GJ > 競馬ニュース > 永島まなみ、不完全燃焼のリベンジへ
NEW

永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え

【この記事のキーワード】, ,
今年のマーメイドSを勝った永島まなみ騎手 撮影:Ruriko.I
今年のマーメイドSを勝った永島まなみ騎手 撮影:Ruriko.I

 宝塚記念(G1)も無事に終わり、3月24日の高松宮記念(G1)から始まった春のG1シリーズもすべて終了。今年の中央競馬は早くも後半戦へと突入していく。

 上半期のトピックスの1つといえば、デビュー4年目の永島まなみ騎手が初重賞勝利を挙げたことだろう。

 今月16日のマーメイドS(G3)で初コンビを組んだアリスヴェリテと大逃げを打つと、そのまま後続に2馬身差の押し切り勝ち。JRA所属の女性騎手としては藤田菜七子騎手、今村聖奈騎手に続く3人目の快挙となった。

 レース後の永島騎手は「めちゃくちゃ嬉しかったです」と話し、祝福のメッセージもLINEに120件ほど届いたそうだ。重賞を1つ勝ったことで「より大きな舞台で勝ちたいと思った」と、決意をまた新たにしている。これから始まる本格的な夏競馬でも目が離せない存在となりそうだ。

 そんな永島騎手は30日、小倉競馬場で行われる北九州記念(G3)にトゥラヴェスーラ(牡9歳、栗東・高橋康之厩舎)とのコンビで臨む予定だ。

G1馬アストンマーチャンの近親と北九州記念へ

 同馬は2007年のスプリンターズS(G1)を勝ったアストンマーチャンの近親にあたる良血。ここまで重賞勝ちこそないものの、昨年の高松宮記念ではわずか0秒2差の3着に好走した。いつタイトルに手が届いても不思議ではない実力馬の1頭である。

 1週前追い切りでは栗東の坂路で4ハロン51秒7の好タイムをマーク。今年で9歳を迎えているが、衰えは感じられない。跨った永島騎手も「しまいまでしっかり動けていた」と好感触を掴んだようで「自厩舎の馬ですし頑張りたいです」とレースに向けて気合十分だ。

 また、永島騎手はトゥラヴェスーラに1月のシルクロードS(G3)から継続騎乗となる。その前走は9番人気6着。人気を上回る着順に持ってきているだけに、決して悪くない結果に見える。

 しかし、レースは16番枠のスタートから終始外々を走らされる厳しい展開。トゥラヴェスーラは先述の高松宮記念で最内を強襲し3着に好走している。馬込みと荒れた馬場を苦にしないタイプだが、結局一度も内に潜り込めずに敗れると、永島騎手は「外枠でうまくインに入れず、もったいなかった」「枠の差だったと思います」とレース後に悔しさを滲ませていた。

 それから約5ヶ月。北九州記念で再び回ってきた手綱は、不完全燃焼に終わったシルクロードSのリベンジマッチにもなってきそうだ。

 先述の藤田騎手と今村騎手が手にしている中央の重賞タイトルは1つのみ。2勝以上挙げたJRA女性騎手は存在しない。新たな金字塔へ、永島騎手がトゥラヴェスーラとともに挑む。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超えのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に