GJ > 競馬ニュース > G1ジョッキーも「自然の力」には逆らえず!?
NEW

G1ジョッキーも「自然の力」には逆らえず!? 天皇賞・春(G1)制覇を“密かにアシスト”大先輩との久々タッグはお預け

【この記事のキーワード】, ,
7日の小倉3Rで乗り替わりとなった菱田裕二騎手 撮影:Ruriko.I
7日の小倉3Rで乗り替わりとなった菱田裕二騎手 撮影:Ruriko.I

 先週末の競馬開催で最も疲労が蓄積したのはこのジョッキーかもしれない――。13年目、31歳の中堅、菱田裕二騎手だ。

 菱田騎手は6日の函館競馬で全12レースに騎乗。2~3Rを連勝し、今年の勝ち鞍を19に伸ばしていた。

 7日の小倉競馬ではメインのプロキオンS(G3)にハピとのコンビで参戦。ヤマニンウルスに次ぐ2番人気に支持されたが4着に敗れ、前走・平安S(G3)2着の借りを返せなかった。

 この日の菱田騎手は他にも8R・1勝クラスと10R・耶馬渓特別(2勝クラス)の計3鞍に騎乗。4番人気のゼンノツキヨミで臨んだ8Rは2着に食い込む活躍も見せた。

 ただ、この日の菱田騎手はもともと計4鞍に騎乗することになっていた。

 幻の一鞍となったのが3Rの3歳未勝利戦(芝2600m)。メイショウアンゾフ(牡3歳、栗東・四位洋文厩舎)と初コンビを組む予定だったが、当日の早朝になってJRAが坂井瑠星騎手への乗り替わりを発表していた。

 8R以降は予定通りに騎乗した菱田騎手だが、3Rでいったい何があったのか?

「JRAからは『事故』と発表がありましたが、厳密には函館から小倉へ予定通り移動できなかったためです。羽田空港で落雷があった影響で予約していた便が欠航。土曜は北海道で足止めを食らってしまったようですね」(競馬記者)

 幸い日曜には天候も回復。午後のレースには間に合ったが、3Rが行われていた頃はまだ小倉へ移動中だったのかもしれない。

四位洋文厩舎と久々タッグはお預けに

 初コンビはお預けとなったメイショウアンゾフだが、デビューからダートでいいところなく3連敗中だった馬。今回が初の芝で変わり身が期待されたが、9番人気で9着に敗れている。結果的に菱田騎手が騎乗していても、厳しい結果に終わっていた可能性が高いが、是が非でも乗りたかったはずだ。

 その理由は、同馬が四位厩舎の管理馬だからである。今年の天皇賞・春(G1)をテーオーロイヤルとのコンビで制した菱田騎手だが、G1初勝利の陰には四位調教師の存在もあったという。

 詳しくは『中山馬主協会』のホームページに連載中の『キャプテン渡辺の WINNER’S CIRCLE』というインタビュー記事に掲載されているが、菱田騎手はデビューから京都コースの外回り、特に3コーナーから4コーナーにかけて苦手意識を持っていたようだ。

 そこで、騎手として大先輩の四位師に自らアドバイスを求めると、騎手を引退後4年以上が経っているにもかかわらず「向正面から3コーナーにかけての上り。そこからの急な下り。4コーナーの回り方……ひとつ、ひとつ、細かく、丁寧に教えていただきました」という。

 そんな背景もあって、2022年11月を最後に1年8か月も遠ざかっていた四位師からの騎乗依頼には菱田騎手も意気に感じていたはず。2か月前の恩返しを果たしたかったところだが、今回は自然の力には逆らえなかったようだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

G1ジョッキーも「自然の力」には逆らえず!? 天皇賞・春(G1)制覇を“密かにアシスト”大先輩との久々タッグはお預けのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体