GJ > 競馬ニュース > キズナ産駒が思わぬ低空飛行!?
NEW

キズナ産駒が思わぬ低空飛行!? ジャスティンミラノ輩出も初日は億超えゼロ…大好評のライバルに「トリプルスコア」の惨敗

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 今年も大盛況で幕を下ろしたセレクトセール。2日間の合計落札総額は289億1800万円となり、過去最高だった昨年の281億4500万円を更新し史上最高額となった。

 中でも目を引いたのがエピファネイア産駒の好調だ。

 エピファネイアといえば、今年の上半期だけで産駒がG1・4勝を挙げる大活躍。中でも日本ダービー(G1)を制したダノンデサイルは、一昨年のセレクトセール出身馬であり、1億3500万円(税抜、以下同)という価格でオーナーのダノックスに落札されていた。

 そんなエピファネイア産駒は、今年もダノンベルーガの半弟となるコーステッドの2023(牡)が3億9000万円で落札されるなど、初日の1歳部門だけで3億円超えが4頭も出現。当歳部門が行われた2日目も、カリーナミアの2024(牡)に3億7000万円の値がつくなど、当歳・1歳を合わせて億超えホースは9頭にも上った。

 2日間で計18頭が取引され、合計落札価格は28億9400万円。1頭あたりの平均落札価格は1億6077万円となった。ノーザンファームの吉田勝己代表も「エピファネイア産駒が凄く良かったと思います」と称賛していた。

 その一方で、思いのほか価格が上がらなかったのがキズナ産駒である。

キズナ産駒が思わぬ低空飛行!?

 キズナも今春は産駒のジャスティンミラノが皐月賞(G1)を優勝。他にもクイーンズウォークやシックスペンス、ジューンテイクが重賞を勝つなど、3歳世代の活躍が非常に目立った。現在はロードカナロアやエピファネイアを抑えて種牡馬リーディングのトップに君臨している。

1着キズナ、2着エピファネイアとなった2013年の日本ダービー
1着キズナ、2着エピファネイアとなった2013年の日本ダービー

 ちなみにキズナとエピファネイアは現役時代の同期であり、2013年の日本ダービーでワンツーフィニッシュを決めたライバル関係にあったことも知られる。2頭の仔であるダノンデサイルとジャスティンミラノも今年のダービーで1、2着となっており、両馬の関係性は種牡馬になってからも続いているといえそうだ。

 そんなリーディング種牡馬キズナの産駒は初日に9頭が上場されたが、最高価格はヴィアフィレンツェの2023(牡)の8200万円にとどまり、億超えは1頭も現れなかった。2日目になって、ようやくモルトアレグロの2024(牡)が1億4500万円、シーウィルレインの2024(牡)が2億1000万円の値をつけたが、2日合わせても億超えホースはこの2頭のみだった。

 2日間の合計落札価格は21頭で13億6600円。1頭あたりの平均落札価格は6504万円となり、1億6077万円だったライバルのエピファネイアとは、実にトリプルスコアに近い差がつく結果となった。

 とはいえ、当然のことながら落札価格が高いからといってその産駒が必ずしも走るわけではない。

 平均落札価格ではライバルに惨敗を喫したキズナ軍団だが、今年のセレクトセールで取引された若駒たちが来年以降、どのように競馬場を盛り上げてくれるか非常に楽しみだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

キズナ産駒が思わぬ低空飛行!? ジャスティンミラノ輩出も初日は億超えゼロ…大好評のライバルに「トリプルスコア」の惨敗のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に