GJ > 競馬ニュース > 「億超え0頭」の冷遇から1年で大逆転!?
NEW

セレクトセール「億超え0頭」の冷遇から1年で大逆転!? イクイノックスに、ソールオリエンス登場…昨年のキタサンブラック「バブル」は幻想か、本物か

イクイノックス
キタサンブラック人気の象徴となったイクイノックス

キタサンバブルに沸いた昨年のセレクトセール

 初日のインクルードベティの2022が3億1000万円、アイムオールレディセクシーの2022が2億9000万円、ダイヤモンドディーバの2022が1億7000万円、2日目もファディラーの2023が3億8000万円、キラーグレイシスの2023が3億2000万円、ウォークロニクルの2023が2億9000万円――。

 種牡馬として一時代を築いたディープインパクトの産駒ではない。昨年のセレクトセールにおける「キタサンブラック産駒」の落札価格である。

 他にもアメージングムーンの2023が1億9000万円、エントロピアの2023が1億4500万円、ダンダラの2023が1億1000万円などなど、1億超えがリーズナブルに見える錯覚を起こすほど、昨年のセレクトセール2023におけるキタサンブラックの存在感、そしてその人気ぶりは他を圧倒するものだった。

 ちなみに昨年のセレクトセールでキタサンブラックは合計21頭が上場され、その約半数にあたる9頭が億超え。平均落札価格は軽く1億円を超えている。

 無論、その背景には明確な理由がある。

 2023年7月といえば、キタサンブラック産駒のイクイノックスがドバイシーマクラシック(G1)のパフォーマンスが世界1位に認定され、前月の宝塚記念(G1)で凱旋勝利を飾ったばかり。さらに春のクラシックではソールオリエンスが皐月賞(G1)を勝利して日本ダービー(G1)でも2着と世代を牽引する活躍を見せるなど、キタサンブラックは新たな大物種牡馬として競馬界を席巻していた。

ソールオリエンス
バイヤーを後押しする”二の手”となったソールオリエンス

だって、億超えすらいなかったんですよ?(笑)

 一方で、前年のイクイノックスの活躍もあって、その種付料は前年500万円から1000万円に倍増。種付料は当然、セールのリザーブ価格にも大きく影響するが、この春さらに倍増の2000万円に到達した通り、セレクトセールに参加したバイヤーたちにとっては、まさに「キタサンブラック産駒を買うなら、今」というタイミングだったのだ。当時を知る記者が語る。

「正直、キタサンブラックの高騰ぶりには驚きました。もちろんイクイノックスやソールオリエンスの活躍もあって人気になることはわかっていましたが、まさかここまで『買い』が集中するとは。だって、前年のキタサンブラックは億超えすらいなかったんですよ?(笑)」(競馬記者)

 記者が話す通り、前年のセレクトセール2022におけるキタサンブラック産駒は合計10頭が上場されたものの、億超えはゼロ。最高落札額はランドオーバーシーの2021の8200万円であり、5000万円以下に終わる産駒も目立つなど厳しいものだった。

「まるで『キタサンバブル』とでも言えばよいのでしょうか。当時の種付料No.1として期待されていたエピファネイア産駒の不振なども重なったと思いますが、昨年のセレクトセールのキタサンブラックは、ちょっと異常な人気でぶりしたね。これが冷静な評価であればいいんですが……」(同)

 ちなみに先述したランドオーバーシーの2021は里見治オーナーが落札し、今ではサトノエピックとして今春のユニコーンS(G3)、東京ダービー(G1)で2着するなど、その期待に違わぬ活躍を見せている。

 果たして、綺羅星のごとく億超えを連発したキタサンブラック産駒たちは当たりか、ハズレか。今週末には昨年のセレクトセール1歳において、その日の最高額タイとなる3億100万円で落札されたインクルードベティの2022ことダノンシーマ(牡2歳、栗東・中内田充正厩舎)がデビュー戦を迎える。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

セレクトセール「億超え0頭」の冷遇から1年で大逆転!? イクイノックスに、ソールオリエンス登場…昨年のキタサンブラック「バブル」は幻想か、本物かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?