだ。

 それだけに近年まれに見る長期ブランクを克服したブラックブロッサム(牡5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が、先週土曜(15日)の京都競馬で久々の勝利を挙げたことには価値がある。

ブラックブロッサム復活Vに「もっと上を目指せる馬」

 キタサンブラックの初年度産駒として、3歳時の22年1月にデビューVを飾ると、2戦目の大寒桜賞(3歳1勝クラス)は8馬身差で勝利。一躍クラシックの有力候補に名乗りを上げた。

 日本ダービー(G1)も見据えて出走した3戦目の京都新聞杯(G2)こそ5着に敗れたが、一息入れて迎えた4戦目の信夫山特別(2勝クラス)を完勝。順調なら菊花賞(G1)でも上位人気の一角を担っているはずだった。

 ところが菊花賞を前に屈腱炎を発症し戦線離脱。再起を誓って北海道に戻ったものの、回復には想像以上の時間を要した。

 そして迎えた15日の保津峡S(3勝クラス)は、前走から1年11か月ぶりの実戦。競馬ファンになじみのある言い方をすると、「中99週」での出走だった。

 クラシック候補とまで呼ばれた素質馬とはいえ、2年近くも実戦から遠ざかっていれば半信半疑のファンも多かったはずだ。ところが、目の肥えたファンはブラックブロッサムを単勝4.5倍の2番人気に支持した。

 初コンビの団野大成騎手を背にブラックブロッサムは五分のスタートを切ると、行き脚もついた様子でスムーズに2番手の好位を確保。道中の折り合いもしっかりとついて、3コーナーの坂の下りからロングスパートを開始すると楽な手応えで早め先頭へ。最後の直線では内から必死に抵抗するマコトヴェリーキーの追撃をクビ差で凌ぎ切った。

「今日は無事に復帰して結果を出せて良かったです」

 レース後、団野騎手はそう話し胸を撫で下ろすとともに、「もっと上を目指せる馬ですし、それくらいの器です」と強気な発言。あっさりとオープン入りを決め、5戦4勝とした自厩舎の好素材を高く評価した。今後の重賞路線でも勝ち負けが期待できそうな内容だったといえるだろう。

過去にはブラックブロッサム以上のブランクを克服した馬も

 1986年以降、中99週以上の休み明けで勝利したのはブラックブロッサムが25頭目だったが、その中で最長ブランク勝利を飾ったのが、1993年に中144週で500万下(現1勝クラス)を制したタマビッグホープという馬である。

 同馬は3歳1月のデビュー戦から約半年間で10戦したが、1勝にとどまっていた。3歳の夏から長期休養に入り、ようやく復帰を果たしたのが6歳となった5月。休養前から3年近い時間が流れていた。

 しかし、藤田伸二騎手(当時)を背に復帰戦をあっさりと制し、2勝目をゲットすると、そこから約7か月間で10戦5勝の好成績を残しオープン入りを果たした。結局オープン入りした後は勝利を挙げられなかったが、3年近いブランク後に8000万円近い賞金を稼いだ馬主孝行な馬でもあった。

 ただタマビッグホープを含めてブラックブロッサム以前の24頭は、復帰後に重賞タイトルを手にした馬は皆無。そういう意味でもブラックブロッサムには重賞勝利の期待をかけたいところ。イクイノックスやドウデュースと同世代の遅れてきた大器の今後には要注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「中99週」ブラックブロッサム復活Vに「もっと上を目指せる馬」!過去にそれ以上のロングシュート決めた馬ものページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に