GJ > 競馬ニュース > 土屋太鳳カンタービレ
NEW

オークス(G1)土屋太鳳「愛馬」カンタービレが「神の選択」を打ち破る!?「最強の相馬眼」M.デムーロ騎手に”見捨てられた馬”が大波乱の主役に?

【この記事のキーワード】, ,
オークス(G1)土屋太鳳「愛馬」カンタービレが「神の選択」を打ち破る!?「最強の相馬眼」M.デムーロ騎手に見捨てられた馬が大波乱の主役に?の画像1

 昨秋は、まさに「デムーロの秋」だった。

 5月のオークス(G1)から11月のジャパンC(G1)までG1レースを10戦連続3着以内。さらに同レースまで日曜日の重賞で9週連続3着以内と「完全に神懸っていた」と述べても、何ら過言はない活躍ぶりだった。

 その快進撃を支えたのが、デムーロ騎手の驚異的な「相馬眼」である。

 9月のスプリンターズS(G1)では前哨戦のセントウルS(G2)の勝ち馬で、後に今年の高松宮記念(G1)勝つことになるファインニードルではなく、レッドファルクスを選択して見事に優勝。10月の天皇賞・秋(G1)でも前哨戦の毎日王冠(G2)を勝ったリアルスティールではなく、サトノクラウンに騎乗してキタサンブラックと大接戦を演じている。

 さらに11月のエリザベス女王杯(G1)でも前年の覇者クイーンズリングではなく、G1未勝利馬のモズカッチャンに騎乗して優勝。続くマイルCS(G1)で今度はレッドファルクスではなく、同じくG1未勝利馬のペルシアンナイトを選択して2週連続G1制覇を飾った。

 昨秋、デムーロ騎手に選ばれた馬は「勝ち負け」だった一方、逆に選ばれなかった馬はいずれも「馬券圏外に消える」という結果。このイタリア人騎手が何故ここまで大レースで強いのか、その一端を示す結果となった。

 そういった意味で、20日に行われる今年のオークス(G1)においてデムーロ騎手に「選ばれなかった」カンタービレ(牝3歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、厳しい立場と述べざるを得ないのかもしれないが……実際のところはどうなのだろうか。

オークス(G1)土屋太鳳「愛馬」カンタービレが「神の選択」を打ち破る!?「最強の相馬眼」M.デムーロ騎手に”見捨てられた馬”が大波乱の主役に?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か