GJ > 競馬ニュース > 【京王杯2歳S(G2)展望】
NEW

【京王杯2歳S(G2)展望】タワーオブロンドンVS武豊アサクサゲンキ! 大器たちが重賞タイトル取りに挑む!

【この記事のキーワード】, ,
【京王杯2歳S(G2)展望】タワーオブロンドンVS武豊アサクサゲンキ! 大器たちが重賞タイトル取りに挑む!の画像1

 3日間開催の中日となる4日(土)の東京競馬場で、メインレースとして開催される京王杯2歳S(G2)。昨年のこのレースで2着となったレーヌミノルが続く阪神JF(G1)で3着、今年の桜花賞(G1)を制したように、今後を占う上でも大切なレースとなりそうだ。

 活躍が期待されているのがタワーオブロンドン(牡2、美浦・藤沢厩舎)である。初めての重賞挑戦となるが、ここまで3戦して2勝、2着1回とパーフェクト連対を続ける高い素質が評価されている。新馬戦は積極的に動いてハナを奪うと、先頭を譲ることなくレースを進め、最後の直線では後続を突き放す余裕たっぷりの勝利。2戦目のクローバー賞(OP)も一旦は先頭に躍り出て勝利を掴んだかに見えたが、驚異的な勝負根性で盛り返した伏兵のダブルシャープに一歩及ばなかった。それでも外々を回らされたこの馬のほうが「負けて強し」と言える内容で評価は据え置き。前走のききょうS(OP)では、圧倒的な1番人気となりレースに挑み危なげないレース運びで完勝。初めての関西圏への輸送も特に大きな影響がなかったのも陣営にとっても大きかったはずだ。今回は初めての左回りでのレースと新たな課題もあるが、勝利という最高の結果を残すことができるかに注目である。

 そんなタワーオブロンドンにとっての強敵となるのはすでに重賞タイトルを手にしている2頭だろう。

 世代最初の重賞ウィナーとなったカシアス(牡2、栗東・清水厩舎)だが、休み明けとなるここでも存在感を見せることはできるだろうか。新馬戦は6番人気ながらもアタマ差の2着と好走を見せると、2戦目の未勝利戦で順当に勝利。初めての2歳重賞として行われた7月の函館2歳S(G3)は、1番人気の期待に応えて見事タイトルを手中に収めた。初めての長距離輸送となり当日の体調面など気になる点もあるが、血統的には父のキンシャサノキセキ産駒が3年連続で連対している相性のいいレース。世代最初の重賞ウィナーとして、プライドを賭けて重賞2勝目を虎視眈々と狙う。

 アサクサゲンキ(牡2、栗東・音無厩舎)もチャンスは十分。勝ち上がるまでに3戦は要したものの、連勝での重賞勝ちは能力的に高いものがある証拠だろう。小倉2歳S(G3)では前評判の高かったモズスーパーフレアを直線であっさりと交わすと、後続の追い上げもしのいで快勝した。今回は1ハロンの距離延長となるが、姉のラピットランがローズS(G2)、秋華賞(G1)で好走しているので距離への対応は可能なはず。ダートでも力を発揮しそうなパワーを秘めていそうなだけに、直線に坂のある東京競馬場でどのような走りを見せてくれるか楽しみだ。

【京王杯2歳S(G2)展望】タワーオブロンドンVS武豊アサクサゲンキ! 大器たちが重賞タイトル取りに挑む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル