GJ > 競馬ニュース > 「前代未聞級」武豊×キーファーズの新馬がデビューへ
NEW

アーモンドアイにコントレイル、ウオッカなど名馬に共通点?「前代未聞級」武豊×キーファーズの2歳新馬がデビュー間近

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 春のグランプリ・宝塚記念(G1)で1番人気に応えられず、6着に敗れたドウデュースと武豊騎手のコンビ。降りしきる雨の中、最後の直線は内を突いたが、自慢の豪脚は鳴りを潜めた。

 3月に行われたドバイターフ(G1)に続き、今春は1番人気で2連敗。ドウデュースを所有するキーファーズと武豊騎手のコンビも、昨年の有馬記念(G1)を最後に白星から遠ざかっている。

 これから始まる後半戦で巻き返しが期待される中、すでに武豊騎手の手綱でデビューが内定しているキーファーズ期待の新馬がいる。それがイフウドウドウ(牡2歳、栗東・角田晃一厩舎)である。

 同馬は新種牡馬ルヴァンスレーヴの産駒。近親には重賞ウイナーのメイケイペガスターやモエレソーブラッズ、桜花賞(G1)まで駒を進めたペニーホイッスルなどがいる血統。先月9日にはゲート試験も無事にクリアした。

 ソエが出たため一旦放牧に出されていたが、すでに帰厩済み。『キーファーズサロン』に「札幌の初日1700ダートで豊さんで予定します」という角田師のコメントも掲載されているように、来月20日の札幌5Rが初陣となる見込みだ。

武豊×キーファーズのイフウドウドウは「前代未聞級」!?

 また、「佇まいや行いに威厳があり、立派な様子のこと」を意味する四字熟語『威風堂々』が馬名の由来となっているイフウドウドウだが、実は同名の先代が確認できるだけでもすでに4頭おり、本馬が5代目となるのは驚きだ。

「ダービー馬のウオッカや、凱旋門賞(仏G1)で2着に好走したエルコンドルパサー、三冠馬ミスターシービーなどが同名馬の2代目であることは、コアなファンの間では知られるところ。また、近年でもG1・9勝を挙げたアーモンドアイや、無敗の牡馬三冠を達成したコントレイルにも先代がいるということでちょっとした話題となっていましたね。

2016年には名バイプレイヤーとして知られるヒシマサルの3代目が登場したことでも話題となっていましたが、イフウドウドウの5代目というのは私もちょっと耳にしたことがありません」(競馬記者)

 ちなみにこれまでのイフウドウドウは確認できる限り、初代が未出走のまま登録抹消。2代目も中央では勝利を挙げられず引退、3代目は未勝利こそ勝ち上がったものの、その後9連敗で現役を退いた。4代目も中央では障害未勝利の1勝のみに終わっている。

 つまり、“過去のイフウドウドウ”は目立った活躍ができたとは言い難い。レジェンド武豊騎手とともにデビューを予定する5代目は、出世頭と呼ばれるような成績を残すことができるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

アーモンドアイにコントレイル、ウオッカなど名馬に共通点?「前代未聞級」武豊×キーファーズの2歳新馬がデビュー間近のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も