GJ > 競馬ニュース > Dr.コパ「リッキーの真実」  > 3ページ目
NEW

JRA歴代G1最多コパノリッキーの「真実」。Dr.コパが語った武豊騎手引退式「爆弾発言」と田辺騎手「作戦会議in銀座」

【この記事のキーワード】, ,

――実際に、ラストシーズンだった昨年のコパノリッキーが「最も強かった」という声も大きい。

Dr.コパ:村山明とDr.コパっていうコンビは、馬に関して相性抜群なんだ。2人とも、とにかく真剣で考えに考えて、厩務員とか育成場も巻き込んで……そういう環境って、馬を強く育てるんだよね。去年のフェブラリーSは負けたんだけど、(約半年ぶりに騎乗した)武さんも馬が以前とは違ってるからびっくりしてたよ。スピードだけじゃなくて、重厚感があるなって。

――次のかしわ記念(G1)では、武豊騎手が差す競馬で勝利。

JRA歴代G1最多コパノリッキーの「真実」。Dr.コパが語った武豊騎手引退式「爆弾発言」と田辺騎手「作戦会議in銀座」の画像4

Dr.コパ:フェブラリーSの時は噛み合わなかったけど、リッキーのことをちゃんと掴んでくれたみたい。「これなら、どこから加速してもスピードに乗れる」っていうことがわかっていたから、いつもと違う(逃げではない)競馬になっても慌ててなかったね。

――その後、南部杯(G1)も好位からの競馬でG1・10勝目。続くJBCでは、3年連続出走したクラシックではなく、初めてスプリントの方に出走した。

Dr.コパ:俺の方から皆を集めて「JBCなんだけど、スプリントの方に行きたい」ってお願いしたんだ。皆、当然クラシックの方だと思っていたらしくて「えー!」って(笑)。

G1最多勝も懸かってたから「そんな弱気でいいんですか」って。やっぱり俺が(JBCクラシックから)逃げたと思ってるんだよね。それで、まずは説得ですよ。「俺は(3年連続で惨敗している)チャンピオンズC(G1)を勝ちたい。そのためにはもう一度、逃げるスピードを取り戻す必要がある。だから一度、(スタートからダッシュを強いられる)短い距離を使っておきたいんだ」って言ったんだ。

これにはヤナガワ牧場のオヤジ(梁川正克さん)からも連絡が来てね。もう種牡馬入りも決めていたし、シンジケートも組まれていたから。「やめてください。何かあったらどうするんですか」ってね。もうG1・10勝で最多記録に並んでいたし「日本一なんだから、もういいじゃないですか」ってね(笑)。

――JBCスプリントでは、船橋の森泰斗騎手を抜擢した。

Dr.コパ:本当は6月の帝王賞(G1)で乗せる予定だった。けど、リッキーが軽いケガ(右ひざの関節炎)で回避しちゃったんだよね。森泰斗の方も落馬の影響でケガをしてて……。

でも俺は一度、リッキーに森を乗せたかったんだ。彼は(所有馬の)ラブミーチャンにも一度乗ってるんだよ(習志野きらっとスプリント1着)。俺は森の事をすごく買っていて、一流馬の”背中”を教えてあげたいと思っていたんだ。

それで森に「お前、乗ってみるか?」って聞いたら「いいんですか?」って。「その代わり、たぶん(スタートから)遅れるだろうから、批判の的になるかもしれないよ。1200m走ったことないし。ただ、責任は全部俺が取るから。だから負けても『オーナーの言う通りにしました』って言えばいいよ(笑)」ってね。頑張ったんだけど、アタマ差で負けて……一度先頭に立ったし、いろいろ思うところもあって悔しかったなあ。

それで、森はわざわざ次の週に競馬場まで謝りに来てくれてね。謝んなきゃなんないのは俺の方なのに……森もそうだけど、俺は騎手と結構ざっくばらんに話すし、オーナーが責任取ればいいと思ってるから。思い切って乗ってほしいし、森が謝りに来る必要はないんだよね。

JRA歴代G1最多コパノリッキーの「真実」。Dr.コパが語った武豊騎手引退式「爆弾発言」と田辺騎手「作戦会議in銀座」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内