GJ > 競馬ニュース > Dr.コパ「リッキーの真実」  > 2ページ目
NEW

JRA歴代G1最多コパノリッキーの「真実」。Dr.コパが語った武豊騎手引退式「爆弾発言」と田辺騎手「作戦会議in銀座」

【この記事のキーワード】, ,

Dr.コパ:あの時は美味しかったなあ。まだ現役だった(横浜DeNA)ベイスターズの三浦大輔といてね。俺がたんまり札束持ってたら「コパさん、G1勝ってあんなに賞金もらったのに、まだこんなに!」って……まあ、そんなこともあるよね。なきゃ、面白くないよ(笑)。

――この勝利を皮切りに、コパノリッキーは歴代最多のG1・11勝を上げる活躍。主戦騎手は誰だったのか?

Dr.コパ:世間の皆さんは「武さん(武豊騎手)の馬」と言ってるかもしれないけど、G1・11勝の内、田辺が6勝で武さんが5勝だから、田辺の馬なんじゃないの(笑)?

あとで武さんにスイッチしたのは、リッキーの引退式の時に本人も「自分が一番つらい時期に支えてくれた」って言ってくれてたけど、やっぱりその気持ちがあってね。日本の競馬って、武豊じゃないと引っ張れないところがあるんだよ。

それで2人で飲んだ時に「武さん、リッキーに乗ってくれない?」って俺が頼んだら、「田辺がいるじゃないですか」「田辺の方には俺から話しとくから」って。その後、田辺の方にも「田辺、悪い。ユタカを勝たせたいんだ。俺達個人オーナーは武豊でG1獲るのが夢なんだよ」って言ったら、田辺も「はい」って言ってくれてさ……。

いいやつだよね。田辺とは今でも仲良いけど、G1初制覇(コパノリッキーのフェブラリーSが田辺騎手のG1初制覇だった)も「コパさんのおかげ」って、いつも言ってくれるしね。

JRA歴代G1最多コパノリッキーの「真実」。Dr.コパが語った武豊騎手引退式「爆弾発言」と田辺騎手「作戦会議in銀座」の画像3明るく、そして豪快にコパノリッキーとの思い出を語る

――その後、武豊騎手とのコンビでもG1勝利を積み上げ通算8勝。いよいよホッコータルマエが当時持っていた最多勝記録(10勝)も見えてきた。ただ、そこからが長かった。

Dr.コパ:リッキーをあそこまで頑張らせたのは、やっぱりタルマエがいたからなんだ。4歳の東京大賞典で4馬身差ちぎられて負けたのよ。その時に「明、これは体重を増やさないと(逆転は)無理だぞ」って話したんだ。

当時のリッキーは、スピードはあるけど馬力がない。それじゃタルマエに勝てないっていう話になって、そこから体重を増やすようにした。でも結局、それが2回目の骨折であったり、スランプの原因にもなった……。

でも、それはしょうがないんだよ。無理させて負荷を掛けていかないと。その時は人気になって負けたり申し訳ないこともあったけど、ホッコータルマエに勝ってG1最多勝記録を更新(11勝)するには、そうするしかなかった。もう一段、馬を変える必要があったんだ。

JRA歴代G1最多コパノリッキーの「真実」。Dr.コパが語った武豊騎手引退式「爆弾発言」と田辺騎手「作戦会議in銀座」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?