GJ > 競馬ニュース > 4馬身差の大楽勝「知らないでは済まされない」存在に?
NEW

M.デムーロ「単勝1.3倍」4馬身差の大楽勝で連敗街道脱出! パートナーは「知らないでは済まされない」存在に?

【この記事のキーワード】, ,
約1ヶ月ぶりの勝利を挙げたM.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I
約1ヶ月ぶりの勝利を挙げたM.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 6日、福島競馬場の10Rに行われた猪苗代特別(2勝クラス)は、1番人気シランケド(牝4歳、栗東・牧浦充徳厩舎)とM.デムーロ騎手のコンビが単勝1.3倍の期待に応えて優勝した。

 芝2000m、8頭立ての一戦。スタートしてダッシュがついたシランケドは、そのままハナも奪えそうな勢い。しかしデムーロ騎手が手綱を抑えて先手を譲ると、道中は離れた2番手をスムーズに追走する。

 3コーナー手前から先頭との差を詰めていき、4コーナーでは持ったままの手応えで早くも先頭に躍り出る。最後の直線も気合をつける程度だったが、それでも後続に4馬身差の大楽勝だった。

「初めてハナに立つ競馬で2着に敗れた前走は、牧浦師によると少々戸惑いもあったとのこと。今回も先手を取れそうな勢いでしたが、番手に控えたことは鞍上のファインプレーだったと思います。そのデムーロ騎手もここ1ヶ月ほど勝ち星から見放されていましたが、これが42戦ぶりの白星となりました。

また、今回が約3ヶ月ぶりの一戦だったシランケドもさらにパワーアップしていましたね。2着レディベルに騎乗していた内田博幸騎手も『相手が強かったです』とお手上げといった様子でした。もはや知らないでは済まされない存在になってきたと思われます(笑)」(競馬記者)

秋には重賞戦線でも期待?シランケド

 今からおよそ1年前の未勝利戦で、単勝万馬券の低評価を覆して勝ち上がったシランケド。中京の芝1400mで4角16番手から差し切る豪快な勝ちっぷりだったが、当時はまだ珍名馬の1頭に過ぎなかったといえるだろう。

 ただ、秋華賞トライアルの紫苑S(G2)でも僅差の3着に好走し、優先出走権を獲得。その実力が確かであることを示し始める。体調が整わずに惜しくも本番は回避となったが、仕切り直しとなった自己条件を5馬身差で大楽勝。今回の2勝クラスも4馬身差の横綱相撲で突破した。

 レース後にはSNSやネット掲示板でも「なんかシランケド強かった」「シランケド前走からデムーロ騎手が乗って馬が変わった気がする」「複勝当たったけど元返しか……知らんけど」「重賞でも勝負になりそう」「このまま順調に勝ち上がって秋のエリザベス女王杯(G1)で見たい」といった期待を寄せるコメントが多数寄せられていた。

 前走からシランケドとコンビを組んでいるデムーロ騎手もレース後、「強い競馬で勝ってくれました」と、人気に応えたパートナーの走りを褒め称えている。

 ちなみに、デムーロ騎手はシランケドと同じオーナーが所有するオープン馬・エエヤンの主戦も務めている。果たしてエエヤン、シランケドの2頭と今秋を賑わせることとなるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

M.デムーロ「単勝1.3倍」4馬身差の大楽勝で連敗街道脱出! パートナーは「知らないでは済まされない」存在に?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も