GJ > 競馬ニュース > キタサンブラック産駒「3.4億円ホース」は遅咲きの典型?
NEW

安藤勝己×岡田牧雄両氏が「辛口」ジャッジ!? 今週末デビューするキタサンブラック産駒「3.4億円ホース」は遅咲きの典型?

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 現役時代にG1を7勝し、種牡馬としてもイクイノックスとソールオリエンスという2頭のG1馬を輩出したキタサンブラック。他にもウィルソンテソーロやガイアフォースなど産駒の活躍は枚挙にいとまがない。

 初年度に500万円だった種付け料は、産駒デビュー前に一時300万円に下落したが、今年度は2000万円に急騰。直仔のイクイノックスと並び国内では最高額となっている。

 そんなキタサンブラックの新たな怪物候補と噂される2歳馬が今週末にデビューを迎える。

 日曜小倉の5R・2歳新馬(芝1800m)に出走を予定しているダノンシーマ(牡2歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 2023年セレクトセールの1歳部門にて、3億4100万円(税込)の高額でダノックスの野田順弘オーナーが同馬を落札。大きな期待を背負って、関西の名門・中内田厩舎に入厩した。

 4月に早くもゲート試験に合格。その後はいったん放牧に出されていたが、6月上旬に帰厩すると、坂路を中心に負荷をかけられてきた。

川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 鞍上には中内田厩舎にとって最強パートナーでもある川田将雅騎手を確保。他に将来有望なライバル数頭も出走を予定しているが、おそらくダノンシーマがやや抜けた1番人気に支持されるだろう。

 ただ陣営は『スポーツニッポン』の取材に対し、「この時期の2歳らしく、まだ頼りないところはある」(福永助手)と、トーンはやや控えめ。乗り込み量、追い切り時計ともに期待を抱かせる内容とはいえ、未知な部分がある点は否めない。

安藤勝己×岡田牧雄両氏が「辛口」ジャッジ!?

 さらに不安を駆り立てるのが、2人のホースマンがダノンシーマの“馬体”に懐疑的な見方を示していたことである。

 今年春に発売された『天才!のPOG』(メディアボーイ)、通称“青本”に詳細が記載されているので、気になる方はぜひ書店で手に取っていただきたい。

 POG(ペーパーオーナーゲーム)ファンにお馴染み、青本の名物コーナーの一つが、元JRA騎手の安藤勝己氏と、岡田スタッド代表の岡田牧雄氏の2人による馬体診断である。2人は血統情報がない状態で、社台グループの2歳馬131頭の馬体を見て、馬の良しあしをジャッジ。131頭のうちの1頭がダノンシーマだった。

 安藤氏と岡田氏は、ダノンシーマの馬体を見て、バランス自体は良好という共通の見解を示した。ただその一方で、安藤氏は「もう少し力強さが欲しい」、岡田氏も「現時点では細身でちょっと頼りなさげ」と、ともに馬体のボリューム感などには物足りなさを感じた様子。安藤氏は「キタサンブラックは基本的に晩成やけど、これもその典型やろな」と、POG向きではないという意見も披露している。

「この原稿が書かれたのが3月末なので、その後の3か月間で急成長を遂げた可能性もあるとは思いますが、この時期にいきなりエンジン全開で走れるかどうかといわれると疑問符が付きます。

間違いなく将来は重賞戦線で走ってくる素材だとは思いますが、プロの2人が厳しいジャッジをしているだけに過剰人気になるようなら嫌ってみるのもありかもしれません」(競馬記者)

 キタサンブラックの代表産駒、イクイノックスも本格化したのは古馬になってからだったが、2歳時も素質だけで他馬を置き去りにする強さを見せていた。ダノンシーマもあっさりと初陣を飾るようなら、世代の主役候補に名乗りを上げてもおかしくない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

安藤勝己×岡田牧雄両氏が「辛口」ジャッジ!? 今週末デビューするキタサンブラック産駒「3.4億円ホース」は遅咲きの典型?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に