GJ > 競馬ニュース > 【徹底考察】ロードクエスト
NEW

【徹底考察】日本ダービー(G1) ロードクエスト「狙うはNHKマイルCの『再現』。800mの距離延長に対する『可能性』に迫る」

【この記事のキーワード】, ,
load-quest0318.jpgロードクエスト(競馬つらつらより)

『考察』

 NHKマイルC(G1)で勝ったメジャーエンブレムに3/4馬身差まで迫った走りは、まさにロードクエストが復活したと述べて良い内容だった。

 皐月賞で8着に敗れて挑んだNHKマイルC。道中は腹を括って、後方16番手からの競馬。最後の直線に入ると迷わず大外に持ち出し、最後はメンバー最速の上がり3ハロン「33.8秒」の鬼脚を使ったが、わずかに届かなかった。

 スタートの3ハロンが「34.3秒」前半の1000m通過が「57.7秒」。桜花賞(G1)を不本意な形で落としたメジャーエンブレムの外連味のない逃げは、彼女本来のハイラップを刻み続けている。

 2番手を追走したシゲルノコギリザメは、完全に潰されて大差の最下位。好位から追走を試みた先行勢も軒並み大敗している以上、メジャーエンブレムにとってはこれがベストペースでも、他馬にとっては激流だったことが窺える。

 そんな流れの中、後方16番手からメンバー最速の上がり3ハロン「33.8秒」を繰り出したロードクエストは、ハイペースで前が止まる展開の恩恵を大きく受けた一頭であることは間違いない。

 ただ、それでも単に展開に恵まれただけでメジャーエンブレムに迫ることはできない。それは同じく後方から競馬をして、展開の恩恵を受けながらも敗れたトウショウドラフタやハクサンルドルフ以下の馬たちが証明している。

 つまり、少なくとも言えることは、ロードクエストはNHKマイルCのメンバーの中では明らかに力上位の存在だったということだ。

 ただ、それが明らかに格上となる日本ダービーの出走メンバーを相手にして通じるのかは、また別の話だ。

 その上で、8着に敗れた皐月賞とは異なり、今回は東京競馬場で戦えることは紛れもない追い風だろう。

 ロードクエストは衝撃的な内容だった新潟2歳S(G3)の勝ちっぷりを含め、左回りの競馬には大きな自信を持っており、現在のところ左回りでこそ真価を発揮する馬である可能性が高いからだ。

 だが、まずその前に、それが単に左回りであればよいのか、それとも「左回りのマイル戦」でなければならないのかが、日本ダービーでの好走に大きく関わってくることは述べるまでもない。その答えを、まずは血統面から考察したい。

【徹底考察】日本ダービー(G1) ロードクエスト「狙うはNHKマイルCの『再現』。800mの距離延長に対する『可能性』に迫る」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”